循環型社会


ものを作り、時が来たらそれを捨てるという社会ではなく、地球は有限であり人類の活動が地球規模で影響を及ぼすことが認識されるようになってきていることから、21世紀は「環境の世紀」と言われ、従来の社会経済システムとは異なって、環境への付加が少ない事業活動や生活を行う新しいシステムを構築することが求められるようになり、リサイクルすることによって天然資源の消費を抑制し、環境への負荷をできる限り低減し、自然界の財産を合理的に活用する社会の総称。全産業廃棄物発生量の約25%を占めている建設廃棄物の再利用率向上が求められるようになっている。詳細情報はURL(http://home.inet-osaka.or.jp/~oeisei99/bk/40-49k.html#45-4-1)で知ることができる。また最近では、鶏、豚、牛、のフンや生ゴミなどの廃棄物を自然界の昆虫や細菌などの能力を活用して肥料にするInsect Biotechnologyなども注目されるようになってきている。例えば宮崎県のFIELD JAPANがロシア宇宙開発研究の一環として研究されてきた特殊化されたイエバエの幼虫にを活用した循環型農園技術などが注目されるようになってきている。ENS(Environment News Service) World Newsは2002年10月22日に、「National Audubon Society」が、米国に古くからいる在来種の鳥生態調査を実施し、その生態バランスの変化から危険信号を発表したと報告した。詳細情報はURL(http://ens-news.com/ens/oct2002/2002-10-22-07.asp)または、「Audubon's WatchList」のURL(http://www.audubon.org/bird/watchlist)で知ることができる。ENS World Newsは2004年11月23日に、オーストラリアの研究者、環境機関、全国産業協会などが、過去の開発で廃棄された有害物質の排除と清掃を訴えて、オーストラリア産業、と安全で健康な環境の生成を開発するための構想を求めて調査した結果、有害物質が廃棄された地域は10万カ所に上ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/index.asp)で知ることができる。外務省は2005年5月10日に、地球規模問題に関する意識調査を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/i_chosa.html)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2005年12月9日に、WHO(the World Health Organization)が「Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis」を公開し、地球の地球生態系で生命を維持するために提供する淡水、清浄な空気、たくさんの野生生物、および比較的安定した気候は 60%に低下しているとレポートしていると報告した。WHOのディレクターDr. Lee Jong-wookは「過去50年間、人間は人間の歴史のどんな匹敵する期間よりもさらに急速に手広く自然生態系を変えている。(ver the past 50 years, humans have changed natural ecosystems more rapidly and extensively than in any comparable period in human history)」と報告している。また、レポート制作に参加したインドのPurdue Universityのthe Department of Agricultural and Biological Engineering助教授Dr. Carlos Corvalanは、科学者が人間の健康への生態系退行の有害な結果が既に感じられていて、次の50年間でさらに悪くなるかもしれないと警告している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/dec2005/2005-12-09-02.asp)または、URL(http://www.who.int/globalchange/ecosystems/ecosystems05/en/)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年1月23日に、国連によって任命された世界の19の国からの約1,360人の科学者と専門家により、4年以上の研究成果として、「Millennium Ecosystem Assessment(ミレニアム生態系査定)」の「Living Beyond Our Means」が公開され、世界の生態系の最初の主要なグローバル査定は、人間がどう地球の人生を可能にする生態系を誤用するかに関する厳格な警告の中に人類の楽観的な見解を提供したと報告した。ウィスコンシン大学(University of Wisconsin)の湖沼学(limnology)の教授で研究者、「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」巻頭コメントの著者Steve Carpenterは、「安定したグローバルな衰退に似ているものにもかかわらず、これは希望の話です。私たちには、必要とするツールがあり、政治意志があるなら、私たちには、世界的規模でそれらを実行する能力がある。(Despite what looks like steady global decline, this is a story of hope, We have the tools we need. If we have the political will, we have the ability to implement them on a global scale.)」と解説している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jan2006/2006-01-23-10.asp)で知ることができる。「Millennium Ecosystem Assessment」はURL(http://www.millenniumassessment.org/en/index.aspx)にある。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年10月24日に、WWFとthe Global Footprint Networkが新しいレポート「Living Planet Report 2006」を発表し、地球の自然循環スピードより人類は多くを要求するようになり、その要求は1961年から3倍になったと報告した。「Living Planet Report 2006」によれば人類の要求は2050年までに地球の自然循環スピードの2倍になると予測している。つまり、まったく新しい考えを人類が選ばなければ、人類は地球に対して借金まみれになり、返却不能で自滅することになる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/oct2006/2006-10-24-01.asp)で、また「Living Planet Report 2006」は、URL(http://www.panda.org/news_facts/publications/key_publications/living_planet_report/index.cfm)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年11月13日に、現在のところ、米国ではエネルギー供給の6%が再生エネルギーを利用しているが、RAND社が2006年11月13 日にEnergy Future Coalitionの依頼で調査した結果として発表した新しいレポートによれば、2025年までに合衆国で25%の電気や自動車を再生可能資源燃料に置き換えることが可能になるかもしれないと報告した。これはRAND社がコンピュータモデルを使用して、総国家のエネルギーの消費を計算したところ、電気と自動車陸上輸送のための再生可能エネルギー目標が2025年までに25%になると算出し、これは大気汚染物質と二酸化炭素の放出で影響力があると評価している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/nov2006/2006-11-13-05.asp)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年11月30日に、The Center for American Progressとthe Center for Progressive Reformが公開した大気汚染レポート「Paper Tigers and Killer Air: How Weak Enforcement Leaves Communities Vulnerable to Smog.(張り子の虎と殺人者:弱い実施はどう共同体をスモッグに傷つきやすい状態にしているか)」を紹介し、あまりに多くの大気汚染者、あまりにわずかな検査官について報告し、米国の大気汚染ワースト・トップ10の州を発表した。ニュージャージー州では、あらゆる地域がオゾン汚染の連邦規格、スモッグの主要な成分を満たしていない。カリフォルニア州では、94%の地域で規格を満たしていない。ペンシルバニア州では、居住者の8%がオゾン汚染の連邦規格を満たさない地域で生活している。ニューヨーカー州では、85%が危険なレベルのスモッグを吸い込んでいる。the Center for Progressive Reformのメンバーで、メリーランド大学の法学部教授(a law professor at the University of Maryland)Rena Steinzorは、「オゾン汚染のことになると、巡査は逃げ出す。励行されない法は尊敬されません。」といっている。大気汚染ワースト・トップ10(In 10 of America's most populous states)
California(カリフォルニア州)
Georgia(ジョージア州)
Illinois(イリノイ州)
Michigan(ミシガン州)
New Jersey(ニュージャージー州)
New York(ニューヨーク州)
North Carolina(ノースカロライナ州)
Ohio(オハイオ州)
Pennsylvania(ペンシルバニア州)
Texas(テキサス州)
オゾン汚染を放つ場所が15万8000以上あるのに、検査官は1,100人未満で、一人で平均は145の認可工場を点検するのに責任がある。テキサス州では、検査官一人あたり352の認可工場を点検する責任があり、カリフォルニアでは、検査官一人あたり166の認可工場を点検する責任がある。にもかかわらず、ブッシュ大統領(President Bush)は2007の予算US$1億7270万の中にある当座予算からUS$1560万の削減をを求めている。大気汚染は、呼吸困難、心臓病、肺病、癌の悪化、および死に直結することが明らかになっている。これは、米国民に対するブッシュ大統領の殺人テロ行為といえる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/nov2006/2006-11-30-04.asp)または、URL(http://www.americanprogress.org/issues/2006/11/paper_tigers.html)で知ることができる。


資源有効利用促進法
Insect Biotechnology
Kyoto Protocol
地球科学関連のURL
恐竜関連ホームページ
動物関連ホームページ
鳥関連ホームページ
昆虫関連ホームページ
海や川などの生物関連ホームページ
その他の生物関連ホームページ
農業、漁業、畜産、園芸に関連のURL
アース・クラブ
グリーンネットワーク
電子農場
OCTS
リモート・センシング
マルチメディアと地球環境
地球シミュレータ計画
サイバーフォレスト
グリーンピース
インターネットによる気象衛星画像の入手
クリマアトラス
高分解能衛星リモート・センシング研究会
連合大学院構想
テレ・ガーデン
インターネット
テレ・マイクロスコープ
分身ロボット
電子農場
電直農業
シマンテック・モバイル・アップデート
InterPot
SRL(Survival Research Laboratories)
バボット
知的車椅子
完全自律搬送車
進化するエビ型歩行ロボット
MiMIC
Khepera
EMRoS
早稲田大学ヒューマノイドプロジェクト
ロボット関連のURL
インターネット・ロボット関連のURL
自然環境フォーラム an online NGO
@nifty
電子通販
FOL(Fish On Line)
SlugBot
地球温暖化問題
地球温暖化問題/2004年
地球温暖化問題/2005年
地球温暖化問題/2006年
地球温暖化問題/2007年
地球温暖化問題に関するURL
GEF(Global Environment Facility)
IFAD(International Fund for Agricultural Development)
エントロピー
情報エントロピー
ハイペリオン
SB(Senate Bill) 20
PL法
拡大生産者責任
UNEP(United Nations Environment Programme)
「e-むらづくり計画」
3R(Reduce, Reuse, Recycle)
リデュース・リユース・リサイクル推進月間
NueROMA
モンキー・ツール
ESMF(Earth System Modeling Facility)
エコ・エコノミー
100万人のキャンドルナイト
CCSM(Community Climate System Model)
メディアと衛星画像
GLOBCOVER project
炭素万博 2005
CCB Standards
CloudSat
エコロジカル・フットプリント
気候変動に対応するための長期的協力の行動に関する対話
ロハス
地球再生能力を超え、地球が枯渇して人類は自滅!
好適環境水
Robot Hall of Fame