Japan-USケーブルネットワーク


2001年8月28日から運用を開始した、日本、米国本土、ハワイを南北2つのルートでループ上に結ぶ総延長2万1800kmで、最終的には640Gbps(774万1000回線)までの大容量が確保できる光海底ケーブルです。

>> さらに詳細な情報はこちら


Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphの海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphのGrinez Klippe海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDover側のTelegraphターミナル
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDoverとGalais間のTelegraph出力器
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph印字機
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph解読印刷機
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegrapheテープ
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegraphで書かれた絵と文字
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-1
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-2
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-3
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-4
Illustrirte Zeitung1851年11月29日に掲載された大西洋横断海底ケーブル敷設計画
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-1
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-2
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-3
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたベルギーでの海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたSpezziaとCorsicaの地中海海底ケーブル陸揚げ風景