国民洗脳ブロガー


国民を洗脳するなどの目的で、インターネット上で情報を公開しているブロガーの総称。
ワシントンポスト(Washington Post)は2006年7月20日に、もの凄いアクセス数を稼いだブロガーは、CIAと契約し、インターネット上で公開していたと、Dana Priestの「Top-Secret World Loses Blogger(トップシークレットはブロガーを解雇した)」を公開した。CIAのためのソフトウェア契約者Christine Axsmithは、実際にアクセスすることができた人々の選んだ輪の中で彼女のブログが成功であると考えた。情報機関で選ばれた、トップシークレットの人物調査機密取扱者の人々だけがアクセスできるイントラネットからの情報を彼女の黙想としてCC(Covert Communications)でIntelinkに掲示され、読み込むことができた。彼女は最もポピュラーなポストされたオンラインジャーナル「中東戦争のアイディアと食物のないCIAカフェテリア(the war of ideas in the Middle East andbad food in the CIA cafeteria)」で、スタグフレーションのような国家安全保障の謎に関する意見を述べた。
しかし、彼女のブログに応じた何百人ものブログ読者は、彼女が不敬なタイトル「士気は食物と等しい(Morale Equals Food)」で拷問に関する意見とジュネーブ条約を掲示した後、再び彼女のブロッグに応じなかったことから、彼女はCIAとの契約ブロッグから2006年7月13日に降ろされた。そして、彼女のセキュリティ・バッジも取り消された。月曜日に、Axsmithの雇い主、CIAテストソフトウェアを助けていたBAE Systemsによって終えられた。 分類されたblogosphereの旅行者として、Axsmithは単独ではなかった。何百ものブログの投稿がIntelinkに現れ、CIAは、ブログと他の電子ツールが情報と考えを交換するために同じ問題に取り組んでいる人々によって使用されると言う。CIAのスポークスマンPaul Gimiglianoは、Axsmithのケースを批評することを断ったが、ブログに関する方針が「任命は直接サイトの作者と読者の公式のビジネスに関連するべきであり、マネージャーは政府リソースを使用するオンラインプロジェクトにおいて知識があるべきで、CIAは、契約者が支払われる仕事をすると予想しています。」と言ったと報告した。
つまり、多くのブログの中には、CIAなどから金をもらって、あたかも自分の意見のように書いていることもあり、CIAのスポークスマンPaul Gimiglianoによれば、これからもそのような情報発信は存続するということになる。ジャーナリストの中に、政府に雇われた偽のジャーナリストがいることが話題になったが、個人を特定しにくいブログにも魔の手はどんどん侵略し、国民洗脳ブロガーが活躍している。「blogosphere(ブログの世界)」でも、メディア・リテラシーが重要な世界になっている。
ビデオ・ニュース「VNRs(Video News Releases)」問題が露見したときに、ブログの世界でもとは想像していたが、それが現実化し、CIAのスポークスマンまでが認めたことになる。Douglas Hermanが「Strike The Root」で登場させたタイトル「Sex, Lies and Call Girls: Why the U.S. Media Is a Whore(セックス、偽りとコールガール:米国メディアが売春婦である理由)」に従えば、ブロガーの中に「売春婦」がいることになる。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/07/20/AR2006072001816.html)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年2月13日に、BIGresearchによる「ブロガーと学歴」についてのレポートが公開されたと報告した。
18歳以上の一般的な米国の大人を調査したレポートによれば、ブロガーはより若く、高度教育を受けた男性が活発にニューメディアに多く従事していると報告している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/study-bloggers-younger-more-educated-and-ethnically-diverse-3432/)または、URL(http://www.marketwire.com/mw/release.do?id=820299)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8770)で知ることができる。
ニフティとビデオリサーチは2008年4月3日に、2007年12月にブログを運営している人530人、ブログを運営していないで、週に1回以上ブログに接触している人530人計1060人を対象に実施した調査結果として「ブログサイトに関する共同研究調査」を発表した。詳細情報はURL(http://www.videor.co.jp/press/2008/080403a.pdf)、調査結果はURL(http://www.nifty.co.jp/tenpu/080403-tenpu.pdf)で知ることができる。
イギリスのJournalism.co.ukは2008年9月19日に、米国のMBA(Media Bloggers Association)が2008年9月18日にこれまでの報道機関が法的なサポートを受けられる保険「Media/Professional Insurance」と同じ保険をブロガーに与える計画を開始したと報告した。
MBAは、ニシアチブとしてBlogInsureを含み、保険パッケージは、「Media/Professional Insurance」を通して利用可能であり、そのようなクレームから被られた費用と損害賠償で適用する。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/2/articles/532383.php)または、URL(http://www.mediabloggers.org/mba-announcement/media-bloggers-association-launches-education-legal-advisory-and-liability-insurance-program-for-bloggers)または、「Media/Professional Insurance」のURL(http://www.mediaprof.com/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11077)で知ることができる。