FTCが発表したインターネット広告ガイドライン


米国のFTC(the Federal Trade Commission/米国連邦通商委員会)はインターネット広告に関するオフィシャル・ガイドライン(official guidelines for Internet advertising)を2000年5月3日に事例と共に発表した。今後、重要なテーマになることから、ここにリリースの全文を掲載する。また、URL(http://www.ftc.gov/bcp/conline/pubs/buspubs/dotcom/index.html)ではガイドラインの全文が掲載され、URL(http://www.ftc.gov/bcp/conline/pubs/buspubs/dotcom/index.pdf)ではPDFがダウンロードできる。CMRが2002年11月18日に、米国の広告マーケット状況として2001年の1〜9月と2002年 の1〜9月に比較情報を公開した。詳細情報はURL(http://www.cmr.com/news/2002/111802.html)で知ることができる。Ageは2005年11月14日に、世界の広告市場トップ100「AD AGE GLOBAL MARKETING REPORT 2005---Top 100 Marketers Spend $94 Billion」を公開した。詳細情報はURL(http/:/www.adage.com/news.cms?newsId=46667)または、URL(http://www.adage.com/images/random/globalmarketing2005.pdf)で知ることができる。社団法人日本広告主協会Web広告研究会は2005年11月28日に、ネット・プロモーション委員会ブランド・プロモーション研究ワーキンググループが実施した「ブログ書き込み調査」と「消費者メディア調査」の研究結果を公表した。 詳細情報はURL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112801.pdf)または、URL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112802.pdf)で知ることができる。米国の広告協会AAF(the American Advertising Federation)は2007年2月6日に新しい調査報告書「The AAF Media Investment Survey 2007」を公開し、米国企業の約90%は、テレビゲームや仮想共同体のようなニューメディアに広告を出すために、マーケティング予算の一部を使用し始めていると報告した。AAFは多くのメディア選択が利用可能になったことから、多くの企業はテレビからシフトし、新聞はひどく減退している流通が欠点になり、雑誌、および特に新聞が急下降していると報告している。応答者の12%以上は、予算の最大40%を実験とニューメディアに費やすと言い、応答者の約半分が最も革新を必要とするメディア・カテゴリとして新聞をんだ。そして、出版社は、ブログとビデオなど、より多くのコンテンツでオンラインの存在を強化したと報告している。詳細情報はURL(http://www.aaf.org/news/press20070206_01.html)で知ることができる。
Washington Postは2008年9月4日に、プライバシー問題が指摘されていたNebuAdの消費者をオンラインで追跡する広告技術として、ウェブクリック(Web click)を配布する計画を保留にしたと報告した。
シリコンバレー会社は、チーフエグゼクティブのボブ・ダイクス(Bob Dykes)が辞職したことも同時に報告した。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/09/03/AR2008090303566.html
多くのインターネット会社が 、Webユーザーを追跡し、広告を狙うことに興味を示し、同時に深いパケット点検として知られているNebuAdは、論議を呼んだ追跡テクニックの試験を中断するか、または取り消した。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/09/03/AR2008090303566.html
スポークスウーマンのジャネット・マクグロー(Janet McGraw)は、NebuAdが「プライバシーがオンライン行動の広告に関連している問題と方針で扱うのに、議会が追加時間を費やすことができるように、トライアル展開を保留にした」と言った。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/09/03/AR2008090303566.html)で知ることができる。
最も先を突っ走っていたNebuAdの決定は、今後すでに参入を計画していたインターネット企業に大きく影響しそうである。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10917)で知ることができる。

For Release: May 3, 2000

FTC Staff Issues Guidelines on Internet Advertising

Paper Explores How Existing Consumer Protection Laws Apply To Online Advertising

The Federal Trade Commission today issued a staff working paper examining how its own consumer protection rules and guides -- many of which were developed long before ''dot com'' became a household phrase -- apply to advertising and sales on the Internet. The paper, Dot Com Disclosures: Information about Online Advertising, provides guidance to businesses about how FTC law applies to online activities with a particular focus on the clarity and conspicuousness of disclosures in Internet ads. The paper also discusses how Commission rules and guides that use certain words -- ''written,'' ''writing,'' ''printed'' and ''direct mail'' -- apply to new technologies.

''Dot commerce is the new Main Street,'' said Jodie Bernstein, Director of the FTC's Bureau of Consumer Protection. ''This guidance represents the cooperative efforts of government, communications experts in industry and consumer groups to achieve fair and informative online advertising for consumers.''

The working paper advises online advertisers that the same consumer protection laws that apply to commercial activities in other media apply online and that any disclosures required to prevent an ad from being misleading must be clear and conspicuous. The paper focuses on how required disclosures may be presented clearly and conspicuously in online ads and provides key considerations for evaluating their effectiveness.

The paper discusses, in the context of online ads, the traditional factors used to evaluate whether disclosures are likely to be clear and conspicuous, including: the placement of the disclosure in an ad and its proximity to the relevant claim; the prominence of the disclosure; whether items in other parts of the ad distract attention from the disclosure; whether the ad is so lengthy that the disclosure needs to be repeated; whether disclosures in audio messages are presented in an adequate volume and cadence and visual disclosures appear for a sufficient duration; and, whether the language of the disclosure is understandable to the intended audience.

The appendix of the working paper contains mock advertisements that illustrate one or more of these particular factors. The paper notes that actual disclosures must be evaluated in the context of an advertisement as a whole.

Further, the working paper addresses specific issues in applying certain Commission rules and guides to Internet activities and the use of new technologies to comply with those rules and guides. For example, some rules and guides use certain terms -- such as ''written,'' ''writing'' and ''printed'' -- that connote words or information on paper. Consumers expect to receive the same information and protections whether they are looking at a paper catalog or an online one. The paper explains that those rules and guides that apply to written ads or printed materials also apply to visual text displayed on the Internet. In addition, the paper discusses the circumstances in which businesses may use email to comply with a rule or guide requirement to provide or send required notices or documents to consumers.

The publication of this paper follows a public comment period and public workshop which was held to discuss the applicability of Commission rules and guides to Internet advertising. The paper does not set forth new rules for online advertising, but instead describes how existing consumer protection laws apply to the unique features of the medium.

The Commission vote approving the issuance of the staff working paper was 5-0.

------------------------------------------------------------------------

Copies of the staff working paper, ''Dot Com Disclosures: Information about Online Advertising,'' are available from the FTC's web site at URL(http://www.ftc.gov/bcp/conline/pubs/buspubs/dotcom/index.html)または、PDFのURL(http://www.ftc.gov/bcp/conline/pubs/buspubs/dotcom/index.pdf) and also from the FTC's Consumer Response Center, Room 130, 600 Pennsylvania Avenue, N.W., Washington, D.C. 20580; toll-free: 877-FTC-HELP (877-382-4357); TDD for the hearing impaired 202-326-2502. To find out the latest news as it is announced, call the FTC NewsPhone recording at 202-326-2710.

MEDIA CONTACT:
Howard Shapiro,
Office of Public Affairs
202-326-2176

STAFF CONTACT:
Elaine D. Kolish or Laura J. DeMartino
Bureau of Consumer Protection
202-326-3042 or 202-326-3030

(FTC Matter No. P974102) (dotcomworking)


FTCのDoT CoM Disclouresの表紙
official guidelines for Internet advertisingの表紙
1999年〜2005年のインターネット広告予測
米国の1999年〜2004年のインターネット広告予測
バナー広告のクリック率の歴史
2000年の代理店別インターネット広告売り上げ予測
Communications Industry Forecastのオンライン広告1999〜2004年予測
意外と多いインターネットを利用しない米国人
インターネット広告のカテゴリーとタイプ、歴史
米国のインターネット広告掲載タイプ要求と提供タイプの比較
2000年3月〜6月末までのオンライン広告状況
2000年6月〜9月末までのオンライン広告状況
米国のパソコンユーザーとインターネット環境確保の比率
電子メール広告とHTML電子メール
ヨーロッパの2005年オンライン広告予測
2000年の月別オンライン広告分析とその動向
ストリーミング・メディアと広告代理店
Double Clickが報告したeAdsの動向
LemobdAdが公開したイギリスのeAdsの動向
2000〜2006年の米国オンライン広告予測
ヨーロッパにおける2001年前半年のeAD状況
米国の広告の歴史年表
CMRが公開した2001年と2002年の1〜9月米国の広告マーケット状況
Global Insight社の2002年から2006年までの米広告市場予測概要
テレビや印刷物で提供された米国政府広告の2001年報告書
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
Ad Ageが2005年11月14日に公開した、世界の広告市場トップ100
日本広告主協会Web広告研究会が2005年11月28日に公開した「ブログ書き込み調査」結果
日本広告主協会Web広告研究会が2005年11月28日に公開した「消費者メディア調査」結果
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言
The AAF Media Investment Survey 2007