in-vehicle


車の中に新しい機能を持ち込み、自動車を「移動の道具」から「仕事や生活に活用できる空間」に進化させること。University of California at Berkeley's Institute of Urban and Regional Developmentが、San Franciscoの都会に住む人と車のリサーチ「City CarShare: Assessment of Intermediate-Term Travel-Behavior Impacts」を2002年3月に発表した。詳細情報はURL(http://www-iurd.ced.berkeley.edu/pub/WP-2002-03.pdf)で知ることができる。
米国のGAOは2003年5月14日に、高速道路での安全性を確保するための計画レポート「Highway Safety: Better Guidance Could Improve Oversight of State Highway Safety Programs. GAO-03-474」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-474)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年6月23日に、高速道路のインフラ整備プロジェクトのレポート「Highway Infrastructure: Stakeholders' Views on Time to Conduct Environmental Reviews of Highway Projects. GAO-03-534」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-534)で知ることができる。
米国のGAOは2003年12月3日に、高速道路建築キャンペーンに関する資料「Comparison of States' Highway Construction Costs. GAO-04-113R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-113R)で知ることができる。
Center for Media Researchは2007年12月12日に、Scarborough Researchからのレポート「Hybrid Vehicle Owners are Wealthy, Active, Educated and Overwhelmingly Democratic, According to Scarborough Research- New York, December 4, 2007」で、ハイブリッド自動車の所有者はアクティブで、教育的で、民主的と結論を下したと報告した。
Scarborough Researchの分析によると、米国で少なくとも1台のハイブリッド・カーを所有しているか、またはレンタルする半分の家庭(42%)はUS$10万以上の年収がある。 それは全国平均の2倍以上に相当する。
ハイブリッド・カーを所有者の家庭に住んでいる大人達は、大学学位を持っていて、それは米国の大人達の2倍以上に相当する。
これには大学院学位を持っている27%のハイブリッド・カーを所有者を含んでいて、全体的に見他場合の大人達が9%と比較できる。
ただし、米国の大学院や博士号、名誉博士には、大きな問題もあることを忘れてはいけない。
さらに、ハイブリッド・カー所有者は、50歳以上の老人が平均して23%も多いことをScarborough Researchは指摘している。
さらに政治的思考では、ハイブリッド・カー所有者の38%は民主党支持で、14%は共和党支持で、34%は独立系政党で、15%は支持政党なし、81%はいつも大統領選に投票し、全米の71%と比較してハイブリッド・カー所有者の大統領選への関心の高さが明らかになった。
健康/運動クラブへの所属では、全米平均が18%なのに対し、ハイブリッド・カー所有者は33%が所属していた。
2006年には、ハイブリッド・カー所有者の66%が健康用として自転車を利用し、yoga/pilatesではレジャー活動として、全国平均より2倍以上が参加していた。
ハイキングやバックパック・トレッキングでは、ハイブリッド・カー所有者が全国平均より2倍以上が参加していた。
ハイブリッド・カー所有者の21%は、ガーデニングが好きであった。
ハイブリッド・カー所有者は、年間3回はスキーに行っていた。
ハイブリッド・カー所有者の20%は、ゴルフをしていた。
ハイブリッド・カー所有者は、過去の月の間に家庭で自然食品を使用していた割合が、全国平均より2倍以上多かった。
Scarborough Researchの広告主マーケティング・サービス副社長アリーサ・ジョゼフ(Alisa Joseph)は、「より高い収入の人々が乗り物としてハイブリッド・カーに引き付けられる傾向があるなら、地方の販売代理店には、消費者団体で高い活動レベル広告と販売促進し、軽く打ち込む機会がある。」と、ハイブリッド・カー広告展開作戦を授けた。詳細情報はURL(http://www.scarborough.com/press_releases/Hybrid%20FINAL%2012.4.07.pdf)で知ることができる。
地域別では、ツーソン、サンフランシスコ、ワシントンDC、およびラスベガスの家庭で2%がハイブリッド・カー所有者で、全国平均1%と比較して、わずかに高いとも指摘している。
本当は、「自己中」の自家用車社会を破壊し、移動は公共交通機関を利用すべきですが---
これだけ大きな利益を上げている企業を起こらせると、成り立たない企業も多く、こんな結果になる。
さらに、米国のように自動車が無いと、隣町に行けないと言う環境もあり、日本のような狭い国で自家用車の所有者と、知性度、自己中度などを比較したレポートが必要にも感じる。
だから、「未来学者が予測する、次の15年!」
URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=7465)
で、ヘイゼル・ヘンダーソン(Hazel Henderson)が、どこにも所属しないで、独立して、自営である必要を訴えている。
それは当たり前のことで、だれかに雇われていれば、そこの部分で彎曲した意見になる。とくに政治、ビジネスなどで組織に所属していると、あまりにも頻繁に、調査を狭くすることになると指摘している。
古い冗談が主張するように、経済学者は彼らの後知恵を正しく表現することができないと言っている。
cellular-newsは2008年11月13日に、ABI Researchからの情報としてM2M (machine-to-machine)コミュニケーションが拡大し、市場での継続的な強い成長が2013年には9,500万増加すると予測したと報告した。
ABI Researchは拡大要因として3つのセグメントを指摘している。
それは、テレマティックス(telematics)、テレメトリー(telemetry)、およびワイヤレス・ローカル・ループ(wireless local loop)をあげ、テレマティックス(telematics)で3900万、テレメトリー(telemetry)で3400万と予測している。
先任アナリストのサム・ルセロ(Sam Lucero)によると「およそ2011年まで、制御アプリケーションを含む広範囲なアプリケーションを包含するスマート計量、POSターミナル、リモート・モニターなどのテレメトリー(telemetry)セグメントの主要な市場で、成長します。」と分析している。
そして、「2011年以降は、テレマティックス(telematics)アプリケーションにおけるスパイクを予想します。」と続けている。
「これらは、現在すでに存在しますが、2011年からは本格的な「OnStar」に向けて北米でのセル接続、ヨーロッパのeCallイニシアチブ(eCall initiative)などの命令で、はるかに強い競合反応が車で起こるでしょう。」と言っている。
実際には自動車メーカーが、OEMテレマティックス・プログラムと共にやって来る。詳細情報はURL(http://www.onstar.com/us_english/jsp/index.jsp)または、URL(http://www.esafetysupport.org/en/ecall_toolbox/faq/)で知ることができる。
「また、フリート・マネージャが燃料コストを削減して、総合的な運営効率を増加させるのにテレマティックスを使用し、ビジネス・テレマティックスは強い成長のためにセットされました。」と報告している。
平均小売価格が2010年から安定かすべきで、べてのエアー・インターフェース規格によって低価格化すると予想されている。
しかし、現在のグローバルな財政的経済の不明確で、否定的にこの市場に影響するか?という質問に対し、
「いくつかの会社が、不安定な経済には直接的な衝撃がある。」とABI Researchに言った。
「私たちの予測が必要であるかどうか評価するために、選択された産業の利害関係者について調査途中である。」とも報告している。
この分野はモトローラが強かったが、その後衰退し、多くの企業に吸い取られていった。
それと同時に、洗練されてきている。
とくにIntel社などが面白いチップを開発している。
この分野でもトヨタが強いように感じていたが、「G-BOOK」以降は発想の軟弱性が表面化している。
現在最悪の米国自動車産業が再生するには、この分野しかないことだろう。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/34630.php?source=newsletter)で知ることができる。


NAIASのAutoshow 2000でMSNのCarPointが提供したバーチャルshowのページ
フォードは2001年に登場させるThink
Think Neighbor
1914年に制作された電気自動車Ohio Electric
経済産業省が2001年7月11日に発表した「低公害車開発普及アクションプラン」
保険会社の英Direct Line社が公開した「Mobole Phone Report」
Preliminary Information on the Timely Completion of Highway Construction Projects
GAOが2002年9月26日に公開した、高速道路と精神的なコンディション実験結果
米国内のハイウェイに対する利便性のバランス(2002年8月16日現在)
San Franciscoの都会に住む人と車のリサーチ
GAOが2003年1月23日に公開したハイウェイ管理開発税に関する統計調査報告書
GAOが2003年2月16日に公開した、交通安全管理に関する行動計画レポート
米国のアナリストが発表したハイウェイとその管理の限界性に関する意見
GAOが2003年5月8日に公開したハイウェイ建設管理支援に関する実験レポート
GAOが2003年5月14日に公開した、高速道路の安全確保計画レポート
GAOが2003年6月23日に公開した、高速道路のインフラ整備プロジェクトのレポート
GAOが2003年12月3日に公開した米国の高速道路建築キャンペーン資料
米国北東部を走るAmtrakのIntercity乗客安全管理に関するレポート
輸送システムにおけるセキュリティ確保規制広報活動に関するCORRESPONDENCE
Scarborough Researchが2007年12月4日に公開したレポート
OnStarロゴ
OnStar搭載事例
OnStar操作事例
eCall initiativeロゴ

パソコン自動車
音声認識
インターネット自動車
ハイブリッド・カー
インテリジェント・コミュニティー・ビークル・システム
ニュープリートシステム
カーナビ
ITS
知的交通基盤
運転中の携帯電話使用で事故
ICカード乗車券実験
ITS
VICS
ITGS
TICS
CACS
ダイナミック・ルート・ガイダンス
CAMP
小電力ミリ波レーダー
カーナビ・インターネット接続
WAP Forum
交通関連のURL(海外)
交通関連のURL(国内)
ASTRO-NT
SHマイコン
50ドル・ルール
インターナビシステム
モバイルウェブ推進協議会
カーナビ・インターネット接続
インターナビシステム
バーチャル・カー
PHS位置情報利用システム
インターネット自動車
国際ワイヤレス/モバイルソリューション展
手回し充電器
WML
セレクフォン
仮想コミュニティ
定期券キセル防止装置
ハイテク道路
テレマティックス
eAutoWorld conference and tradeshow
AUTOTAB
LINコンソーシアム
ESM
HTK(Hidden Markov Model Toolkit)
MPC(Mobile Productivity Center)
MobileAria
車載コンピュータ
WAPの地獄
MobilEye
交通バリアフリー法
スマートクルーズ21
Car.NET
IPCarシステム
大阪ボイスポータル実証実験サービス
特定交通情報提供事業
ITS関連のURL
ドライブレコーダー
DSR(Distributed Speech Recognition)
SALT(Speech Application Language Tags)
Smart airbags
SymPhone System Network
EU Transport Research Knowledge Centre
MORANE(Mobile Radio for Railways Networks in Europe)
GSM-R(GSM-Railway)
EVI(Electronic Vehicle Identification)
NTSB(National Transportation Safety Board)
AACN(Advanced Automatic Crash Notification)
ストックホルム渋滞税計画