サイバー攻撃対策会議後のホワイトハウスの発表


2000年2月7日から始まった、一連のメジャーサイトに対するDistributed Coordinated Attackに対し、2000年2月15日に、米国のクリントン大統領(President Bill Clinton/William Jefferson Clinton/当時)はコンピュータやインターネット関連の企業の経営幹部ら約20人をホワイトハウスに集め、サイバー攻撃対策会議を開催し、会議後に発表されたコメントです。

>> さらに詳細な情報はこちら