ISDB

Integrated Services Digital Broadcasting

総合デジタル放送

デジタル画像圧縮技術を使って、HDTVのように高精細画像を伝送するのではなく、画質は現行のままで、同じ帯域を多チャンネル化することによって伝送コストを節約し、テレビ放送と一緒に静止画・文字・データなどを送ることが可能な放送形式の名称。「ISDB」は日本で独自に開発された未使用のTV用チャンネルを用いて運用されるデジタルTV規格で、音声圧縮方式には、MPEG2-AACが採用され、動画圧縮方式にはMPEG-2を採用し、データ方式はBMLで、スクランブル方式(限定受信方式)としては、ISO9909/0009 MULTI-2を採用している。映像モードには、 480×720(インターレース/ノーマル/ワイド)、480×720(プログレッシブ/ワイド)、720×1280(プログレッシブ/ワイド)、1080×1920/1440(インターレース/ワイド)があり、フィールド/秒(fps)は59.94fps(29.97フレーム/秒)である。また、マルチパス干渉に強い周波数分割多重方式の1つであるOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplex)を採用し、さらに各搬送波の変調方式などに伝送パラメータを設定することができ、時間インタリーブを採用している。「ISDB」には衛星放送向けとして、デジタル変調がシングルキャリアで、トレリス8PSK、QPSK、BPSK、TDM。トランスポンダーは48スロット、1スロット標準約1.06Mbpsの「ISDB-S」、地上波デジタル放送向けとして、デジタル変調方式にOFDMを採用し、キャリア変調方式としてはDQPSK、QPSK、16QAM、64QAMの4つがある「ISDB-T(Terrestrial)」、1セグメント放送(ワンセグ)にはSDB-T方式による携帯端末向けのデジタル放送サービスとして、地上デジタル音声放送で使用され、「直交波周波数分割多重(OFDM)」方式に加えて、変調方式を階層化した上で各部分(グメント)に分割して伝送することが可能で、このセグメントのうちの1つを携帯端末向けの信号として処理して、映像圧縮方式としてAVC H.264を採用し、音声圧縮方式にはMPEG-2 AACを採用した移動体向けの「ISDB-T SB」、著作権保護を保護するためのコピー制御として録画管理、再生管理、放送内容の暗号化をするコピーワンスが有効な「ISDB-C」がある。NHKは1998年5月29日に、放送技術研究所(Science & Technical Research Laboratories/NHK技研)を一般公開し、2000年に開始予定のBSデジタル放送におけるデータ放送などを含む統合デジタル放送(ISDB)の全体像を明らかにした。またインターネット上には、「放送業界用語辞典」のURL(http://www.sakai.zaq.ne.jp/plaza_hoso/gyokai%20.html)がある。2001年5月18〜20日までNHK放送技術研究の研究成果を発表する「技研公開」が「進化するデジタル放送」というテーマのもとに開催され、ISDBに対する取り組みが公開された。詳細情報はURL(http://www.strl.nhk.or.jp/)で知ることができる。日本の地上波デジタルTVでは、「ISDB-T(Integrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial)」が採用される。カナダのCanadian Radio-television and Telecommunications Commissionが2003年12月18日に「放送モニタリング・レポート2003(Broadcasting Policy Monitoring Report 2003--Radio Television Broadcasting Distribution Social Issues Internet)」を公開した。詳細情報はURL(http://www.crtc.gc.ca/eng/NEWS/RELEASES/2003/r031218.htm)で知ることができる。イギリスのSymbian社はCTIA Wirelessで2007年3月26日に、デジタルテレビ規格のISDB-T(ワンセグ)、DVB-HをサポートしたSymbianOS v9.5を発表した。詳細情報はURL(http://www.symbian.com/news/pr/2007/pr20078925.html)で知ることができる。mediaweekは2007年4月15日に、モバイルTVは地域密着といわれている中で、米国の9つのローカル・テレビ局グループが2007年4月13 日に、ラスベガスで開催されるNABで、モバイルTV同盟「Open Mobile Video Coalition」を創設すると発表したと報告した。詳細情報はURL(http://www.mediaweek.com/mw/news/recent_display.jsp?vnu_content_id=1003571802)または、URL(http://www.openmobilevideo.com/)で知ることができる。comScoreは2007年4月23日に、米国の2,000人を対象にしたモバイルTVの関心度を知るための調査レポ−トを発表した。その背景には、モバイルTVが予想外に伸び悩んでいることがうかがえる。この調査で名家核なのは男性より女性の関心が低いことで、35歳以下のモバイルTV加入者は46%で、そのうち65%が男性であったと報告している。また、モバイルTV機能付き端末を購入するときの最も高い関心は、71%がサービス料金であると報告している。モバイルTVへの申し込み希望者の67%は、無料であるなら広告を見てもかまわないと答えている。さらにサービスの質についても関心が高く、47%は画面サイズが重要であると答えている。さらに43%は受像能力に関心があった。これは、すでに家庭にあるテレビがそのままモバイルTVの関心に直結しているといえる。つまり、すでにあるサービスがモバイルでも見られるようになったと言うだけのことで、新しいコンテンツという意識が無いと言うことで、家庭で見るテレビと比較して少しでも劣れば、不満になり、馬鹿にするという状況とも言える。詳細情報はURL(http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=104&STORY=/www/story/04-23-2007/0004571692&EDATE=)で知ることができる。