Insect Biotechnology


これまでのような農作物の害虫駆除に農薬を使うのではなく、農作物に付く害虫に対抗する天敵昆虫を発見し、その天敵昆虫の能力を最新科学技術を活用してさらに合理的に管理し、利用する昆虫を活用して、栽培管理する無農薬栽培技術の総称。また、急激に米国で増えた殺人ミツバチの繁殖能力を抑制するために、生殖機能がないメスのミツバチを離すなど、自然界に存在するバランスを活用した技術といえる。詳細情報はURL(http://www.insectbio.com/)または、URL(http://www.umbi.umd.edu/~cab/Insect.html)または、URL(http://www.umbi.umd.edu/~cab/Directory.html)または、URL(http://research.cas.psu.edu/research_programs/insect_biotec.htm)または、URL(http://research.cas.psu.edu/research_programs/tree_fruit_entomology.htm)または、URL(http://www.bio.org/memberprofile/insect_biotech.html)で知ることができる。ただし、自然をもっとも破壊し続けているのは人間であり、人間の脳が作り出した物質が自然を管理できるという考え方にこそ、自然破壊が存在していることから、これらにも多くの問題が潜み、さらに悩みを増やすことになるかもしれないことから、人間にとって永遠のテーマなのかもしれない。例えば、中国の孔子や老子の自然に対する多くの言葉にこそ。解決の道があるのかもしれない。理化学研究所は2004年2月27日に、理研ニュース別冊として、「なるほど!脳の中身が見えてきた!」のPDF版を公開した。詳細情報はURL(http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/news/special/pdf/0402.pdf)で知ることができる。厚生労働省は2005年9月13日に、「動物の輸入届出制度について」を公開した。詳細情報はURL(http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=102117)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2005年12月9日に、WHO(the World Health Organization)が「Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis」を公開し、地球の地球生態系で生命を維持するために提供する淡水、清浄な空気、たくさんの野生生物、および比較的安定した気候は 60%に低下しているとレポートしていると報告した。WHOのディレクターDr. Lee Jong-wookは「過去50年間、人間は人間の歴史のどんな匹敵する期間よりもさらに急速に手広く自然生態系を変えている。(ver the past 50 years, humans have changed natural ecosystems more rapidly and extensively than in any comparable period in human history)」と報告している。また、レポート制作に参加したインドのPurdue Universityのthe Department of Agricultural and Biological Engineering助教授Dr. Carlos Corvalanは、科学者が人間の健康への生態系退行の有害な結果が既に感じられていて、次の50年間でさらに悪くなるかもしれないと警告している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/dec2005/2005-12-09-02.asp)または、URL(http://www.who.int/globalchange/ecosystems/ecosystems05/en/)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年1月23日に、国連によって任命された世界の19の国からの約1,360人の科学者と専門家により、4年以上の研究成果として、「Millennium Ecosystem Assessment(ミレニアム生態系査定)」の「Living Beyond Our Means」が公開され、世界の生態系の最初の主要なグローバル査定は、人間がどう地球の人生を可能にする生態系を誤用するかに関する厳格な警告の中に人類の楽観的な見解を提供したと報告した。ウィスコンシン大学(University of Wisconsin)の湖沼学(limnology)の教授で研究者、「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」巻頭コメントの著者Steve Carpenterは、「安定したグローバルな衰退に似ているものにもかかわらず、これは希望の話です。私たちには、必要とするツールがあり、政治意志があるなら、私たちには、世界的規模でそれらを実行する能力がある。(Despite what looks like steady global decline, this is a story of hope, We have the tools we need. If we have the political will, we have the ability to implement them on a global scale.)」と解説している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jan2006/2006-01-23-10.asp)で知ることができる。「Millennium Ecosystem Assessment」はURL(http://www.millenniumassessment.org/en/index.aspx)にある。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年10月24日に、WWFとthe Global Footprint Networkが新しいレポート「Living Planet Report 2006」を発表し、地球の自然循環スピードより人類は多くを要求するようになり、その要求は1961年から3倍になったと報告した。「Living Planet Report 2006」によれば人類の要求は2050年までに地球の自然循環スピードの2倍になると予測している。つまり、まったく新しい考えを人類が選ばなければ、人類は地球に対して借金まみれになり、返却不能で自滅することになる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/oct2006/2006-10-24-01.asp)で、また「Living Planet Report 2006」は、URL(http://www.panda.org/news_facts/publications/key_publications/living_planet_report/index.cfm)で知ることができる。