アトムクラフト

atomcraft


超小型の半導体素子や原子スイッチ、表面を原子レベルで制御して作られる新素材などの開発に期待されている、原子や分子を1つ1つつかんだり、押したり、引いたり、動かすなど操る技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら


どのようにしてアトム画像を造形するか
世界にあるIBMの研究所
原子で書かれたIBM
原子で書かれた人形Carbon Monoxide Man
原子で書かれた「原子」の文字
STMを用いて観測された6つの突出部がある「プロペラ」分子とCGで作られた分子ホール構造
STMを利用した分子ホール構造CG
STMを利用した回転するぼんやりとした環状の分子のCG
プロペラ型の分子設計構造のCG
プロペラ型の分子回転の解説図
プロペラ型分子ホール構造のGIFアニメーション
IBMのワトソン研究所
1877年10月6日にScience Americaで発表されたBell's New Telephone
青いニッケルの原子
青いプラチナの原子
立体的な銅の原子
サークルができるまで
共鳴する原子
珊瑚のように形成する原子
原子の珊瑚
実験的に作られたRectangular Corral
実験的に作られたOh Where
実験的に作られた造形物「無名」
実験的に作られたAtomic Teeter-Totter
実験的に作られたStadim Corral
半導体が支えるマルチメディアの世界
マイクロプロセッサーの発達史
直径2.75μmの世界最小のワイングラス
2001年5月にCSISが発表したマイクロチップとスーパーコンピュータ
大阪大学の工学研究科応用物理学専攻河田研究室の宇宙
大阪大学の工学研究科応用物理学専攻の河田研究室の研究発表サイト
彫刻されたナノの3D牛
GAOと教育省が公開した米国における学生の所得とマーケットのメカニズム
ベル研究所のトランジスタの定義
Department of Education Annual Plan 2002-2003
シャープが世界で始めて開発したガラス基板CPU
IBMが2003年5月1日に開発したと発表した固体発光素子
IBMが2003年5月1日に開発したと発表した固体発光素子ノアニメーション
Illustrirte Zeitung1851年2月8日に掲載された科学物理機器
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室