FlyNet

Lufthansa FlyNet

フライネット

米国のボーイング(Boeing)社とドイツのルフトハンザ航空(Lufthansa)社が2002年11月5日に、ボーイング社が開発したコネクション・バイ・ボーイング・システム(Connexion by Boeing System)を採用して、世界で始めてフランクフルトからワシントンへ時速910km/hで飛行中のルフトハンザ機Lufthansa 747-400フライトLH 418が大西洋上35,000フィート(10,668m)のグリーンランド上空から地上へのメールで「Sachsen-Anhalt,(手荷物)」と送信して、受信に成功したと発表した。その結果からルフトハンザ航空社が2003年1月15日からサービスを開始すると発表した航空機内インターネット接続サービスの名称。詳細情報はURL(http://www.boeing.com/news/releases/2002/q4/nr_021105j.html)または、URL(http://www.boeing.com/commercial/747family/flash.html)または、URL(http://www.fujitsu-siemens.com/rl/products/professionalnotebooks.html)で知ることができる。2003年1月15日から米国のWashington DCとドイツのFrankfurtを結ぶドイツのルフトハンザ(Lufthansa)のBoeing 747で、飛行時間中に限りUS$32でインターネット接続ができるサービスを開始すると2002年12月3日に発表した。機内で貸し出される機種はFujitsu Siemens Computer社製の13.3インチ TFT-XGAモニタを搭載した「50 LIFEBOOK S6010」ということである。ただし、この機種に限定されると、英語かドイツ語しか入力できない可能性は高い。詳細情報はURL(http://konzern.lufthansa.com/en/html/presse/pressemeldungen/index.html?c=http://konzern.lufthansa.com/dlh/newstool/nachrichten/app/show/en/2002/12/198/HOM&s=0%0a%0a%20%20)で知ることができる。さらに2003年2月にはイギリスの英国航空(British Airways)もLondonとNew York間を飛行するBoeing 747で、インターネット接続ができるサービスを開始する。詳細情報はBritish Airwaysの「Surfin' at 35,000ft(35,000フィートでのサーフィン)」のURL(http://www.britishairways.com/cgi-bin/press/view_article_month.pl?year=2002&month=06&day=13&index=0&reference=067/SJ/02&title=Surfin'%20at%2035,000ft&mail=contact&image=none&position=none&caption=&month_n=june)で知ることができる。Lufthansaは2003年1月15日に、Vodafone Group PLCと共同で、フランクフルト発ワシントン行きLH 418便から、3ヶ月間のトライアルとしてダウンロードは3Mbps、アップロードは128Kbpsの無線ブロードバンドでのインターネット接続サービス「FlyNet」を提供を開始し、2003年4月15日からは全乗客に無料でサービスを提供する、2004年からはアップロードを750KbpsにしてUS$32 〜US$37の有料サービスにすると発表した。このサービス提供のハードウェアとソフトウェア関連にはビー・アー・エス・エフ(BASF AG)社、シーメンス(Siemens AG)社、ソフトウェア(Software AG)社が協力し、通信環境にはCisco Systems社も802.11bのプロバイダー技術として、Five Cisco Aironet 350シリーズとCisco 3640ルーター、9 Cisco Catalyst 3548 XLシリーズが採用されている。詳細情報はURL(http://computerworld.com/mobiletopics/mobile/story/0,10801,77600,00.html)または、URL(http://www.newsalert.com/bin/story?StoryId=CpItQ0bWbtefxmdu0&FQ=Lufthansa&Nav=na-search-&StoryTitle=Lufthansa)で知ることができる。CNET News.comのレポーターが2003年4月25日に、Luftansaは2004年からブロードバンドを航空機内インターネット接続に導入すると報道した。詳細情報はURL(http://news.com.com/2100-1039-998282.html?tag=fd_top)で知ることができる。Cellular-Newsは2003年4月29日に、Scandinavian AirlinesがSony Ericsson P800に限り、航空機内から携帯電話を利用できるサービスを開始したと報告した。また、Scandinavian Airlines は2004年から航空機内でインターネットを利用できるようにする。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/8776.shtml)で知ることができる。ボーイング(Boeing)社のワイヤレス関連事業子会社Connexion by Boeing社は2003年9月12日に、すでにLufthansa社とBritish Airways社が試運転を開始し、2004年から本格的に開始する機上ブロードバンド・サービス「Connexion by Boeing」の大西洋路線用インフラとして、INTELSATの衛星サービスを利用する契約を締結したと発表した。詳細情報はURL(http://www.boeing.com/news/releases/2003/q3/nr_030912j.html)または、URL(http://www.connexionbyboeing.com/)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年2月14日に、コンピュータを活用した入国検査レポート「Aviation Security: Computer-Assisted Passenger Prescreening System Faces Significant Implementation Challenges. GAO-04-385」とCathleen A. Berrickによる空港での手荷物スキャン実験報告書「Airport Security: Challenges to Airport Passenger and Baggage Screening, by Cathleen A. Berrick, director, homeland security and justice, before the Subcommittee on Aviation, House Committee on Transportation and Infrastructure. GAO-04-440T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-385)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-440T)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年7月17日に、コンピュータを活用した入国検査に関するNorman J. Rabkinの実証実験レポート「Aviation Security: Challenges Delay Implementation of Computer-Assisted Passenger Pre-Screening System, by Norman J. Rabkin, managing director, homeland security and justice, before the Subcommittee on Aviation, House Committee on Transportation and Infrastructure. GAO-04-504T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-504T)で知ることができる。ルフトハンザ航空(Lufthansa)社はフランクフルト―ロサンゼルス線では世界で初めて2004年5月17日に、約80のB747-400、エアバスA340とA330の長距離機で2004年第2四半期に機内ブロードバンドを30分US$9.95で利用できる「FlyNet」のサービスとして開始すると発表した。詳細情報はURL(http://cms.lufthansa.com/fly/jp/ja/gnf/0,4976,0-0-1181025,00.html)または、URL(http://cms.lufthansa.com/fly/jp/ja/homepage/#)または、URL(http://cms.lufthansa.com/fly/de/en/inf/0,4976,0-0-1144212,00.html)で知ることができる。イギリスのthe Registerは2004年8月23日に、ボーイング(Boeing)社とiPass社が提携し、飛行機内でWi-Fiが利用できるサービス「Connexion in-flight Wi-Fi」を計画していると報告した。詳細情報はURL(http://www.theregister.co.uk/2004/08/23/ipass_connexion/)で知ることができる。FCCは2004年12月15日に、民間航空機の無線ブロードバンド帯域として、800MHz帯域の中の4MHzを許可する方針を発表した。これは、大きな経済効果と市場性を確保できる可能性を含んでいると、Commissioner Coppsが報告している。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-255345A1.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-255246A3.pdf)で知ることができる。またFCCは、FAA(Federal Aviation Administration/連邦航空局)が禁止している航空機内での携帯電話や電子機器の利用を可能にする目的で、とくに800MHzの使用が問題なのか?それともPCSバンドのような他の無線帯域も問題があるかなど、パブリック・コメントを募集するなど、あらゆる方法を模索していることを報告した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-255246A1.pdf)で知ることができる。米国のMAP(Media Access Project)は2006年1月30日に「MAP Files Comments in Massport/Continental Airlines OTARD Proceeding」を公開し、「ラストワンマイル」の権利を空港が取得するのか、それとも航空会社が管理するのかという巨大空港とコンチネンタル航空(Continental Airlines)の攻防がつばぜり合いを開始したと報告した。航空機内でインターネット接続ができるようになり、空港に降り立ったとき、設定を変えるなどという面倒なことがないようにシームレスな環境を提供してくれるなら、ユーザーとしてはどこが管理しても問題はないといえる。詳細情報はURL(http://www.mediaaccess.org/)で知ることができる。ボーイング(Boeing)社は2006年8月17日に、機内インターネット接続市場にはLiveTV LLC社とAirCell社が参入し、本格化しそうであるにもかかわらず、燃料価格の高騰、航空機テロ未遂など、航空業界の不景気で、高価なチップを提供するよりむしろ価格を低く抑える傾向が強くなり、6年後に機内インターネット接続サービスから撤退すると発表した。詳細情報はURL(http://www.boeing.com/news/releases/2006/q3/060817a_nr.html)で知ることができる。多くの理由が存在するが、この時期に発表から予測すると、一番の理由はやはり2006年8月10日に、ロンドン警視庁は情報機関M15と協力し、ロンドン市内をはじめ、郊外のHigh Wycombe、イギリス第2の都市バーミンガムなどで大規模な家宅捜索を行い、イギリス発米国行きの9機の航空機を3機ずつ1時間ごとに同時爆破させるテロを計画したとされる少なくとも容疑者21人を反テロ法違反の疑いで逮捕といえる。しかし、the daily Jouenalが2006年8月15日に、航空選別に関する日曜日に発表された国土安全保障省(Homeland Security Department)のレポートによると、エアライン乗客の靴を写したX線機器は爆薬を検出することができ無かったと報告し、Guardianは2006年8月16日に、先週のテロ陰謀の後の数時間BBCやGuardianのコメント・フリーサイトは、1時間に数1,000件のアクセスがあり、約50人が米国とイギリスの間を飛ぶ飛行機約20機を乗っ取るという想像を絶する殺人計画の噂は懐疑論まで飛びだし、イギリス中がホラーかパニック状態であったと報告した。さらに1週間後に行われた国土安全省(home secretary)のジョン・リード(John Reid)とロンドン警視庁(Scotland Yard)の説明は、その懐疑主義をさらに拍車をかけ、信念を劇的に声に出し、早く激しやすいイギリス人の感情は爆発状態であると報告している。確かに、実際には何も起こっていないのであり、さらに証拠も発見されていない。ただ、国土安全省(home secretary)のジョン・リード(John Reid)とロンドン警視庁(Scotland Yard)の説明が真実であるという言葉だけが一人歩きし、人々は確実に疑い深いことだけがどんどん拡大する結果になった。マスコミは真実のように報道しているが、本当は、演習?噂の先取り?イラクでは、噂が先行し、米国は攻撃を仕掛けたが、大量破壊兵器は見つからなかった!詳細情報はURL(http://hosted.ap.org/dynamic/stories/T/TERROR_PLOT_SECURITY?SITE=NJVIN&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT)または、URL(http://www.tsa.gov/travelers/airtravel/assistant/shoe_screening_reasons.shtm)または、URL(http://www.guardian.co.uk/terrorism/story/0,,1851078,00.html)で知ることができる。Washington Examinerは2006年8月17日に、交通保安部(Transportation Security Administration)のスポークスウーマンはウェストヴァージニアの空港ターミナルで2006年8月17日に女性の機内持ち込み手荷物の2瓶の液体が2回の爆薬反応検査で陽性を示したことから、空港を閉鎖し、乗務員、乗客全員を避難させた。が---州警察特別部隊(the State Police Special Operations)のジャック・チェンバース(Jack Chambers)は化学テストでボトルの中から爆薬を全く発見できなかったことから、10時間後に空港を再開したと報告した。10時間も空港を閉鎖し、何も発見できないような「爆薬反応検査」とはどんなテストだったのか?どこから、だれが、どんな非常識な方法で米国を攻撃してくるか判らなくなって、米国中がパニックのようで、米国はこれからどう対処しようというのか判らなくなっていることが一番の要因で、米国政府からの圧力も合ったことが予測される。詳細情報はURL(http://www.examiner.com/a-227307~Suspicious_Liquid_Found_at_W_Va__Airport.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年4月27日に、入国審査と税関に関する情報技術レポート「Information Technology: Immigration and Customs Enforcement Needs to Fully Address Significant Infrastructure Modernization Program Management Weaknesses. GAO-07-565」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-565)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2008年9月10日に、入国審査と税関査定に関する報告書「Assessment of the Explanation That Immigration and Customs Enforcement Provided for Its Subsequent Transfer from the Spectrum Relocation Fund. GAO-08-846R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-846R)で知ることができる。