首相直轄のバーチャル・エージェンシー


世界の社会情勢の変化がスピード化し、これまでのような省庁独立体制では解決できない事項が増えたことから、ソニーが事業本部制を廃止し、独立性の高いカンパニー制を導入後、横断的な仮想組織(バーチャル・カンパニー)制を採用したことにヒントを得て、小渕恵三総理大臣(当時)が、1998年秋の臨時国会で設置を表明し、1998年12月から政府が省庁横断的な取り組みが欠かせないプロジェクトとして発足した、首相直轄のタスクフォースの名称。バーチャル・エージェンシー作業チームは1999年12月13日に、2005年前後を目標年に、自動車保有に関する検査・登録などの行政手続きを1カ所で済ます0SS(ワンストップサービス/One Stop Service)や、2005年度までにインターネットを利用した電子入札制度を導入する公共事業を除く政府の調達業務と行政事務のペーパーレス化(電子化)、2005年を目標年に、公立小中高校の全教室からインターネットにアクセスでき、全教員が1人1台のコンピュータを利用できるようにする教育の情報化の実現をめざした最終報告を、小渕恵三総理大臣(当時)に提出した。


霞ケ関WAN
総務庁の行政情報化推進基本計画
電子政府
著作権
版権ビジネス
初等中等情報教育の調査協力者会議
万国著作権条約
中央省庁人事情報
米国の電子情報公開法
Mesta
セキュア・アーカイバ
DMA(Document Management Alliance)
パソコン関連の著作権事件年表
インターネット参議院本会議生中継実験
データベース保護法案
FOIA
入札公募の電子申請システム
Corbis
電気通信回線による登記情報の提供に関する法律
日本教育工学振興会
普通科高校の情報教科書
文部省の学校のインターネット接続計画
学校ネットワーク環境整備推進会議
コンピュータを使う先生のコンテスト
Integrated Electronic Government Solutions
インターネット国会
ゴア副大統領(当時)の「E政府指令」と「E社会指令」
三重県教育ネットワーク
三重デジタルコミュニティズ研究ネットワーク
U2
チャパス統治者Pablo Salazarへのインタビュー
バーチャルタレント・オーディション2001
電子自治体推進協議会
教育の情報化
教育の情報化(本文)-1
教育の情報化(本文)-2
教育の情報化(本文)-3
教育の情報化(本文)-4
CCセンター
GPKI
CRYPTREC
ラナム法
e-learning
パソコンを持たない人に対する電子政府情報
電子私書箱
GOVNET
電子州政府サーベイ
PaperlessPOBox
CAGW(Citizens Against Government Waste)
Creative Commons
行政手続オンライン化関連3法案
LGWAN(Local Government Wide Area Network)
大韓民国電子政府
e-Europe
自由利用マーク
EYEマーク
eEuropa 2002
eEuropa 2005
eESC(eEurope Smartcards)
Virtual Concept