FSW(Friction Stir Welding)

摩擦攪拌接合

接合する2つの接合材料の接合面にボールペンほどの金属棒を回転させながら挿入し、これを回転移動させて、接合材に摩擦熱を発生し、金属棒の回転作用で2つの接合材を繰り返し攪拌・混合して接合する技術の名称。FSWは、アーク溶接やレーザー溶接とは異なり、材料を高温で溶かす必要がなく、接合後の変形もアーク溶接の1/10以下と極めて小さく、かつ接合欠陥が極めて小さいため、製品の低コスト化と高品質化を実現できる。また、アーク、ヒューム(金属およびその化合物の蒸気)、粉塵などの発生もなく、地球環境にも優しい接合法で、日立製作所社では、世界で初めて摩擦攪拌接合技術を使用したアルミニウム製鉄道車両の製造を1997年から始めている。さらに2002年10月4日には日立製作所日立研究所が、これまで接合が困難とされてきた、性質の大きく異なる異種金属材料の接合を、FSWを利用して簡易に接合できる技術を開発し、アルミニウムと銅、またはアルミニウムと鉄といった性質の大きく異なる金属を接合した場合でも、アルミニウム同士を接合した場合の強度に近い接合強度であることを確認していると発表した。。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/New/cnews-m/2002/1004/index.html)で知ることができる。