HiFD

High capacity Floppy Disk


富士写真フィルムが1992年に開発したATOMM技術と、2HDのデュアル・ディスクリート・ギャップを利用し、ソニーが共同開発したと1997年10月14日に発表した、3.5inchで記憶容量200Mバイト、転送速度も最大3.6Mbpsのフロッピーディスクです。

>> さらに詳細な情報はこちら