Intel Digital Home Fund


米国のIntelが2004年1月8日にラスベガスで開催された「INTERNATIONAL CONSUMER ELECTRONICS SHOW」のスピーチで、CEOのポール・オッテリーニ(Paul Otellini)が「ムーアの法則」をデジタル家電分野で展開すると発表し、戦略的投資部門会社Intel Capital社が2004年1月に創設したデジタル家電向け投資基金の名称。詳細情報はURL(http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20040108corp.htm)で知ることができる。米国のIntel Capital社は2004年4月21日に、家電ネットワーク技術を手がけるDigital 5社、UWBソリューションを開発する半導体会社Staccato Communications社、UWBチップセットを手がけるWisair社、パソコンゲームなどソフトウェア配信技術のTrymedia Systems社の4社に総額US$2億を投資すると発表した。詳細情報はURL(http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20040421corp_a.htm)または、URL(http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20040421corp.htm)で知ることができる。Parks Associatesは2006年1月19日に、主要市場調査会社の米国国内新築住宅販売における差別化で、 Hanley Wood, LLCの調査プロジェクト「2006 Builder Insights」の調査から、ホームネットワークとオーディオ環境における最近「デジタル生活」技術導入として「Home Builders Embracing Technology Amenities」を公開し、2005年の新築住宅販売で「デジタル生活」技術導入は25%であったが、2006年にはさらに差別化の競争が激しくなって、約30%が新築住宅販売で「デジタル生活」技術を導入すると報告している。また、Parks Associatesのホームシステム研究のディレクターBill Ablondiは、「金利は上がって、売れ残り在庫は高く、住宅販売会社の競争は激しくなっている」と報告し、住宅販売会社は、より大きい台所、より大きいクロゼット、および上品なマスターバスのようなアメニティーを強調しているが、このデジタル時代では、魅力がそれのすべてが住宅購入者の新しい「iPod世代(iPod Generation)」が求める「multiroom」のオーディオ、ホームシアター、セキュリティシステム、および構造配線(structured wiring)を含んでいると予想している。詳細情報はURL(http://www.parksassociates.com/press/press_releases/2006/builder06_pr1.html)で知ることができる。米国のFrost&Sullivan社は2006年5月10日に、2005年におけるネットワーク導入家庭は2250万世帯で、2012年には6380万世帯に増えると予測した。また、2005年の時点では、ネットワーク化した家庭のなかで、テレビやDVDプレーヤー、セットトップ・ボックスといったパソコン以外の機器をネットワークに接続している家庭は5%にとどまったが、2012年には25%に上昇するとも予測している。詳細情報はURL(http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=104&STORY=/www/story/05-10-2006/0004358612&EDATE=)で知ることができる。