アスペクト比

aspect ratio

アスペクト・レシオ

テレビやパソコン用モニタ画面、映画のスクリーンなどの縦と横の長さの比率。現行のテレビは3:4(1:1.33)、ハイビジョンは9:16(1:1.78)である。人間の目は、横に長い画面のほうが臨場感を感じるため、ハイビジョンは現行より横に長いアスペクト比になっている。また映画のスクリーンは、スタンダードが1:1.38、ワイドスクリーンが1:1.85、シネマスコープが1:2.35である。