サイボーグ

Cyborg


サイバネティックス(cybernetics)と生物(organism)から作られた合成語で、人工臓器を付けるなどして、一部が機械によって作り替えられた人間の総称。未来の完全無欠の人間として、映画や漫画などに多く取り上げられてきたが、イギリスのレディング大学(Reading University)で人工知能やロボットを研究しているケビン・ワーウィック(Kevin Warwick)教授は1998年から、自身の左腕にセンサー・チップを埋め込み、無線レシーバーでやり取りできる実験を開始している。詳細情報はURL(http://www.kevinwarwick.com/)で知ることができる。また、Kevin Warwick教授はサイボーグ(Cyborg) 1.0として、WIREDの2000年2月号の表紙を飾り、144 151で特集を発表した。表紙には、I'm robotという言葉が躍っていた。Kevin Warwick教授はイギリスのオックスフォードのRadcliffe診療所で2002年3月14日に微小電極配列装置を埋め込むサイボーグ(Cyborg) 2.0手術に成功したと発表した。詳細情報はURL(http://www.reading.ac.uk/KevinWarwick/Info/home.html)で知ることができる。ただし、サイボーグという言葉が登場すると、その言葉の裏に隠された危険性も表面化し、否定論者も多く登場した。とくに神学者などの間では、神を冒涜するという考えが強烈なエネルギーとして動いた。ただし、これまでにも神学が神の存在を求めることから論理的な矛盾が発生し、科学の発達を遅らせた過去の経緯や、クローン技術などの登場で、神学の新しいデジタルを意識した展開が必要になってきている。このような問題がルターの宗教改革のような、第2の宗教改革を起こす引き金になる可能性まででてきている。最近ではチップを脳に埋めて、目が見えるようになったり、交通事故で下肢不随になったフランス人のマルク・メルジェル(Marc Merger/39歳)が、チップを埋め込むことで神経機能を回復させる手術に成功するなど、全く新しい展開を見せるようになっている。2001年6月25日にフィリップ・ミルコフスキー(Philip E. Mirowski)はRRE(Red Rock Eater News Service)で、Machine Dreams:Economics Becomes a Cyborg Scienceというエッセイを公開した。詳細情報はURL(http://commons.somewhere.com/rre/2001/RRE.Machine.Dreams.html)で知ることができる。ローマ法王Santo Padre Giovanni Paolo IIが初めて2001年11月22日に、電子メールを発信した。しかし、その内容はオセアニアで聖職者が起こした性的犯罪に対する謝罪文であった。詳細情報はURL(http://www.vatican.va/cgi-bin/w3-msql/news_services/bulletin/news/10247.html?index=10247&lang=it)で知ることができる。また、家族向けとしてインターネット上には電子聖書(Old and New Testament Bible Stories for the Family)も登場している。詳細情報はURL(http://www.antelope-ebooks.com/RELIGIOUS/biblestories.html)で知ることができる。また、インターネット上には脳について知ることができるBrain Explorerもある。詳細情報はURL(http://www.brainexplorer.org/)で知ることができる。NASAは2002年10月30日に、宇宙開発技術を採用して、複雑な腰骨と足の骨の接続部をつなぐ痛さがない人工の関節や人工聴覚など、人工臓器を開発したと発表した。詳細情報はURL(http://science.nasa.gov/headlines/y2002/30oct_hipscience.htm?list73602)で知ることができる。abc newsは2002年12月27日に、世界で始めて米国人のMs Brigitte Boisselierが、2002年12月26日に31歳の女性から7ポンド(3.1kg)の女の子(Eva)のクローンを誕生させたと発表したことを報道した。詳細情報はURL(http://abcnews.go.com/wire/US/ap20021227_1817.html)で知ることができる。世界の宗教と、その信者数に関する情報はURL(http://www.adherents.com/Religions_By_Adherents.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年8月13日に、未来の戦闘システムとして計画すべき構築案「Issues Facing the Army's Future Combat System Program. GAO-03-1010R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-1010R)で知ることができる。このような計画案の中にでてくる用語をインターネットで検索し、読み込むことにより、かなり具体的な計画の進行状況を知ることがでる。また、そこに隠された、個人に影響する規制まで読みとることができる。米国のPew Internet & American Life Projectは2004年4月7日に、信仰とインターネットに関する調査として「Faith Online」を公開し、米国人は64%の人が精神や宗教にインターネットを使っているという結果を報告した。調査レポートのPDFはURL(http://www.pewinternet.org/reports/pdfs/PIP_Faith_Online_2004.pdf)でダウンロードができる。スタンフォード大学医学部(Stanford University School of Medicine)では、細胞研究とクローニングに関するサイト「Stanford Center for Biomedical Ethics [RealOnePlayer, pdf]」を開設している。詳細情報はURL(http://scbe.stanford.edu/)で知ることができる。
physicsworldは2008年2月8日に、新しく採用されたナノパーティクルの生産と目新しい技術開発は、医療アプリケーションで、医学の世界で移植を改良するかもしれないと報告している。
銀、シリコン炭素やタンタルなどの材料を許す新しい医療物理学技術の中で、プラズマで高められたスパッタリングとナノパーティクルの採用を許可する宣言が含まれた。
これらの材料が許されたことで、医学の移植のための生物学的に適合しているコーティングを作成するのに使用することができ、すごく医療の装置科学者にとって関心が高いと報告している。
そのようなコーティングは注入された装置が患者の免疫システムか原因感染によって拒絶されるという機会を小さくし、確実に近い将来の医療の装置科学の発展で主役を演じると予測している。
Mantis Depositionは、マグネトロン・スパッタリングを通る真空でのナノパーティクルの比較的高い圧力下での世代を許す目新しい技術を見いだした。
電子ビーム蒸発かスパッタリングなどの薄いフィルム真空蒸着のテクニックと異なって、ナノパーティクル法はコーティングの密度と有孔性のコントロールを提供した。
さらに、基板で全く熱が発生しないので、有機分子を含む最もデリケートな材料はコーティングすることができる。
最終的に、ナノパーティクルを生産するための他のほとんどすべての技術がコーティングに使用される前に、精製されなければならないか、または精製されなければならない粉の材料を作成するが、ナノパーティクルの直接的生成、特殊化、およびエネルギーで制御された宣誓証言がただ一つの過程におけるナノパーティクル・コーティングを形成する技術を可能にた。
これで、革命の新素材とコーティングを作り出した。
しかし、それを医療用具として生産し、使用するつもりであるなら、真空蒸着技術はいくつかの挑戦に打ち勝たなければならない。
とくに健康と安全は最大重要課題で、そして、規則はそれらがどう生産されるかと同様に使用することができる材料に影響を及ぼすことになる。
患者にとって、コーティングのどんなビットも有害である可能性があるので、装置が注入されることになっているところでコーティングの付着などの要素はきわどい問題を発生させると報告している。
これらを全てクリアーできるまでは、医療用具として採用できない。
新しい移植医学の世界は、それまで不可能であったことを可能にするのと同時に、自然では再生不可能な部分を科学的に再生させ、機能を回復させている。詳細情報はURL(http://physicsworld.com/cws/article/indepth/32767)で知ることができる。


WIREDの2000年2月号の表紙
Kevin Warwick教授が埋め込んだチップ
Kevin Warwick教授の実験風景
Kevin Warwick教授の将来
米国における宗教とインターネット
バチカンの巻頭ページ
バチカンのメニューページ
ローマ法王Santo Padre Giovanni Paolo IIの謝罪電子メール
バチカンから21世紀最初のクリスマス・メッセージ
米国で大幅に増加したインターネットに求める宗教意識
バチカンが公開した「インターネットの倫理(ETHICS IN INTERNET)」
バチカンが公開した「教会とインターネット(The Church and the Internet)」
サイボーグ(Cyborg) 2.0で埋め込まれた微小電極配列装置
サイボーグ(Cyborg) 2.0の解説
NASAが開発した「人工股関節」
NASAが開発した「人工聴覚」
米国人のMs Brigitte Boisselier
2002年に国土安全保障関連のITに費やした予算
GAOが2003年8月13日に公開した、未来の戦闘システムとして計画構築案
Illustrirte Zeitung1847年3月20日号に掲載された整形手術-1
Illustrirte Zeitung1847年3月20日号に掲載された整形手術-2
Illustrirte Zeitung1847年3月20日号に掲載されたこれ以上の不幸はない整形手術
Illustrirte Zeitung1847年3月20日号に掲載された馬鹿げた治療
米国のPIA Life Projectが2004年4月7日に公開した、信仰とインターネット調査結果
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたKirtlandのモルモン教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたミズーリのモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたモルモン教の教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載された北米を旅するモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載されたモルモン教徒の隊列
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載された北米のモルモン教徒の村
Illustrirte Zeitung1852年6月19日に掲載された北米の黒人司教
Illustrirte Zeitung1852年8月7日に掲載された足を洗う米国の信仰儀式
Illustrirte Zeitung1853年1月15日号に掲載された世界で最初の布製呼吸マスク
Illustrirte Zeitung1853年3月5日号に掲載されたDresdenの病院-1
Illustrirte Zeitung1853年3月5日号に掲載されたDresdenの病院-2
Illustrirte Zeitung1853年11月26日号に掲載された脈拍計
経団連が2004年6月22日に公開した宇宙開発利用の早期再開と着実な推進要求書
Stanford Center for Biomedical Ethics Annual Report 2001-2002
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載された当時の最新技術を駆使した世界最長の砲身
NHTCUが公開した「NOP Survey 2005 - The Impact of Hi-Tech Crime on UK Business」

サイバネティックス
神学におけるクローン技術
Das digitale Evangelium
ウェアラブル・コンピュータ
バイオ・コンピュータ
Norbert Wiener and Cybernetic Anxiety-1
人工知能
認知科学
サイバースペース
セル・オートマトン型人工脳
インテリジェント・ブロックトイ
ROBOTRONIKA
the Robot World Cup
Idea.lab!
3001年のコンピュータ「HAL」
FES(Fanction ElectoroStimulation)
デジタル映画
米国映画芸術科学アカデミーの新規約
Land Warrior計画
利己的な遺伝子
mc hawkingの「天地創造のくそったれ!」
Palm Pilot Robot
認知発達
認知機能の脳内メカニズム
echarpe communicante
ビジョン・パッド・アイデンティファイア
Aaron
スーツ型コンピュータ
バーチャル・ブレイン・ヘッド
ES細胞
特定交通情報提供事業
ハプティックス
BUI(Bio-adaptive User Interface)
Robo-roach
WatchPad
SlugBot
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
ペタ・コンピューティング
bodynet
MEG(Magneto Encephalo Graphy)
MSR(Magnetically Shielded Room)
RMA(Revolution of Military Affairs)
デザイナーベビー
VeriChip
ファッションと服装の歴史
組織培養と芸術
スーパーコンピュータ
Thermo Life
先進医工学センター
2002年12月26日、世界初のクローン・ベービー
鉄腕アトムのロボット法
軍事IT
CNA(Computer Network Attack)
Stratcom(U.S. Strategic Command)
CATCH(Computer and Technology Crime Hi-Tech Response Team)
NHTCU(National Hi-Tech Crime Unit)
Infanoid
戦争が生み出す新しいマッド・サイエンティスト
ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所
Web-Weave
Asymmetric Warfare
Def Tech
CSAIL(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory)
宗教とメディアとコンピュータとインターネット
昆虫サイボーグ