酒を販売する自動販売機の年齢チェック


未成年の健康阻害や非行対策として、全国小売酒販組合中央会が、酒類の自動販売機の自主撤廃を2000年5月をめどに進めているが、実際に全国の酒類の自動販売機約13万台での販売数をゼロにすることは、酒類を販売する小売店や製造元にとって、大変な損益になることから、従来型の自販機の製造は中止し、自販機メーカーが考え出した、運転免許証や酒屋が発行するIDカードで年齢を確認して酒を販売できるようにした自動販売機が登場しました。

>> さらに詳細な情報はこちら