Flexcast(Flexible Stream Mutlicast)


NTTが開発した、オペレーターが介入しなくても、送受信者の増減・移動やネットワークの変化にも追随し、構築した配信経路を自動的に最適化して、ユーザーの視聴要求に応じて、ネットワークが自律的に最適な配信経路を構築する自律型広域多地点配信技術の名称。NTTは2002年10月28日と29日に、と、シカゴ-ロサンゼルス間約3,000kmを接続したInternet2環境と、NTTが保有する日米間接続用実験ネットワークGEMnetで接続された横須賀のNTT未来ねっと研究所を利用して実施した容量コンテンツ配信技術、トラフィックの優先順位を制御し公平性を保つ「MXQ(MaXimal Queuing)」技術、マルチキャストを容易に実現する「Flexcast(Flexible Stream Multicast)」技術の3点について、長距離伝送時の技術検証実験実験で、平均ビットレート300Mbps、解像度3840×2048、各色10bit、毎秒24フレームという高精細な動画コンテンツの配信をする「超高精細ディジタルシネマ」実験を行って成功したと2002年11月13日に発表した。詳細情報はURL(http://www.ntt.co.jp/news/news02/0211/021113.html)で知ることができる。