サーチ・エンジン/2004年1月1日-2006年12月31日

search engine


サーチ・エンジンのシェアで、Googleだけが急激に伸び、2005年末ではGoogleだけがシェアを伸ばし、48.8%という高いシェアを記録し、2位のYahoo!はで0.3ポイント減少、3位のMSNも3.1ポイント減称しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


Nielsen//NetRatingsが2004年2月23日に公開した米国のサーチ・エンジン・シェア
WebSideStoryが2004年3月29日に公開したリリース
Application of the DMCA Safe Harbor Provisions to Search Engines
「Quantity versus quality?」
「The Subtle Side of Retrieval」
「Text and XML querying - Is There a Common Ground?」
「Product Intro: A Holistic Approach to Search」
「Information Retrieval: A Single Point of Access」
「Double the Value of Search Using User Behaviour」
「Social Software and New Search」
「Human Intervention in the Search Process」
「Learning to Harvest Information for the Semantic Web」
「Formalising the Concept of Serendipity in Web Searching」
「Turbo10: The Mechanics of a Deep Net Metasearch Engine」
「A Relevance Model for Web Image Search」
「Access to Archives of Digital Video Information」
「Organising personal pictures with content analysis technology」
Net Imperativeが2004年6月に公開したサーチ・エンジンレポート
MSN-Harris Interactive Survey Asks: What Is America Searching For?---Internet Users Polled on Their Search Engine Habits
「Challenges in Running a Commercial Search Engine」のプレゼンテーション資料
PIPが2004年8月12日に公開した米国のインターネット・ユーザーとサーチ・エンジンのレポート
「Thomson Gale PowerSearch」の解説
Singingfishの巻頭ページ
18歳だったNathan Enns
FyberSearch
百度公司が2005年8月5日に公開したリリース
百度公司が2005年8月5日に公開したNASDAQ公開記念アイコン
百度公司が2005年8月5日に公開したStock Quote
百度公司が2005年8月5日に公開したF-1 Registration statement
Pew Internet & American Lifeのサーチ・エンジン2005年11月レポート
KeyNote Systemsが2006年1月18日に公開した、中国の検索エンジン市場の調査結果
Nielsen//NetRatingsが2006年2月9日に公開したサーチ・エンジンの1年間の伸び
共和党Christopher Smith議員が2006年2月15日に公開したリリース
オプトが2006年4月25日に公開した検索エンジン利用状況実態調査結果
Nielsen//NetRatingsは2006年4月24日に公開した米国のサーチ・エンジン・シェア
Center for Media Researchが2006年5月7日に公開したGoogleとYahooの広告付き検索エンジンの比較
McAfeeが2006年5月12日に公開したSiteAdvisorのサイト安全評価比較レポート
Nielsen//NetRatings社が2006年8月21日に公開した「July U.S. Search Share Rankings」