サイバー66

Cyber66


規制市街地の再開発事業として、森ビルが六本木6丁目の再開発事業をインターネット上の仮想都市空間を使って見せる実験の名称。インターネットのホームページを検索すると「西暦2001年、ROPPONGIが変わります」というコピーと未来の六本木地区をイメージした仮想都市が現れる。仮想都市を運営するマルチメディア都市研究会には、森ビルのほか、テレビ朝日、ゼネコン各社、各都市銀行、NTT、大日本印刷、伊藤忠商事、三越、パイオニアなどが参加している。慶応大学湘南藤沢校とカリフォルニア大学バークレー(University of California at Barkly)校、多摩大学による次世代の通信教育、仮想キャンバスの実験も計画している。1996年10月からニフティと森ビルは、会員が前もって購入したクーポン券を使い、仮想都市「サイバー66ヒルズ」内で買い物ができるオンライン決済システム「Cyber66インターネットショッピングサービス」を開始した。詳細情報はURL(http://www.cyber66.or.jp)で知ることができる。森ビルは、1996年よりテナント向け情報通信網「MII(Mori Information Infrastructure)」を整備してきたが、さらなる情報化を図ることによって、通信インフラにおいてもビジネスエリアとしての優位性を確保することを目的に、国際的な一流企業が集積する赤坂・六本木地区の情報網を拡大し、MCIワールドコム・ジャパンと共同で、森ビルとそのグループ企業が運営するビル群をループ型で結ぶ光ファイバー・ネットワークを構築し、森ビルのテナントを対象に総合的な通信サービスを提供していくことで合意し、1999年10月18日に業務提携した。計画では、1999年内に、アークヒルズを含む赤坂・六本木地区の10棟を結ぶループ型光ネットワークを当初155Mbpsで構築し、2000年1月より、ネットワークサービスを開始する。2000年夏までには40棟をこのネットワークに接続し、回線スピードも顧客のニーズ増加やMCIの米国〜日本間の回線増強にともなった高速化も視野に入れている。経済産業省商務情報政策局情報プロジェクト室は2003年10月31日に、事業の一つとして、六本木ヒルズにて11月1日から一般モニター(被験者)の協力のもと、RFIDタグと電子メールの取得できる携帯電話等を併せて所持することにより、時間、場所、個人属性に合わせた六本木ヒルズ内の情報を提供するサービスについての実証実験を行うことを発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004654/)で知ることができる。


2000年2月から4月にオンライン・ショップを利用した人の回数比較
2000年2月から4月にオンライン・ショップを利用した人の分類
米国の1999年3/4と2000年1/4のオンライン小売り比較
オンライン・ショップの利用頻度別割合
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
2000年になって登場したオンライン・ビジネス
2000年5月〜6月のオンライン・ショップの数と売り上げの伸び
世界のオンライン・ショップ利用目的の割合分布
国別オンライン・ショップ利用率ランキング
オンライン・ショップ・リピーターの意識
イギリスのNCCが発表したオンライン・ショップの拒否原因
2000年6/7月のオンライン小売り販売の高売り上げ分野
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
世界における1999年と2000年年末のオンライン小売り予測
Web経由でオンライン販売とオフライン販売に比較
米国の18歳以上で、1998年と2000年にオンライン・ショップ利用経験者
各国のカテゴリー別オンライン・ショップの分布
2000年6〜10月のオンライン・セールス推移と業種
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
TeleGeography社の世界の情報通信マップ案内ページ
2000〜2004年のブロードバンド・ユーザー1
CAIDのインターネットマップCAIDA Skitterのサイト
CAIDのインターネットマップ・ポスター
1997年に公開された米国のインフラ保護政策-1
1997年に公開された米国のインフラ保護政策-2
1997年に公開された米国のインフラ保護政策-3
1997年に公開された米国のインフラ保護政策-4
1997年に公開された米国のインフラ保護政策-5
六本木におけるワイヤレス・タウン情報提供サービス実証実験開始について