山岳遭難者探索用ビーコン・システム

Abvalanche Beacon

雪崩ビーコン>>雪崩捜索用ビーコン

雪崩や滑落、孤立などの山岳遭難で、登山者が所持していれば電波を発信し、捜索のための居場所を知らせる機器の総称。とくに雪崩などに遭遇し、雪に埋もれた遭難者を捜索するときに活躍する。詳細情報はURL(http://www.sakaiya.com/goods/compas/beacon.html)で知ることができる。北アルプスの警備にあたる富山県警は独自に1988年から、発信専用ビーコンを活用した500円硬貨大で、周波数は53MHzの「山岳遭難者探索用システム」を導入し、冬山登山者に無料でペンダント式の発信機を貸し出している。ただし、この、発信専用ビーコンは半径50m程度で、電波が発信される時間間隔も長いため、場所の特定に時間がかかるなどの課題があったことから、金沢市の総務省北陸総合通信局や富山県警などが協力して「山岳遭難者探索用ビーコンシステムの高度化に関する検討会」を作り、高性能ビーコンの開発を進めている。