IntraEuroX


米国のCitX社が1999年2月17日に発表した、インターネット・ベースの電子商取引プラットフォーム「Intrapay」経由で、横断的に安全な国際取引を実現し、個人の金融情報とユーザーの匿名性を保護し、EUROをはじめとする複数の通貨を混在しても自動的に交換できるインターネット電子商取引サービス・システムの名称。また、Proxyサーバーを利用しないで、匿名アクセスを可能にする「Anonymizer」のURL(http://www.anonymizer.com/)もあった。ただし、2001年9月11日に発生した同時多発テロの調査をしてきたCIAが、SafeWebの提供してきた匿名アクセスを可能にする「Anonymizer」が中国やイランなどから、米国のサイト攻撃に利用されている可能性を指摘され、閉鎖することになったとOnline Journalism.comが報告した。