サイバー種痘

Cyber Vaccine


未来のセキュリティ技術として考えられるようになっている、天然痘が蔓延したときにEdward Jenneが真性痘瘡を接種し、発病しないことを確認し、種痘法を否定していた病理学会も1800年頃から認め始め、現在では完全に認められた種痘にのように、国際機関などが一斉に仮想攻撃を実施し、危険性のあるサーバーに対して警告文と対処方法を管理者に連絡する技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら