サイバー核攻撃


チェコ共和国のハッカーが、名勝地(ビューティ・スポット)に設置されたライブカメラをクラックし、「核攻撃される」映像を挿入して、ライブで公開したことで知られるようになった事件。イギリスのIT PROは、ウェブカメラをクラックし、核爆発の映像を挿入したサイバー核攻撃!を実施したと報告した。この事件が起こったのは日曜日の朝で、チェコのテレビ番組Panoramaで起った。 ハッカーは定期的なウェブカメラ・トランスミッションを中断させ、下請け業者によって操作されているシステムに不正侵入し、核爆発のビデオ「場面」で中断させた。
これを行ったのは、「Ztohoven」として知られているアート・グループで、大規模な数のユーザーがサイトにアクセスし、それらのウェブサイトをオフラインにした。この画面を見た視聴者は、すぐに放送局に「巨大なキノコ雲が写っている」と連絡し、この事件の犯人達はテロリストではなく、また政治団体でもないと伝えるために、MySpaceページで声明をリリースした。リリースによれば、彼らの目標は「社会をどう怯えさせるか、また私たちが毎日の生活の中で、全ての世界でメディアを原文のままで読んでいること操るためではありませんでした。」と書いている。声明で、「私たちは、それがシステムのわずかな違反であると思って、ゆれている男の道として働くことができました。男性の精神的な独立は民主的に決して影響されるべきではありません。」と書いている。
安全保障の専門家は、このタイプのハッキングがインターネットに対して情報を伝えるとき、高いレベルの危険人物であることを示すと言っている。ただし、政治的背景のないアート活動とすれば、凄いポップ・アートともいえる。詳細情報はURL(http://www.itpro.co.uk/news/116014/czech-republic-nuked-by-hackers.html)で知ることができる。そのビデオはYouTubeで公開されている。詳細情報はURL(http://www.youtube.com/watch?v=MzaN2x8qXcM)で知ることができる。
Fox Newsは2007年12月24日に、Jerusalem Postからの情報として、緊迫状況にあるイスラエルとイランの関係から、米国のワシントンにあるシンクタンクがCSIS(Center for Strategic and International Studies)が、もしイスラエルがイランに向けて核攻撃をした場合の概算として、1600万〜2000万のイラン人が死亡すると言うレポートを発表したと報告した。
そのレポートによれば、その戦いは3週間続き、洗練されて強力な核兵器を持つイスラエルが勝利し、イランが全滅すると予測している。
このレポートでは、核爆弾による死者数は予測していない。
イスラエルのイラン攻撃は、テヘランとタブリーズを含んだ地域で、イスラエルは多くの攻撃をかわすが、弱点としてイスラエルのArrowミサイル防衛システムを示し、生物化学兵器攻撃でイスラエルのテルアビブとハイファなどが攻撃され、最大80万人のイスラエル人が殺されると分析している。
しかし、イスラエルが核兵器保有量で応じるなら、シリアは1800万人の市民の死と格闘すると報告している。詳細情報はURL(http://www.foxnews.com/story/0,2933,318165,00.html)または、URL(http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1196847416688&pagename=JPost%2FJPArticle%2FShowFulll)または、URL(http://www.jaysnet.com/666nuke.html)で知ることができる。