Groove


Groove Networks社が2000年10月24日から提供している、ピア・コンピューティング・アーキテクチャをベースに、 インターネットでもイントラネットでも、セントラル・サーバーを介さないで、クライアント間のコミュニケーションを実現するP2Pの新しいビジネス・モデルです。

>> さらに詳細な情報はこちら


DMAT(Digital Music Access Technology)のトレードマーク
2000年9月28にSDMIが公開したオープン・レター
米国の音楽ダウンロードから見た2000年7/8月と2001年2月のインターネット比較
RIAAとMPAAが2001年10月2日に提出した告訴状
MPAAの告訴人リスト
RIAAの告訴人リスト
Jupiter Medix Metrix社が2001年10月10日に公開したP2Pの実態
Cyber-Rights & Cyber-Libertiesの1997-2002ステートメント
IFPIの「Music Piracy Report 2002(音楽海賊版レポート2002)」
ipsos-reid.comが2002年6月12日に公開した音楽データ・ダウンロード調査報告
音楽データ・ダウンロード調査資料-1
音楽データ・ダウンロード調査資料-2
ロサンゼルスで活用されているコミュニティの開発に関する免除事項
RIAAが2002年8月7日に発表したアナウンス
U.S. Copyright Law
Antioiratgruppenが2002年10月30日に発表したリリース
Unpacking ''Privacy'' for a Networked World
RIAAのa corporate policy guide to copyright use and security on the internet
Topology of a Gnutella
KaZaAが2003年5月26日に報告した、ダウンロード回数230,309,616
Nielsen//NetRatingsが2003年7月14日に公開した、P2P激減報道
Norm Coleman上院議員が2003年7月31日に発表したRIAA調査に関するリリース
The Pew Internet & American Life Projectが公開した米国での音楽ファイル・ダウンロード体験
The Pew Internet & American Life Projectの調査票
RIAA discloses methods used to track music downloaders
RIAAが2004年2月17日に公開したリリース
Illustrirte Zeitung1847年7月27日号に掲載されたパリの洗濯マシン
Illustrirte Zeitung1847年7月27日号に掲載されたパリの洗濯屋
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載されたウィーンの革命で殺害されたCrasen Ballet-Latour将軍
JASRACが2004年4月6日に公開した「JASRACの依頼と偽った架空請求について」
IFPIが2004年3月30日に公開したリリース
EDRiが2004年3月31日に公開したリリース
CCCのボイコット・リリース
音楽産業界の帝国は構築できるのかを考察したKoleman Strumpfの調査コラム
Parks Associatesが2005年2月24日に公開したコピー防止CDと一般CDの比較

Grid、P2P、分散コンピューティングに関するURL
Lotus Notes
P2P
Peer to Peer Computing
C2C
D2C(Direct-to-Consumer)
AppleSoup設立リリース
ピア・ツー・ピア
M2card
Napster
ピア・ツー・ピア型インターネット・データベース
MP3
SDMI
デファクト・スタンダード
Gnutella
MP3関連のURL
音楽関連情報のURL
ゲノム分析
Beam it
Webby Awards
ロックバンドOffspringのNapster's Aidインタビュー
RIAAとNMPAによるNapster差し止め仮処分請求
反トラスト法
反トラスト法問題に関するURL
MSの反トラスト法裁判の年表/〜1997年12月31日
MSの反トラスト法裁判の年表/〜1998年12月31日
MSの反トラスト法裁判の年表/〜1999年12月31日
MSの反トラスト法裁判の年表/〜2000年12月31日
DSS(Digital Speech Standard)
Napsterの訴訟事件適用書
Napsterは非合法なのか?
Publius
AAP
AppleSoup設立リリース
デジタル映像の著作権保護
CSS暫定機構
DivX
DRM
NapsterやGnutellaは「悪魔」で「救世主」?
ネットワーク環境を理解していない判決
ネットワーク環境を理解していない判決/2001年
ネットワーク環境を理解していない判決/2002年
ネットワーク環境を理解していない判決/2003年
ネットワーク環境を理解していない判決/2004年
ネットワーク環境を理解していない判決/2005年
ネットワーク環境を理解していない判決/2006年
ネットワーク環境を理解していない判決/2007年
Napsterに代わるサービス
Napsterが証明した音楽の未来
Herring on Hollywood
SpeechBalloon
Swapoo
MojoNation
サイファー・パンク
CSMセンター
Soundom
NMRCとJASRACの使用料規程規定の必要性
NMRCとJASRACの使用料規程
NMRCとJASRACの使用料合意リリース
デジタル・ロッカー
利己的な遺伝子
ミーム
Supreme/D.R.I.V.E.
VitalBook
SETI@home
OMG
サイバースペースの場所と空間
そこといえる場所が無いサイバースペース
SDMI Open Public Challenge
Scour.Net
PCIA(Personal Communications Industry Association)
Music Owners' Listening Rights Act of 2000
テロリスト・ハッカー
Napster革命と法律
Tropus
導電性ポリマー
インターネットはクラブではない
CuteMX
音楽配信元年
音楽配信
音楽配信-2001年
音楽配信-2002年
音楽配信-2003年
音楽配信-2004年前半
音楽配信-2004年後半
音楽配信-2005年
音楽配信-2006年
音楽配信-2007年
紙ジャケCD
Napster: a review
Friskit
Farsite
OceanStore
児童ポルノ処罰法案
Gnutella NG(Gnutella Next Generation)
ネットワーク環境を理解していない判決
分散システム/インターネット運用技術研究会
Napsterに代わるサービス
Juxtapose
Carracho
Gnuman
Media Tracker
Virtual Supercomputer
ラナム法
Duet
音楽配信に関するJerome H. MolのOpen Letter
Grid Engine Project
DSL(Design Science License)
MOCA(Music Online Competition Act)
cell computing
ゲノム分析/DNA/遺伝子/アトム関連のURL
Net Debut
音楽CDコピー防止技術
Grid
I-Grid
シンギュラー・ポイント
MacOS X
Creative Commons
.kids.us
SOBAプロジェクト
Multi-University Research Laboratory
IFPI
Digital Pearl Harbor
Hollywood Hacking Bill
GGF(Global Grid Forum)
FBIによるKGBハッキング・ハッカーズ
HLLW.Kazmor
Duload
OpenSSL
Peer-to-Peer Piracy Prevention Act
CTEA(Copyright Term Extension Act)
CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)
Folding@home
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
オープンソース方式の出版
著作権保護とプライバシー保護
自由利用マーク
EYEマーク
GRid(Global Released identifier)
ファイル・シェアリング
デジタル暗黒時代
The Honest Thief
デジタル・データ・ダウンロードの日
PeerGuardian
DRM
oligopolies
oligopolies
Net Music Download
xCP(extensible Content Protection)
Artists' Rights and Theft Prevention Act
DCIA(Distributed Computing Industry Association)
Creative Commons
PIRATE Act
RIAA
音楽界のジャーナリズムは死んだのか?
マルチメ ディア探索エンジン
意美音
遺伝子工学
Geographic Project
DHT(Distributed Hash Tables)
ビル・ゲイツが辞任を表明した2006年6月15日の電子メール
消費者を保護するために必要な「現代の著作権法」
Lマーク