IEEE802.16

WiMAX>>IEEE 802.16 WirelessMAN>>Air Interface for Fixed Broadband Wireless Access Systems>>IEEE802.16a


IEEE(the Institute of Electrical and Electronic Engineers,Inc/IE3/I triple E/電気通信技術者協会/電気電子学会) WirelessManが2001年12月7日に発表した、都会の無線通信のために勧告した10〜66GHzを利用し、最大70Mbpsで最長30マイル(約50km)の範囲にデータを伝送できる無線LAN規格の名称。詳細情報はURL(http://www.businesswire.com/cgi-bin/f_headline.cgi?bw.120701/213412218)で知ることができる。またIEEEが提供しているIEEE802.16のカタログはURL(http://WirelessMAN.org/published.html)で、IEEE802.16 Working Group(IEEE WirelessMan 802.16)についてはURL(http://WirelessMAN.org)で知ることができる。高層ビルや古いビルが多い米国の大都会有線のネットワークを新規に構築することは、経費的にも困難であることから、最大70Mbpsで最長30マイル(約50km)の範囲にデータを伝送できる802.16規格を広域ブロードバンド接続用として採用する動きが出てきている。広域のブロードバンド無線アクセスを実現するための機器の互換性と相互運用性を推進して認証する目的で、802.16規格を推進している団体「WiMAX forum」に、Airspan Networks社、Alvarion社、Aperto Networks社、Ensemble Communications社、Fujitsu Microelectronics America社、Intel社、Nokia社、OFDM Forum、Proxim Corporation社、Wi-LAN社社など、部品・機器メーカーが2003年4月8日に加盟した。詳細情報はURL(http://wimaxforum.org/news/announcement.asp?id=8)で知ることができる。IEEEは2003年6月21日に、日本人で初めて国立情報学研究所の末松安晴(Yasuharu Suematsu/71歳)所長に「IEEE James H. Mulligan, Jr. Education Medal(IEEEジェームス・マリガンJr・エデュケイション・メダル)」を授与した。詳細情報はURL(http://www.nii.ac.jp/brief/hyosho/hyosho-suematsu2.html)または、URL(http://www.ieee.org/portal/index.jsp?pageID=corp_level1&path=about/awards/pr&file=edcnpr.xml&xsl=generic.xsl)で知ることができる。また、Wi-Fiがどこで利用できるか国別、州別、市町村別、ネットワーク名などを指定すると検索できるサイト「Wi-Fi411」も登場した。詳細情報はURL(http://www.wifi411.com/)で知ることができる。Wi-Fi Allianceは2003年10月1日に、Wi-Fi ZONEプログラムを採用しているパブリック・アクセス・サービス・ロケーションが約50か国6,000か所に達したと発表した。詳細情報はURL(http://www.wi-fi.org/OpenSection/ReleaseDisplay.asp?TID=4&ItemID=158&StrYear=2003&strmonth=10)で知ることができる。米国のタワーストリーム(TowerStream)社は2004年3月1日に、IEEE802.16を採用して100Mbpsの高速通信が可能なワイヤレス・ブロードバンド・サービスをニューヨークの44thと45th Streets on Park Avenueで開始した。詳細情報はURL(http://www.towerstream.com/03012004.asp)で知ることができる。2004年4月6日にはシカゴの中心部でも開始した。経済産業省商務情報政策局情報セキュリティ政策室は2004年4月12日に、社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が策定し2003年8月に無線LANのセキュリティ啓発に関してパソコン・無線LANの機器メーカ等が遵守すべきガイドラインを、さらに簡単・確実なセキュリティ設定の実施に向けて改定したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0005134/)で知ることができる。KDDIは2005年6月29日に、無線通信標準802.16eに基づく無線局の実験局免許を取得し、大阪地区中心部で移動環境でのWiMAXの実証実験を7月から開始すると発表した。詳細情報はURL(http://www.kddi.com/corporate/news_release/2005/0629a/index.html)で知ることができる。