JPCERT/CC

JaPan Computer Emergency Response Team/Coordination Center

日本コンピュータ緊急対応センター

1996年8月8日に告示した「コンピュータ不正アクセス対策基準」に基づいて、通産省(当時)が日本版CERTとして、発足したセンターで、「CERT/CC」はカーネギー・メロン大学にあり、大学の研究機関として設立されたのに対し、「JPCERT/CC」は、通産省の外郭団体として、常勤スタッフと学術・産業界のアドバイザから構成され、名前は似ているが、体質的に大きな差がある。

>> さらに詳細な情報はこちら