女性のためのURL


女性向けサイトが活発で、ショッピングでも女性の目から見たサイトは人気が高いことから、あえて女性関連のサイトをまとめてみた。
1943年10月28日にはロンドンの裁判所(Court of Appeal in London)が、主婦が家事から節約するへそくりは夫の所有物であると裁決し、そして時代は大きく変化し、女性の権利が認められるように変化している。日経ネットビジネスが実施した第9回インターネット・アクティブ・ユーザー調査速報(有効回答数1万7074、調査期間は1999年11月18日から12月2日まで)によれば、1999年10月以降にインターネットを利用し始めた新規ユーザーの48.4%が女性であった。1993年4月 1994年3月のユーザーは「仕事で電子メール交換の必要が生まれたから」という回答が44.1%で第1位だが、1999年10月以降では1位に「趣味や娯楽に役立つWebページや電子メール配信サービスがあるから」という回答が35.6%を占め、インターネットの利用目的の変化をデータ的に立証している。また、古来からの風習も日本には多く残っている。
例えば、女性の守り神として知られる京都市下京区河原町通五条下ルの市比売(いちひめ)神社では毎年1月30日に、「女人厄除(やくよけ)まつり」があり、厄年を迎えた女性と家族が、それぞれの健康と家庭円満を願って、参拝が続いている。このようなサイバー市比売(いちひめ)神社も登場することだろう。もし、掲載を拒否される方、またはURLが変更された方は、電子メールでjiten@jiten.comにご連絡ください。
Reutersは2001年5月のNeilsen/NetRatings調査から、MSNBCで女性のインターネット利用者をリサーチした結果を国別にパーセンテージで2001年7月5日に発表した。Jupiter MMXIが2002年3月21日に、ヨーロッパの女性とWebについて2001年2月から2002年2月まで調査した結果を報告した。詳細情報はURL(http://uk.jupitermmxi.com/xp/uk/press/releases/pr_032102.xml)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office)は2002年4月19日に、男女雇用の調査レポート「Sexual Orientation-Based Employment Discrimination:State and Federal Status. GAO-02-665R, April 19」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-02-665R)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office)は2002年7月9日に、性的労働格差に関する調査報告書「Sexual Orientation-Based Employment Discrimination: States' Experience with Statutory Prohibitions. GAO-02-878R, July 9」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-02-878R)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2002年12月4日に、米国における虐待に関するアニュアル・レポー ト「Cooperative Threat Reduction Program Annual Report. GAO-03-341R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-341R)で知ることができる。米国の業界団体ITAA(Information Technology Association of America)は2003年5月5日に、3月27日から4月14日にかけて調査されたIT業界における女性とマイノリティに関する調査報告書「New ITAA Data Show Decline in Women, Minorities in High Tech Workforce」も発表した。詳細情報はURL(http://www.itaa.org/news/pr/PressRelease.cfm?ReleaseID=398276642)で知ることができる。
米国のGAOは2003年5月23日にヒューマニティとしての女性保護に関する「 Humanitarian Assistance: Protecting Refugee Women and Girls Remains a Significant Challenge. GAO-03-663」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-663)で知ることができる。外務省は2003年6月13日に。「児童の権利に関する条約第43条2の改正」および「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約第20条1の改正」の受諾書の寄託について情報を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/15/rls_0612b.html)で知ることができる。
AlterNetは2003年7月18日に、多くは「道徳」という政治的正義に無視され続けてきたSEX産業で働く女性の市民権について、Kari Lydersenが書いたコラム「SEX WORKERS AND CIVIL RIGHTS」を公開した。詳細情報はURL(http://www.alternet.org/story.html?StoryID=16406)で知ることができる。2000年の米国国勢調査から調べた英語能力調査結果として、Hyon Bが2003年10月に「Language Use and English-Speaking Ability: 2000」を公開した。詳細情報はURL(http://www.census.gov/prod/2003pubs/c2kbr-29.pdf)で知ることができる。
外務省は2003ネン0月31日に、安全保障理事会決議1325「女性、平和、安全」に関する公開会合における小澤大使ステートメント(仮訳)を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/15/un_1029b.html)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年11月20日に、男女雇用と労働の差に関するレポート「Women's Earnings: Work Patterns Partially Explain Differences Between Men's and Women's Earnings. GAO-04-35」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-35)で知ることができる。
I Want Mediaは2004年4月28日に、YahooとStarcom MediaVestがスポンサーになって調査した結果、女性の65%はまだオールド・メディアのカタログを利用しているが、働く女性の多くがインターネット・マーケットで購入する機会が多くなっていると報告した。詳細情報はURL(http://www.technologymarketing.com/mc/news/article_display.jsp?vnu_content_id=1000499244)で知ることができる。
ニュース・メディアにおける女性の役割を主張しているIWMF(International Women's Media Foundation/国際女性のメディア財団)がアルジェリアのSalima Tlemcani、ナミビアのGwen Lister、パラグアイのMabel Rehnfeldtを004年のジャーナリズム賞(Journalism Awards for 2004)に選出したと報告した。選出された地域はいずれも紛争が激しい地域であり、戦場で活躍する女性ジャーナリストであった。詳細情報はURL(http://iwmf.org/press/8304)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年9月23日に、低所得者とマイノリティの施設や教育に関する援助のレポート「Low-Income and Minority Serving Institutions: Department of Education Could Improve Its Monitoring and Assistance. GAO-04-961」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-961)で知ることができる。
米国のCommission on Professionals in Science and Technology(科学と技術専門家委員会)は2004年10月13日に、女性とコンピュータ関連の仕事に就いて調査した結果、1983年が30.5%であったのに対し、20年後の2002年には27.2%に減少していると報告した。詳細情報はURL(http://www.cpst.org/STEM/STEM2_Press.doc)で知ることができる。レポートはURL(http://www.cpst.org/STEM_Report.cfm)にある。
NSF(National Science Foundation全米科学財団)は2004年10月19日に、コロラド大学ボールダー校(University of Colorado at Boulder)とアニタ・ボルグ女性研究所(Anita Borg Institute for Women and Technology)が率いる大学、産業界、政府、非営利団体で組織されたNCWITNational Center for Women and Information Technology(全米女性情報技術センター)のコラボレーション技術を確立するためにUS$325万を与えられ、これは今まで、NSFのCISE (Computer and Information Science and Engineering/コンピュータと情報科学、エンジニアリング)によって作られた4年間で最大の教育および労働力賞となり、学究生活および産業の両分野で、情報技術の経歴で女性と男性による等しい参加を促進することが期待されている。詳細情報はURL(http://www.nsf.gov/od/lpa/newsroom/pr.cfm?ni=15100000000128)で知ることができる。
米国のEPF(Employment Policy Foundation)が21世紀の働く女性ガイドブックとして「Handbook on 21st Century Working Women」をPDFで公開した。詳細情報はURL(http://www.epf.org/pubs/monographs/2005/handbook/downloads.asp)で知ることができる。
米国のU.S. DoL(Department of Labor/米国労働省)のBureau of Labor Statistics(労働統計局)は2005年5月に「Women in the Labor Force: A Databook」を公開した。詳細情報はURL(http://www.bls.gov/cps/wlf-databook2005.htm)または、88ページ(517K)のPDFがあるURL(http://www.bls.gov/cps/wlf-databook-2005.pdf)で知ることができる。
イギリスのBBCはBBC Radio4で2005年7月から、健康、政治、および料理などを盛り込んだ女性専門番組「Woman's Hour」を開始した。詳細情報はURL(http://www.bbc.co.uk/radio4/womanshour/)で知ることができる。
Broadcasting & Cableは2005年10月13日に、the Writers Guild of America Westの調査結果から、2004年のテレビ業界で女性が働いている率は27%になったが、テレビ作家として女性が働いているのは、たった10%であったと報告した。さらに米国の女性人口率は%、少数民族率は30%であるにも係わらず、年間収入では男性より女性がUS$12,000少なく、米国一般男性と少数民族では1998年がUS$8,500で、2004年にはUS$18,000の差に広がっていた。レポートでは、2004-2005の間で数回のショーが半分以上女性スタッフで制作され、例えばLifetimeのStrong Medicineは64%が女性スタッフ、UPNのEve62%が女性スタッフ、およびABCのGrey''s Anatomy56%が女性スタッフであったが、どこにも支障はなかったと報告している。詳細情報はURL(http://email.broadcastingcable.com/cgi-bin2/DM/y/ensQ0I46zt0Olt0Cbgg0Em)または、the Writers Guild of America WestのURL(http://www.wga.org/)で知ることができる。また、the Writers Guild of America Westでは、2005 Hollywood Writers ReportのURL(http://www.wga.org/pr/1005/hwr.html)、Veteran Writer Devery Freeman Passes AwayのURL(http://www.wga.org/pr/1005/pr101005.html)、TV Awards Submission Deadline Extended!のURL(http://www.wga.org/pr/0805/awards_entry.pdf)なども公開している。
Ms Magazineは2005年10月17日に、The White House Projectがメディア調査として日曜日のトークショーを分析したレポート「Who''s Talking Now」の結果から、国家の政治討論に参加した女性が少ない。2001年の調査ではたった11%であったが、2005年には14%に伸びているが、民主主義の市民として女性が過小評価され、不十分であると報告した。詳細情報はURL(http://www.msmagazine.com/news/uswirestory.asp?ID=9331)で知ることができる。The White House Projectの「Who''s Talking Now」はURL(http://shesource.org/whostalking2005.pdf)でダウンロードできる。
米国国勢調査局(U.S. Census)は2006年1月に職場への女性進出調査を公開し、この5年で女性オーナーが倍増したと「Just Released, Women-Owned Businesses Grew at Twice the National Average in 5 Year Period」を公開した。詳細情報はURL(http://www.census.gov/prod/ec02/sb0200cswmn.pdf)で知ることができる。
米国の労働省(U.S. Department of Labor)は2006年3月25日に「Women in the Labor Force in 2005(2005年の女性労働者人口)」を公開した。調査報告によれば、米国の16歳以上の1億1700万人の女性では、6900万(およそ60%)は労働力しているか、仕事を探している。これは総米国労働力人口の46%を包括して、2014年に女性の労働力人口が47%を占めると予測され、女性が2004年と2014年の間における総労働力人口の成長りつは51%を占めると予測されている。米国には6600万人の記録的な仕事をしている女性がいるが、その中で最も大きい割合は女性管理で38%を占めた。35%は販売員とオフィスで働いて、サービス業では20%、生産、輸送、および物理的な職業は6%、天然資源、構造、および維持職業が1%であった。人種別ではアジアの女性が44%、白人の女性が39%が管理、プロの、そして、関連する職業で働いていました。 黒人やスペイン系の女性は、販売とオフィス職業で33%であった。女男の両方の失業率は5.1%であった。しかし、女性の人種別失業率では、アジアの女性が3.9%、白人の女性が4.4%で、スペイン系の女性が6.9%、黒人の女性は9.5%大きな差が出ている。フルタイムの賃金で女性の週当たり所得はUS$585で、男性のUS$722と比較して男女格差は81%であった。ただし、16〜24歳の週当たり所得を比較するとき、若い女性は青年が得た93%のもの(それぞれUS$381とUS$409)を得ていた。詳細情報はURL(http://www.dol.gov/wb/factsheets/Qf-laborforce-05.htm)で知ることができる。
Center for Media Researchは2006年3月30日に、The EIAA Digital Women Report「a pan-European insight into women''s attitudes and interaction with the internet(インターネットに対する女性の態度と相互作用に関する汎ヨーロッパの洞察)」を紹介し、女性インターネット・ユーザーがオンラインに費やす時間が63%増加したのに対し、男性は54%の増加で、2005年までの3年間では男性より女性の方が、インターネット利用者時間の増加数値が多いことが判ったと報告した。このレポートはブログ、電子商取引、インスタントメッセージングを通してインターネットと対話しているとき女性の異なったメディアの使用がどう発展しているかを示し、今日の消費者が、より洗練されていて過酷であるので、インターネットに従事して、彼らの顧客が、より良い状態で相互作用する機会を広告主に提供し、より深い関係を築き上げる、と研究報告している。詳細情報はURL(http://www.mediapost.com/research/cfmr_briefArchive.cfm?s=41571)で知ることができる。
EIAA Digital Women Report「a pan-European insight into women''s attitudes and interaction with the internet(インターネットに対する女性の態度と相互作用に関する汎ヨーロッパの洞察)」はURL(http://www.eiaa.net/Ftp/casestudiesppt/Digital%20Women%20-%20Exec%20Summary%20-%20FINAL%2016.3.pdf)でダウンロードできる。
EC(European Commission)は2006年10月18日に、女性と科学に関するレポート「Women and Science---New Report, She Figures: Statistics and Indicators」を公開した。詳細情報はURL(http://ec.europa.eu/research/science-society/pdf/she_figures_2006_en.pdf)で知ることができる。
PaidContent.orgは2006年7月5日に、Cisco社がLinksys社、Scientific-Atlanta社、Kiss Technology社を買収したことから、現在デジタル・ホームに対する焦点の当て方の戦略を大きく変更してきていると報告した。Cisco社は、ホーム・ネットワーク戦略を実現させるために、コンテンツと著作権映画かゲームを保護するセキュリティ技術へのアクセスを必要としていると分析し、パートナーシップと投資で目標を達成することが良い方法と考えはじめている。KissネットワークでつながれたDVDプレーヤーに関するAkimbo社、DRMのためのWidevine社、TerraPlay社、IndiaGames社、Exent社、Emergent.Related社などを含んだ投資の第3ラウンドとして、US%1550万をCisco社、AT&T社、Blueprint Ventures社による新しい投資が始まると報告している。この投資は最初がUS$425万、第2が1200万と膨らみ、合計でUS$3275万になっている。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/akimbo-closes-155-million-third-round-cisco-att-blueprint-ventures-are-new-investors)で知ることができる。
IJNet(Internet Journalists Network)は、エディタ、ジャーナリスト、およびメディア専門家のために、東欧国の6カ国の活字メディアにおける、女性の表現に関する最近のレポートを公開したと報告した。このレポート「Stereotyping: Representations of Women in Print Media in South East Europe」はサラエボのMediacentarがアルバニア(Albania)、ボスニア・ヘルツェゴビナ(Bosnia and Herzegovina)、ブルガリア(Bulgaria)、クロアチア(Croatia)、マケドニア(Macedonia)、およびセルビア (Serbia)で行われた調査を分析してPDFで公開した。調査結果では、メディアと政治上の自由は大いに向上したが、性に関連しする視点はいまだに残っていたと結論を下している。詳細情報はURL(http://ijnet.org/Director.aspx?P=Article&ID=305891&LID=1)で知ることができる。調査レポートはURL(http://snipurl.com/17dnk)でダウンロードできる。
柳沢伯夫厚生労働相が2007年1月28日に、松江市で開かれた自民党県議の後援会の集会で、女性を「子どもを産む機械や装置」に例えた発言をしたことに対し、「子供が生まない女性」を人間として失格者のような発言として、大きな波紋を呼び、与野党の女性議員から反発する意見が噴出し、民主党の小沢一郎代表ら民主党、社民党、国民新党の野党3党首は2007年1月30日に、首相官邸で塩崎恭久官房長官に会い、柳沢伯夫厚生労働相の罷免を要求する安倍晋三首相あての申し入れ書を手渡した。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年6月14日に、女性と低スキル労働者のレポート「Women and Low-Skilled Workers: Other Countries' Policies and Practices That May Help These Workers Enter and Remain in the Labor Force. GAO-07-817」とKay E. Brownによる証言「Women and Low-Skilled Workers: Efforts in Other Countries to Help These Workers Enter and Remain in the Workforce, by Kay E. Brown, Acting Director, Education, Workforce, and Income Security Issues, before the Joint Economic Committee. GAO-07-989T」を公開した。
イギリスのIT PROは2007年6月14日に、女性にとってITの仕事は最初の段階がもっとも困難で厳しいと報告した。Training Campの調査レポートによると、ITセクターに就職しようとする女性にとって、最初のハードルは最も最初にやってくると報告し、女性のIT専門家がいったんその最初のハードルを乗り切ると、出世の階段を上げるのは男性と同じくらい難しくはないと報告している。女性のIT労働者100人の2/3は、最初を乗り切ることが出世の階段に登るより難しいと答えた。それと同時に、半分以上はキャリアパスに沿って他の産業より、IT産業ではやく上級職に昇進することができると感じていると答えている。APTソリューションのシステム管理者クレア・テイラー(Claire Taylor)は、「私が中にいったんはいると、昇進するのは、より簡単でした。」 「いったん私が手腕を立証することができて、私は簡単に昇進できました。」と答えている。詳細情報はURL(http://www.itpro.co.uk/news/115614/first-it-job-is-the-hardest-for-women-says-study.html)で知ることができる。
Arizona Republicは2007年7月6日に、アリゾナ大学(University of Arizona)が男女大学生400人近くを対象に、メール(Matthias Mehl)助教授らは、会話のすべてをデジタルに記録するレコーダーを開発し、6年間にわたり調査した結果、女性が発する単語の数は1日当たり平均1万6215語だったのに対し、男性は平均1万5669語で546語しか違いはなく「女性の方がおしゃべり」とは言えないと報告した。この調査は、テキサス大学オースチン校(University of Texas-Austin )、セントルイスのワシントン大学(Washington University in St. Louis)でも実施された。詳細情報はURL(http://www.azcentral.com/arizonarepublic/news/articles/0706talkers0706.html)または、URL(http://dingo.sbs.arizona.edu/~mehl/)で知ることができる。
Ms. Magazineのキム(L.S. Kim)がAlternetで2007年11月9日に、「Do We Still Need Feminist Media?」を公開し、これだけ女性が進出しているにもかかわらず、ニュース・ジャーナリズムのいくつかでは、今もフェミニスト・メディアは遅れ続けていると指摘した。35年前に、20世紀の米国における2番目のフェミニスト運動に乱入したとき、女性はニュース編集室、プレス・クラブ、編集局、放送するブースにもう少し閉め出さされるところであった。
日本はまだ、閉め出されっぱなしで、女性は女性向けだけのために壁で囲われたている。
女性は研究し、男性は平等を得た。 フェミニストはメディアに含まれて、変えると決心した。
彼らは主なニュースを打ち返し、修正したがっていた。
そして自身の報道を開始した。
今日では、女性があらゆる重要な新聞、ニュース雑誌、テレビ放送網、地方のテレビ、および放送局の作家、プロデューサー、アンカー、エディタ、出版社に進出している。
したがって、女性が主流派と統合したように思える時代で、私たちはまだフェミニスト・メディアを必要とするか?と問いてきた。
日本はまだ、女性専門雑誌、女性専門コラム、テレビ放送網、地方のテレビ、および放送局では、女性専門のプロデューサー、男性アンカーのアシスタントを務めている場合が多く見られる。
そうでない場合は、生意気な女性として扱われてきている。
大きな違いである。
多くのマスメディアは、弁解として凄く改善されてきているという。
しかし、改善を主張すること自体が、まだ進出を拒んでいる証拠ともいえる。
キムも、フェミニスト・メディアはニュースを見る性のレンズを提供することと同様に、内容の扇動者とフィーダーのままで残っていると指摘している。
多くの改善は、偏見の上で行われているだけで、それは、ニュースメディアにおける女性として、問題の普及率を得る際の手段になっていることが多い。
めったに女性が重大なイベント、傾向または方針の専門家として、まだコメントするように頼まれていないとも指摘している。
統計的にそのような女性のコメントは、米国でもまだ4分の1以下だと報告している。
ラジオでは、すべてのステーションの中で、女性は11%未満が番組を作っているだけである。
例えば雑誌「Radio Ink」の電話調査では、40番組の中で、4つの番組だけが女性であったと報告している。詳細情報はURL(http://www.alternet.org/stories/67388/)で知ることができる。
これも一種のメディアにおける「セクシャルハラスメント」である。
この記事の全文は、Ms. Magazineの35回目記念日で読むことができる。詳細情報はURL(http://www.msmagazine.com)で知ることができる。
AKI Newsは2007年11月29日に、Norouzニュース・エージェンシーからの情報として、イランの改革ではテレビで「女性」という言葉を使う場合は、「家族」という言葉に置き換えなくてはならなくなったと報告した。
日曜日に女性に対する暴力と差別を無くす国際記念日「International Day for the Elimination of Violence」では、テレビで「世界家族」という言葉を使用したと言っている。
この数週間で、イランの「Centre for the Participation of Women 」は、「Centre for Family Matters」に解明された。
元リフォーミスト(改革)の代表で、1997年から2005年までイランの大統領であったモハメド・ハタミ(Mohammad Khatami)によって、この考えが実施されたと報告している。詳細情報はURL(http://www.adnkronos.com/AKI/English/CultureAndMedia/?id=1.0.1613494695)で知ることができる。
2008年3月3日にCenter for Media Researchは、女性事業主の経済、社会的、政治上の影響を推進し、支援するためにデータ知識を提供しているCFWBR(Center for Women's Business Research)からの情報として、世界には女性事業主の企業が約1,040万社あり、販売会社の50%が女性に所有され、1,280万人以上を雇って、US$1兆9000億以上を売り上げていると報告した。
販売営業は、女性向き職業と言うことになってきた。
CFWBRによる全体像は、過去20年間で、女性によって所有されている大部分の会社は、すべての会社が42%対24%のレートで約2倍の成長をし続けている。
女性によって所有されている会社は、すべての個人会社の41%になった。
とくに米国で黒人や黄色の女性(women of color)によって50%以上が所有され、240万の会社があり、毎年160万人を雇って、販売でUS$2300億を発生させている。
1997年から2006年の間で、黒人や黄色の女性によって所有していた個人会社の数はすべての個人会社の51%以上で、120%対24%のレートで5倍のスピードで増えた。
1997年に営業していた企業で、アジア系女性が雇い主の会社は、すべての女性によって所有されている会社の最高生存率は、2000年に77%がビジネスで残っていた。
とくに米国ではアジア系女性が、優秀であったことが明らかになっている。
CFWBRによる概観では、83%の女性の事業主は個人的にビジネスのための技術を選択して、購入するのにかかわっていた。
61%の女性事業主は仕事と家庭の責任を統合する技術を採用し、44%は従業員にオフサイトを扱うか、またはフレキシブルな仕事スケジュールを可能にする技術を採用していた。
すべての会社の75%には従業員がいなかったが、そのうち女性によって所有されている会社の81%が従業員なしで、合計540万の会社であった。
1997年から2004年までの間で従業員なしの会社の総売上高は、すべての会社が42%の上昇であったのと比べて、女性によって所有されている会社は66%の上昇であった。
これは、女性が所有する会社は大規模企業ではなく、小型の企業であると言うことになる。
そしてCFWBRは、女性と男性の事業主には、異なった管理スタイルがある。
女性は、男性より事実集会と同様に関連を強調して、専門家、従業員、および仲間事業主と相談していた。
店で販売することを計画している女性の企業所有者は、買い手のアイデンティティ、個性、およびバックグラウンドに関し、男性対応者が72%対39%、ビジネスのための買い手プランが79%対52%、および現在の従業員のためのプランが86%対61%と、それらに非常に関係があった。
女性の事業主は、ほとんどのビジネスは娘か女性に渡すつもりである男性で、(37%対19%)と2倍であった。
小回りがきくビジネスと言うことでしょうか?
実に女性らしい気配りを必要とするビジネスを選択している。
女性は、現実的と言うことを立証している。詳細情報はURL(http://blogs.mediapost.com/research_brief/?p=1652#comments)または、URL(http://www.cfwbr.org/facts/index.php)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8970)で知ることができる。
The Nationは2008年3月7日に、UNESCOが2008年3月8日の「国際婦人デー(International Women's Day)」に、メディアで男女の平等を促進する地球規模キャンペーンを実施すると報告した。
キャンペーンは、ニュースメディアが当日編集責任を女性のジャーナリストに与えることを奨励する。
2008年のテーマは「Women's Untold Stories」で、ほとんどの国では、メディアで働いている女性の数が増加しているにもかかわらず、女性が描かれる方法は、多くを変えていないと指摘している。
UNESCO事務局長の松浦晃一は、仕事場であらゆる社会の議題の最先端で男女が平等を維持する必要性を強調し、ニュース事業で「Women Make」することを要求している。
そう言えば、まだまだ、先進国のマスメディアは白人の男社会という古い体質がある。詳細情報はURL(http://nationmultimedia.com/2008/03/06/national/national_30067307.php)または、URL(http://www.internationalwomensday.com/)または、URL(http://www.un.org/ecosocdev/geninfo/women/womday97.htm)で知ることができる。
BBCニュースは2008年3月4日に、南アフリカで、25歳のNwabisa Ngcukanaがミニスカートでタクシーに乗ろうとしたところ、運転手に不謹慎だとののしられ、街頭の呼び売り商人のグループによって攻撃された。
そこで何100人もの南アフリカ共和国の女性住民が、ミニスカートを着る権利「miniskirt protest」を訴え、攻撃されたヨハネスブルグのタクシー乗り場までデモ行進したと報告した。
彼女は、「悪霊に直面し、私が彼らを怖がらないこと奴らに示しにここに来ました。」と言った。
あるタクシー運転手は、ミニスカートを着ていた女性に侮辱を叫び掛けた。
あるものは、あまりに多くの権利を南アフリカ共和国の女性住民に与え過ぎたと叫んだ。
Noord通りタクシー・リーダーは、控えるようにドライバーに促した。
対抗グループを分けるために、騎乗警官は近くにいた。
行進の途中で、女性とタクシー運転手の両方が衣服を脱ぎ、恐ろしい場面も起こった。
女性の権利と世間体の上で引き起こされた巨大な女性の行列が続いた。
POWA(People Opposing Women Abuse)のNonhlanhla Mokeonaは「強調したいのは女性には、権利があるということです--何を着たらよいかを選ぶ権利があります。」と言った。
女性の権利を支持したことを示すために、抗議に参加するように男性に促した。
金曜日の行進の間、自分たちが無力であると考える人々のアフリカでの伝統的な形式の抗議として、何人かの女性は、胸を露出した。
また、デモ参加者で「売春婦」と呼ばれるいくつかのグループは、タクシー運転手の臀部を見せるために彼らのズボンを引き下げた。
当局は、ここ数週間にNgcukanaさんと他の女性を強襲したとされている人々を見つけるのを助けるようにタクシー運転手の協会に求めた。
世界には、不思議な伝統があり、抗議の方法がある。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7276654.stm)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9036)で知ることができる。
AlterNet Media Cultureは2008年4月4日に、MediaRightsのJulia Barryによる「Feminism 3.0: Women and Media(フェミニズム3.0: 女性とメディア)」を公開した。
Julia Barryは最初に、女性の映画制作者は、メディアで男女の平等を達成するために一緒に働く必要があると訴えている。
社会変動のために働いている女性は、掲示板の「解放」、全国のニュースかフェミニスト・ビデオ・アートにおける外観か否かに関係なく、一貫して、女性の声との戦いで、未来にもたらす強力な方法として、メディアにおいて見られた。
今日のモバイル、そして、共有可能なメディアへの拡大で、女性の映画制作者は大きい公衆にはっきりと話すことができる1大きい「独立プロテレビ・チャンネル」として、非常に認識されるのに必要なコマーシャル・フィルム産業でスキップして、数年間、フェスティバルとのかかわり合いで、インターネットを特に使用してきている。
独立メディアは、より多くが無料で、そして正直で、本物の方法で交信するために推定上利益値の現世を避けてきた。
しかし、女性は、独立プロの映画制作者/女性運動の活動家として、性差別を経験し、「f-単語」(通常、Na?フェミニストが卑劣な男性嫌いな人であるという仮定か、マリファナ常用者の上で叙述される)への反感と、そのような官僚の寒さは同僚と独立メディア・メーカーの中のコマーシャル・フィルム産業の中で判った。 そして最も動揺させたことは、これらの経験の大部分が他の女性と共に起こったということであったと言っている。
さらに、これまで多くの知識人が、フェミニズムと言うことで行ってきたことのも多くの問題があったと指摘している。
つまり、フェミニズムと言う言葉を使った、逆行的人種差別があった。
例えば、多くの人々がGoogle社の副社長が女性のSheryl Sandbergであり、フェミニズム問題は終わっている。
男女の平等に達した。
女性の権利について話しをすることによって、活動家が実際に女性が単に人間として扱われる機会を妨げていると信じていることを指摘している。
注:Sheryl Sandbergは2008年3月24日現在、FacebookのChief Operating Officerになるため、Googleで離任する予定になっている。
しかし、現状は女性が社会進出することは、鮫と一緒に泳ぐようなものだと言っている。
メディアにおける女性のJulia Barryの経験では、困難で、冷たくて、権力を握っている人は、利己的な振舞いで、採用するかもしれない存在の単に圧倒的な本来の男性ではなく、方法であると考えさせられたと言っている。
女性は、強力な雄の世界の習わしに、互いを競争と考えるのを止める必要があり、パワーに値するように完全でなければならないと感じることを止める必要がある。
さらに、総合的な望みと目標が同じであると認めることが必要であり、この事実に目をくらますアイデンティティーポリティックスでのもつれを止めることが必要であると指摘している。
フェミニズムはなぜ新しい「f-単語(f-word)?」であるか。
なぜ公共の「チックフリック(chick flicks)?」に影響するフィルムと呼ばないか。
そこには、女性が男世界で生きるという考え方自体にも、問題があり、女性が女性として団結し、女性の世界を完全に構築する必要性を訴えている。詳細情報はURL(http://www.alternet.org/mediaculture/81300/)または、URL(http://www.mediarights.org/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9327)で知ることができる。2007年11月13日に公開したJulia Barryのイメージ映像のURL(http://www.mediarights.org/news/2007/11/13/outreach_journal_in_her_image_producing_womanhood_in_america)または、
Watch the In Her Image TrailerのURL(http://juliabarry.com/inherimage/demo/InHerImageDemo.mov)がある。
Nwabisa Ngcukanaが襲われたとき、通行人は笑って、歓声を上げていたと伝えられている。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年7月17日に、不平等な性別貸し出し制限のレポート「Fair Lending: Race and Gender Data Are Limited for Nonmortgage Lending. GAO-08-698」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-698)で知ることができる。
また、金融市場の指導官Orice M. Williamsによる下院小委員会での証言「 Fair Lending: Race and Gender Data Are Limited for Nonmortgage Lending, by Orice M. Williams, director, financial markets and community investment, before the Subcommittee on Oversight and Investigations, House Committee on Financial Services. GAO-08-1023T」はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-1023T)にある。
MarketingChartsの2008年9月15日版最新レポート紹介で、The Parenting GroupとNewMediaMetricsによる「X世代とY世代のママのインターネットの使い方レポート」を紹介した。
X世代とY世代のママは、インターネットの使い方が異なっていたと報告した。
ツールを絶対に必要なもので持っているとき、X世代とY世代のママの両方が子育て情報を理解するためにインターネットを見るが、オンラインの行動と好みで重要な世代の違いがあった。
Y世代のママのためにインターネット共同体は、ブログなどのようなオンラインの他にママを接続するメディアに付けられ、ビデオ共有しているサイトに情報を得て、当てにするのを好み、彼らを助ける専門家よりむしろ同輩が親代わりとなる示した。
Y世代のメンバーであるママは、また、それら自身のコンテンツを作成するのに非常にかかわって、オンラインでテレビを見るのなど、タイム・シフト行動の優先を示した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/gen-x-and-gen-y-moms-use-internet-differently-6006/)または、URL(http://www.parenting.com/pdf/mommatters.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11001)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月8日に、Parenting Magazineによる「忙しい子育てお母さんが欲しいものレポート」を紹介し、学齢児童を持つの母は自分達が毎日直面している複雑な子育て問題に対処するのを助けるカスタム設計された子育て情報が欲しいが、69%は、子育て雑誌が彼らの子供に対応していないと言ったと報告した。
研究調査によって、母親の3分の2は、「瞬間」のときに彼女らの子供と共に生きることを好んで、現在、すぐに彼らに関連している情報と交戦するだけであったことが判った。
すべてのおかあさんが同じ基本的なプライオリティのいくつかを共有するが、大部分が各ライフ・ステージで日常生活に直面している問題に適合するようにカスタム設計されて、現実的な情報が欲しい。 また、彼らは学校関連の道具の話題など、もっと多くの必要性がある情報がであると述べた。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/print/busy-moms-say-parenting-pubs-out-of-touch-want-info-here-and-now-6330/)または、URL(http://www2.worldpub.net/images/parenting/pdf/MomMatters_Sept.pdf)または、URL(http://www.momconnection.com/)または、URL(http://www.parenting.com/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11243)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月17日に、Nielsenによる「パワー・ママ(Power Moms)・オンライン活躍レポート」を紹介し、25歳〜54歳の米国の母親が提供する子育て/家族、非食物家庭用品、および美/化粧品に関するアドバイスは、普通のWebユーザーの2倍であったと報告した。
これらの「パワーおかあさん」が頻繁にオンラインで意見を提供する他の話題は、衣服/ファッション、食物、飲料、家の叙勲/インテリア、健康、ダイエット、および運動を含んでいた。
Nielsen Onlineの調査ディレクターで、メディア分析法の調査担当重役のChuck Schillingは、「私たちは、彼女らが長い間、情報請求者と関係アーキテクチャーとして保持している役割を広げるのにメール、オンライン・フォーラム、およびソーシャル・ネットワーキングWebサイトのようなオンラインの本道を使用することで女性を見すことができます。」
「彼らは新技術を恐れていません。おかあさんは、Webがチップとサポートのために他の両親に接するのを特に当てにします。そして、このグループは平均よりブログをおよそ25%多く書きそうです。」と言っている。
昔から、「パワーおかあさん」の井戸端会議はもの凄いが、新技術を恐れていないと言うことで、さらにパワフルになっている。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/connection-seeking-power-moms-twice-as-likely-to-give-online-advice-6426/)または、URL(http://www.nielsen-netratings.com/pr/pr_081015.pdf)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月22日に、ニューヨークタイムズ(The New York Times)からの「マーケティング・マルチプリーズ(Marketing Multipliers)」と呼ばれる裕福な女性の買い物傾向レポートを紹介し、家庭用電化製品とファッションに他の裕福な女性の2倍費やして、増加する購買を追い立てるのにより多くのオンラインと、劇的にオフラインの口コミを使用していると報告した。
少なくとも年収US$100,000がある3,000人以上の女性の定性面接と調査に基づいて、大規模なソーシャル・ネットワークで、他の裕福な女性と、有力な「マーケティング・マルチプリーズ(Marketing Multipliers)」を区別する個性と特色の組み合わせを特定した。
ニューヨークタイムズ(The New York Times)による「SEX and the CITY」に登場する女性の行動レポートと言うことになる。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/affluent-women-dramatically-multiply-major-purchases-with-word-of-mouth-6484/)または、URL(http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=105317&p=irol-pressArticle&ID=1214001&highlight=)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月3日に、Allen & Gerritsen (a&g)によるホリデーの消費者動向予測「お母さんと経済レポート」を紹介し、アメリカ人のお母さんがどう現在の経済危機に対処するかに関する調査から、ほとんどのアメリカ人が持っている米国決定権の80%であるオンラインお母さんが支払能力以上の債務を負うよう奨励され、完全に、平均的なアメリカ人の58%は考えが貪欲過ぎる(too greedy)と報告した。
アメリカ人のお母さんは、家庭の経済を抑制する方法を探して、調査された3人のお母さんのうちの2人(65%)は、絶対に必要でない購買を削っているか、約半分(52%)を排除していたことが判ったと報告した。
まさに、アメリカ人のお母さんが財布の紐を確実に握っていたことが明らかにした。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/moms-scale-back-greedy-behavior-rein-in-finances-6633/)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/moms-rein-in-greed-era-of-financial-overextension-over/)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月18日に、Marketing to Moms Coalitionによる米国お母さんレポート「The State of the American Mom 2008」を紹介し、米国の母親の圧倒的多数(90%)は、ウォール街の崩壊以前から、40%が経済の弱さからストレスを感じ、33%が利益より現在の家庭生活について強調していたと報告している。
政治家や経済学者より、家庭で生活している現場の方が現実的に把握していた。
つまり、テレビのコメンテーターより家庭のお母さんの方が正確な情報を持っていた。
レポートによると、最近の財政危機が始まる前にお母さんの中で経済的圧力が加わり、米国の経済危機が激化して以来、より悪くなるだけであったと報告している。
調査結果の中では、ストレスを加えられることを認める母親の数が上昇し、特にフルタイムで、低い収入のある母親に顕著に表れ、離婚しているおかあさん(47%)にとって、ストレスも上昇中であると報告している。
政治家や経済学者より、子供を守るという母性本能の方が明確に経済状況を把握し、対策も理解していた。
これでは、G8などの会合に経済学者や政治家が頭を揃えて悩むより、お母さんに経済対策を検討させた方が無駄がないといえる。
テレビ局の屑コメンテーターは、最悪のコメントしか話せないのも当然かもしれない。
お金持ちのおぼっちゃま政治家や、大学で政府の資金援助と共に高額給料をもらっている経済学者では、何も解決できない。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/moms-more-stressed-out-worried-about-kids-6873/)または、URL(http://blog.marketingtomoms.com/2008/10/state-of-american-mom.html)または、URL(http://www.marketingtomomscoalition.org/doc/Summary_of_State_of_American_Mom_10.8_TD.pdf)で知ることができる。

●最も重要な情報、および伝達手段になっている国際婦人デー(International Women's Day)にインドで始まった女性向けソーシャル・ネットワーキング「Memsaab.com」のURL(http://memsaab.com/)
●米国の労働省(U.S. Department of Labor)は2006年3月25日に公開した「Women in the Labor Force in 2005(2005年の女性労働者人口)」で発表されたフルタイムの女性と給料トップ10
URL(http://www.dol.gov/wb/factsheets/Qf-laborforce-05.htm)
* Pharmacists, $1,483;
* Chief executives, $1,413;
* Lawyers, $1,354;
* Computer software engineers, $1,174;
* Physicians and surgeons, $1,134;
* Computer and information systems managers, $1,094;
* Medical and health services managers, $1,026;
* Computer programmers, $1,014;
* Physical therapists, $1,014; and
* Human resource managers, $998
●1848年に創設された女性団体「National Women's Hall of Fame」のURL(http://www.greatwomen.org)
●婦人参政権の創設メンバーであるエミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1857 - 1928)は、1857年7月14日に生まれた。活動に注意を向けるためにとった彼女の戦術は、何度か投獄されながら、時折ハンストを行った後に強制食餌を施されるのを我慢する彼女を通じて知られるようになった。彼女は第1次世界大戦の前に、女性が選挙権を持つ有名なキャンペーンを展開し、1918年に法律として通過させた。
彼女は、何度捕まっても辞めなかった!
女性の凄さで、警察もあきらめ、政府まで動いた!
そして、目的を達成した!
URL(http://www.spartacus.schoolnet.co.uk/WpankhurstE.htm)
URL(http://www.time.com/time/time100/heroes/profile/pankhurst01.html)
URL(http://www.bbc.co.uk/history/historic_figures/pankhurst_emmeline.shtml)
URL(http://www.learningcurve.gov.uk/britain1906to1918/g4/cs3/g4cs3s4a.htm)
●米国議会図書館(Library of Congress)が公開している状勢運動関連資料がある「Women of Protest: Photographs from the Records of the National Woman's Party」のURL(http://memory.loc.gov/ammem/collections/suffrage/nwp/)
●米国では長年に渡って女性が医者になることを拒否してきたが、ペンシルバニア女子医科大学(the Woman's Medical College of Pennsylvania)が1850年にできてから、世界中で働く女医が何1,000人も排出されたことから、その経緯をインターネット上で公開された「Women Physicians, 1850s-1970s」のURL(http://archives.drexelmed.edu/womanmd/)
●多くの女性に関する情報を公開しているIWPR()のURL(Research' target='_blank'>Institute for Women'S Policy
Research
)のURL(http://www.iwpr.org/)
●米国議会の女性議員1917-2005年の228人について、名前、委員会の課題、日付などの詳細を、絶えずアップデートしてPDFで公開しているURL(http://www.fas.org/sgp/crs/misc/RL30261.pdf)
●BLSがPDFで公開した女性労働力データブック「Women in the Labor Force: A Databook 」があるURL(http://www.bls.gov/cps/wlf-databook.pdf)
●ハーバード大学図書館と博物館(Harvard University Libraries and Museums)が立ち上げた、2000冊以上の本をデジタル化し、10000ページ以上の公文書、1000点以上の画像で構築する1870年 1930年の女性と労働プロジェクト「Harvard University Libraries Open Collections Program: Women Working 1870-1930」のURL(http://ocp.hul.harvard.edu/ww/)
●女性のためのハーバード大学とビジネス教育1937年〜1970年(Harvard and Business Education for Women, 1937-1970)のURL(http://www.library.hbs.edu/hc/daring/)
●CFIP(Carnegie Foundation for International Peace/カーネギー国際平和財団)が公開した中東の女性の人権に関する調査「Women's Rights and Democracy in the Arab World」があるURL(http://www.ceip.org/files/pdf/CarnegiePaper42.pdf)
●米国の女性の歴史に関する調査「American Women's History: A Research Guide」のURL(http://frank.mtsu.edu/~kmiddlet/history/women.html)
●Dove Companyがスポンサーになって提供している女性の美についての写真集「Beyond Compare: Women Photographers on Beauty [Macromedia Flash Reader]」のURL(http://www.dovebeyondcompare.ca/)
●「Women's History Resources」のURL(http://www.northnet.org/stlawrenceaauw/rights.htm)
●「Women in Sports」のURL(http://www.northnet.org/stlawrenceaauw/sports.htm)
●「Women's Sports Foundation」のURL(http://www.WomensSportsFoundation.org)
●Index to Women in Sports BiographiesのURL(http://www.hickoksports.com/biograph/biwindex.shtml)
●GSSF(Gender Sport and Society Forum)のURL(http://www.gssf.co.nr/)
●European Women & SportのURL(http://www.sportlive.at/)
●Gender Equity in College SportsのURL(http://chronicle.com/stats/genderequity/)
●Gender ForumのURL(http://www.genderforum.uni-koeln.de/)
●Japanese Association for Women and SportのURL(http://www.jws.or.jp/)
●「WWW Women's Sports Page Links」のURL(http://fiat.gslis.utexas.edu/~lewisa/womsprt.html)
●「WWWomen! Sports Page」のURL(http://www.wwwomen.com/category/sports1.html)
●「Women's Sports Foundation」のURL(http://www.lifetimetv.com/WoSport/)または、URL(http://www.lifetimetv.com/WoSport/stage/TOPISS/html/influentialach.html)
●「Women's Sports Foundation 17th Annual Salute to Women: Pass the Torch: 1996 Inductees」のURL(http://www.wwork.com/Top/move.htm#sports)
●古代女性とスポーツのURL(http://raw.rutgers.edu/womenandsports/)
●スポーツをする女性の年表「History of Women in Sports Timeline」のURL(http://www.northnet.org/stlawrenceaauw/timeline.htm)
●スポーツ・ウーマンの人名辞典「Biographies of Women in Sports」のURL(http://www.netsrq.com/~dbois/sports.html)
●女性ゴルファーの情報がある「Biographies of women golfers」のURL(http://www.golf.com/tour/lpga/players/bios/)
●1986年に創設された「WPVA(The Women's Professional Volleyball Association)」のURL(http://www.sportsline.com/u/wpva/players/photobios.htm)
●96年間の女性オリンピック選手情報がある「96 Years of Women in the Olympics」のURL(http://www.feminist.org/other/olympic/intro.html)
●オリンピックのメダリスト事典「International Association of Olympic Gold Medalists」のURL(http://www.medalists.com/)
●女性とバスケットボールの歴史「The History of Women's Basketball」のURL(http://www.wnba.com/basics/timeline.html)または、URL(http://www.wnba.com/playerindex.html)
●Linda Fordによる女性バスケットボール選手の歴史がある「Lady Hoopsters」のURL(http://home.sprynet.com/~iglunts/hoops.htm)
●女性とバスケットボールの歴史「History of Women's Basketball,」のURL(http://httpsrv.ocs.drexel.edu/admin/vaughnmv/)
●「Women's Basketball Hall of Fame」のURL(http://www.wbasketballhof.org/)
●「History of women's soccer Legendary Ladies of Baseball」のURL(http://members.aol.com/jonagrm/soccer/wosoc/women.htm)
●野球と女性に関する情報がある「Women in Baseball」のURL(http://www.totalbaseball.com/history/group/women/women.html)
●「Index of USA gymnastic athlete biographies」のURL(http://www.usa-gymnastics.org/athletes/bios/)
●Global Human Rights Education Associates「HREA.org)」のURL(http://www.hrea.org/erc/forums/index.html)
●女性と情報技術に関する本「Books About Women and Information Technology」の紹介があるURL(http://www.mnstate.edu/schwartz/womeninfotech.html)
●Canadian Mathematical Societyが公開している女性のための数学情報がある「Women in Mathematics: Resources and Other Useful Stuff」のURL(http://camel.math.ca/Women/)
●「The Center for Women and Information Technology(女性と情報技術センター)」のURL(http://www.umbc.edu/cwit/)
●2003年7月14日にフィラデルフィアでオープンしたNational Constitution Center(米国憲法センター)のURL(http://www.constitutioncenter.org/)
●ケンタッキー大学(University of Kentucky)のRoss Scaifeが編集した古代の女性と性生活について情報を提供している「Diotima: Women and Gender in the Ancient World」のURL(http://www.stoa.org/diotima/)
●1987年に始まった米国女性の歴史プロジェクト「National Women's History Project」のURL(http://www.nwhp.org/)
●コンピュータ業界で活躍した女性達を特集した「Computer Wonder Women」のURL(http://www.edu-cyberpg.com/Teachers/cwomen.html)
●現代の女性として「Women of Our Time」があるURL(http://www.npg.si.edu/cexh/woot/index.htm)
●少女向け教育サイト「Girl Power」のURL(http://www.girlpower.gov/)
●女性の民主化運動の情報がある「Living the Legacy: The Women's Rights Movement 1848 - 1998」のURL(http://www.legacy98.org/)
●「Women Watch」のURL(http://www.un.org/womenwatch/)
●外務省の「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」のURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/josi/)
●「内閣府男女共同参画局」のURL(http://www.gender.go.jp/)
●「JAIWR-国際女性の地位協会」のURL(http://www.jaiwr.org/)
●「世界女性会議」のURL(http://danjo.city.kashiwa.chiba.jp/gakushuu/gender_terms/terms/un-wcw.htm)
●「女性の地位向上」のURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/women/)
●The University of Wisconsin Centerが提供している女性の健康調査(Women's Health and Women's Health Research)のURL(http://www.womenshealth.wisc.edu/)
●1995年にできた女性虐待裁判所(US Department of Justice Office on Violence Against Women)のURL(http://www.ojp.usdoj.gov/vawo/)
●WEB上で女性に関する情報を提供している雑誌とニュース・レターがある「Magazines and Newsletters on the Web (Women-Focused)」のURL(http://www.library.wisc.edu/libraries/WomensStudies/mags.htm)
●ワシントン大学(University of Washington)にある女性民主主義センター(Center for Women & Democracy)のURL(http://depts.washington.edu/cwd/)
●NWLC(National Women's Law Center/米国国立婦人法センター)のURL(http://www.nwlc.org/)
●米国国立女性博物館NMWA(The National Museum of Women in the Arts)のURL(http://www.nmwa.org/)
●子供を持つお母さんのための図書館「The Library Lady」のURL(http://www.thelibrarylady.net/)
●NCWC(カナダ女性会議/National Council of Women of Canada)のURL(http://www.ncwc.ca/)
●カナダの女性コミュニティbcwomenのURL(http://electric-playground.com/suspended.page/)
●カナダのスポーツ女性チャンピオンの歴史情報がある「Women's History Month Celebrated in Canada」のURL(http://www.swc-cfc.gc.ca/whm/)
●Canadian women's equality resources online辞典「PICK OF THE WEEK」のURL(http://directory.womenspace.ca/pickoftheweek.html)
●FeminismのURL(http://feminism.eserver.org/)
●女性が挑戦できることについて、サポート情報を提供している「GirlsCanDo」のURL(http://www.girlscando.com/)
●少女達が動き出した企業活動を支援し、紹介する「Girls Inc.」のURL(http://www.girlsinc.org/)
●PBSが提供している米国の女性飛行士の情報がある「The American Experience: Fly Girls」のURL(http://www.pbs.org/wgbh/amex/flygirls/)
●カナダの女性航空パイロットの歴史!「High Flyers(ぶっ飛び屋さん)」のURL(http://collections.ic.gc.ca/high_flyers/)
●米国女性の歴史情報があるAmerican Women's History: A Research GuideのURL(http://frank.mtsu.edu/~kmiddlet/history/women.html)
●女性が作った映像Women Make MoviesのURL(http://wmm.com/)
●米国ユダヤ人女性活動家の系譜がある「Women Who Dared」のURL(http://www.jwa.org/exhibits/wwd/index.html)
●奴隷反対と女性の人権を求めている「Anti-Slavery and Women's Rights」のURL(http://www.osv.org/education/docs/antislavery/index.htm)
●Women's Rights Convention at Seneca Falls: Anniversaryに関する情報があるSeneca Falls ConventionのURL(http://www.loc.gov/exhibits/treasures/trr040.html)
●Women's Rights Convention at Seneca Falls: Anniversaryに関する情報があるSeneca Falls Historical SocietyのURL(http://www.welcome.to/sfhs/)
●Women's Rights Convention at Seneca Falls: Anniversaryに関する情報があるDeclaration of Sentiments, Seneca Falls, New York, 1848のURL(http://www.closeup.org/sentimnt.htm)
●働く女性の歴史データがあるWomen's History virtual field tripのURL(http://www.field-trips.org/ss/womhist/)
●女性の人権を守ることを目的に設立された、非営利団体Institute for WomenのStudies and ResearchのURL(http://www.iwsr.org/)
●平和を訴えるカナディアン女性の団体「Canadian Voice of Women for Peace」のURL(http://www.interlog.com/~vow/home.html)
●女性のためのIT情報センターCenter for Women and Information TechnologyのURL(http://www.umbc.edu/cwit/)
●21世紀的中国女性のあり方のURL(http://news.searchina.ne.jp/topic/006.html)
●Baker LibraryにあるWomen, Enterprise & Society資料があるURL(http://www.library.hbs.edu/hc/wes/)
●アメリカ女性の歴史があるWomen in American HistoryのURL(http://search.eb.com/women/)
●IWMF(International Women's Media Foundation)のURL(http://www.iwmf.org/)
●女性のすばらしい才能を引き出すPhenomenal WomenのURL(http://www.phenomenalwomen.com)
●女の子もハイテク!みんなで楽しいインターネットの世界を作ろうというスタート・ページのURL(http://www.girlstart.com)
●母子家庭共和国のURL(http://www.singlemother.co.jp)
●インターネット上にある女性の歴史リソース・ページInternet Women's History SoucebookのURL(http://www.fordham.edu/halsall/women/womensbook.html)
●米国国立公文書館にある女性パワーの歴史と資料があるPathfinder for Women's History Research in the National Archives and Records Administration LibraryのURL(http://www.nara.gov/alic/bib/wmenbib.html)
●discoveryの20世紀の女性特集のURL(http://school.discovery.com/schooladventures/womenofthecentury/)
●ヨルダンから送られるアラブ女性情報「Women in the Arab World」のURL(http://www.amanjordan.org/)
●メソポタミア時代から現代まで、科学の中における女性4000年の歴史情報がある
4000 Years of Women in ScienceのURL(http://www.astr.ua.edu/4000WS/4000WS.html)
●科学の中における女性4000年の人名辞典のURL(http://www.astr.ua.edu/4000ws/summary.shtml)
●女性のためのアジア平和国民基金(アジア女性基金)のURL(http://www.awf.or.jp)
●19世紀のアフリカ系米国人のライター情報があるAfrican American Woman Writers of the 19th CenturyのURL(http://digital.nypl.org/schomburg/writers_aa19/toc.html)
●歴史的に有名な女性や女性の歴史に深く関与した女性の経歴などがあるViVaのURL(http://www.iisg.nl/~womhist/vivahome.html)
●女性のためのインターネットフォーラムのURL(http://www.hana.or.jp/mix/)
●米国のオンライン女性仕事センター(Online Women's Business Center)のURL(http://www.onlinewbc.org/)
●女性ポータルサイト「白雪姫」のURL(http://www.shirayukihime.net/)
●インターネット女性専用コミュニティサイト凛(LIN)のURL(http://www.lin.ne.jp)
●@ピナコのURL(http://pinako.cplaza.ne.jp/)
●@womanのURL(http://www.woman.co.jp/)
●4000 Years of Women in scienceのURL(http://www.astr.ua.edu/4000WS/4000WS.html)
●アジアコンテントドットコムのオリジナルの女性サイト「8cafe(えいとかふぇ)」のURL(http://www.8cafe.com)
●米国の全ての女性や少女が研究に参加できるようにサポートしている150,000人の会員を有する団体AAUW(American Association of University Women)のURL(http://www.aauw.org/home.html)
●女性向けのコミュニティサイト「adore(アドア)」のURL(http://www.dion.ne.jp/)
●Amazon CityのURL(http://www.amazoncity.com/)
●American Association of University WomenのURL(http://www.aauw.org)
●Ancient Sites Celebration of WomenのURL(http://www.ancientsites.com/~Torrey_Philemon/women/celebration.htm)
●タイのチェンマイに本部があるAPWLD(Asia Pacific Forum on Women, Law and Development)のURL(http://www.apwld.org/)
●Association for Women in ComputingのURL(http://www.awc-hq.org)
●女性が全ての社会に進出するために情報を提供している「Advancing Women」のURL(http://www.advancingwomen.com/)
●March Mondiale des femmes 2000- Canada
World March of Women 2000- CanadaのURL(http://canada.marchofwomen.org/)
●Canadian Feminist Movement Marks Important AnniversaryのURL(http://canada.marchofwomen.org/en/press.html)
●So-netのオンライン総合女性誌「カーラ・カリーナ(carina)」のURL(http://www.so-net.ne.jp/carina/)
●米国では若い女性が妊娠したり、性病にかかったり、麻薬に溺れるなど、健康管理が大きな問題になっていることから設立された「The Center for Young Women's Health」のURL(http://www.youngwomenshealth.org/)
●女性ITセンターCenter for Women and Information TechnologyのURL(http://www.umbc.edu/cwit/)
●CondeNetのURL(http://www.condenet.com)
●Christian Women TodayのURL(http://www.christianwomentoday.com)
●文春が発行する月刊女性雑誌「CREA(クレア)」のウェブサイト「サイバークレア」のURL(http://www.cybercrea.com/)
●世界の女性約8,000人の会員が参加しているコミュニティ「Digital Women」のURL(http://www.digital-women.com)
●女性のための高級ブランドサイト「eLady.com」のURL(http://www.elady.com/elady/)
●エンジニアになりたい少女をサポートしている「Engineer Girl」のURL(http://www.engineergirl.org/)
●Feminista!のURL(http://www.feminista.com/)
●Feminist Majority FoundationのURL(http://www.feminist.org)
●扶桑社の女性誌総合ポータルサイト「Fmaga net」のURL(http://www.fmaga.net/)
●雑誌編集経験者らによる、女性向けウェブマガジン「Fe-MAIL」のURL(http://www.fe-mail.co.jp/)
●女性のための情報サイト「flavours(フレイバーズ)」のURL(http://www.flavours.ac/)
●Gender Related Electronic ForumsのURL(http://www-unix.umbc.edu/~korenman/wmst/forums.html)
●女性専用のインターネットサイト「おしゃれコンシャスサイトgirlsgate.com(ガールズゲートドットコム)」のURL(http://www.girlsgate.com)
●女性専用検索ポータルサイト「girlsgate.com」のURL(http://www.girlsgate.com/)
●10代の女子中高生から20代のOLを対象にしたi-mode専用携帯電話向け情報サイト「ガールズマガジン」のURL(http://gw.st/)
●The Glass CeilingのURL(http://www.theglassceiling.com)
●雑誌Happy WomanのURL(http://www.happywomanmagazine.com/)
●Information Technology Training AssociationのURL(http://www.seeq.com/popupwrapper.jsp?domain=itta.org&referrer=&pop=false)
●International IDEA - Women in PoliticsのURL(http://www.idea.int/women)
●女性のコミュニティ「I Village」のURL(http://www.ivillage.com)
●女性の為の健康と医療のサイト「ジネコ」のURL(http://www.jineko.net)
●ユダヤ人女性雑誌「Jewish Woman Magazine」のURL(http://www.jwmag.org/)
●国際派女性向けサイトJ-women.comのURL(http://www.j-women.com/)
●parco.tvのフォトグラファ西山奈々子が編集長を務める、女性向け検索ポータルサイト「LADYWEB.ORG」のURL(http://www.ladyweb.org)
●女性のための旅行情報を提供している「Journeywoman」のURL(http://www.journeywoman.com/)
●MentorNetのURL(http://www.mentornet.com)
●Menttium Corp.のURL(http://www.menttium.com)
●Mousy MagazineのURL(http://www.mousy.com/)
●米国のNCWRR(The National Center for Women and Retirement Research/女性とリタイア調 査国立センター)のURL(http://www.agingfocus.com/)
●米国のThe National Museum of Women in the ArtsのURL(http://www.nmwa.org/)
●米国のNational Partnership for Women & FamiliesのURL(http://www.nationalpartnership.org)
●The National Women's Health Information Centerが提供しているBirth Control Methodsの情報があるURL(http://www.4woman.gov/faq/birthcont.htm)
●米国のThe National Women's History ProjectのURL(http://www.nwhp.org/)
●米国のNational Women - Hall of FameのURL(http://www.greatwomen.org/)
●米国のNCWGE(National Coalition for Women and Girls in Education/女性と少女の教育に関する国家連合)のURL(http://www.ncwge.org/)
●Nrrdgrrl-- This Aint No Beauty ContestのURL(http://www.nrrdgrrl.com/)
●国際的なサイバー・フェミニズムのOBN(Old Boys Network)のURL(http://www.obn.org)
●女性向け電子メール・ソフトPinkRabbiのURL(http://prabbit.colabo.co.jp/)
●関西の女性向けオンラインマガジン「Pretty Life」のURL(http://www.d-star.co.jp/PRETTY/)
●女性のための無料インターネット接続サービス「Shes.net」のURL(http://www.ascii.co.jp/shes/patio.html)
●ShibuyaとNYの女性向けの最新情報をリアルタイムで発信するオンライン・マガジン「SbNY」のURL(http://www.sbny.net)
●Scribbling WomenのURL(http://www.scribblingwomen.org)
●Senior Women WebのURL(http://www.seniorwomen.com/)
●シングルマザーのポータルサイト「母子家庭共和国」のURL(http://www.singlemother.co.jp/wink/index.html)
●Systers, Women in ComputingのURL(http://www.systers.org)
●Southern Asian Women's NetworkのURL(http://www.umiacs.umd.edu/users/sawweb/sawnet/)
●Stanford Graduate School of BusinessのJames Baron教授、Michael Hannan教授が2001年5月に発表した、シリコンバレーのハイテクのスタートアップ企業を対象にした6年にわたる調査報告書のURL(http://www.gsb.stanford.edu/research/reports/2001/baron_hannan.html)
●The PostFeminist PlaygroundのURL(http://www.pfplayground.com/)
●The Working MomのURL(http://www.momsrefuge.com/)
●Third AgeのURL(http://www.thirdage.com)
●東京ウィメンズプラザのURL(http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/index.html)
●UMBC Women's StudiesのURL(http://research.umbc.edu/~korenman/wmst/forums.html)
●民主党が開設した、女性向きサイト「VENUSCLUB」のURL(http://www.venusclub.net/)
●女性限定のメールマガジン「wa♀wa♀ わいわい 」のURL(http://www.gigajapan.co.jp)
●自宅でできるお母さんの仕事情報WAHM(Work At Home Moms)のURL(http://www.wahm.com/)
●Webgrrls unite!のURL(http://www.webgrrls.com/)
●WIC(Women's International Center)のURL(http://www.wic.org/)
●Wired WomanのURL(http://www.wiredwoman.com)
●WNDC(the Woman's National Democratic Club) Educational FoundationのURL(http://www.wndcfoundation.org/index.htm)
●働く女性のWomen's Careers & How To AdvanceのURL(http://jobsearch.about.com/library/blwomen.htm)
●WomenConnect.ComのURL(http://www.seeq.com/popupwrapper.jsp?referrer=&domain=womenconnect.com)
●米国の雑誌Women's Day MagazineのURL(http://www.womansday.com/)
●Women's eNewsのURL(http://www.womensenews.org/)
●Woman.ExciteのURL(http://woman.excite.co.jp/)
●Women For WomenのURL(http://www.womenforwomen.org/)
●女性の健康情報を提供している「Women's Health Initiative」のURL(http://www.nhlbi.nih.gov/whi/)
●WomenHeartのURL(http://www.womenheart.org/)
●女性のパッケージング技術(Women in Packaging)を活用できる環境情報があるのURL(http://www.womeninpackaging.org/links.html)
●Women in Technology InternationalのURL(http://www.witi.com)
●womenjapan.comのURL(http://www.womenjapan.com/)
●女性に関する法律情報がある「Women's Law Initiative」のURL(http://www.womenslaw.org/)
●Women of the West MuseumのURL(http://www.wowmuseum.org/)
●Woman's BookshelfのURL(http://www.womenbooks.com/)
●WomenspaceのURL(http://womenspace.ca/)
●宇宙に挑戦した女性の歴史Women In Aviation and Space HistoryのURL(http://www.nasm.si.edu/nasm/aero/women_aviators/womenavsp.htm)
●Women's Studies/Women's Issues Resource SitesのURL(http://www-unix.umbc.edu/~korenman/wmst/links1.html)
●Women Today MagazineのURL(http://www.womentodaymagazine.com)
●Women Veterans of AmericaのURL(http://www.womenveteransofamerica.com)
●Woman's WorkのURL(http://www.womenswork.org/)
●Women' WorkのURL(http://www.wwork.com)
●米国のWOMEN'S CANCER NETWORKのURL(http://www.wcn.org/)
●WWSF(Women's World Summit Foundation/世界女性サミット協会)のURL(http://www.woman.ch/)
●米国の内蔵障害の科学研究・治療機関ACG(American College Of Gastroenterology)が提供する、女性の腸などの障害に関する総合的なインタラクティブ・ブローシュア「多くの女性にみられる胃腸その他の健康障害」の情報があるURL(http://www.acg.gi.org)
●子宮内膜症に関する電子雑誌Endo MagazineのURL(http://www.endomagazine.com/)
●女性SOHOワーカーのネットワーク「W-SOHO」のURL(http://www.w-soho.com)または、URL(http://www.a-girl.co.jp)
●FCC Commissioner Susan Nessの講演「ラジオやテレビで活躍したこれまでのアメリカ女性(the American Women in Radio and Television yesterday)」があるURL(http://www.fcc.gov/Speeches/Ness/States/2000/stsn024.html)
●米国の女性運動家Susan B. Anthonyを紹介するSusan B. Anthony HouseのURL(http://www.susanbanthonyhouse.org/)
●100年間の戦場看護婦の歴史がある「Army Nurse Corps History」のURL(http://www.army.mil/cmh-pg/anc/anchhome.html)
●全日空の女性向けの旅情報サイト「アナラテ(ANA Latte)」のURL(http://www.analatte.com)
●世界の女性数学者の経歴があるAlphabetical Index of Women MathematiciansのURL(http://www.scottlan.edu/lriddle/women/alpha.htm)
●カナダの女性アーティスト紹介事典Women Artists in CanadaのURL(http://collections.ic.gc.ca/waic/collection.htm)
●女性限定サイト「ケセラスタイル♪」のURL(http://www.queserastyle.com/press/)
●米国女性の歴史月間(National Women's History Month)のURL(http://www.edu-cyberpg.com/Teachers/womenmonth.html)
●世界の女学生Women Scholars World-WideのURL(http://raw.rutgers.edu/womenandsports/Scholars/index.htm)
●ガールスカウトがPDFで公開している、「女の子がどのようにインターネットを使ったら便利か?」の情報や、みんなはどのように利用しているかの調査報告「Girls and the Internet」のURL(http://www.girlscouts.org/about/PDFs/NetEffects.pdf)
●バージニア大学(University of Virginia)で公開された、女性文化に関する情報がある「Breaking and Making Tradition: Women」 のURL(http://www.lib.virginia.edu/speccol/exhibits/women/)
●International Museum of Womenが提供している写真集「Imaging our Selves a global generation of women」のURL(http://imaginingourselves.imow.org/pb/Welcome.aspx)

[刑務所に収監されてしまったお母さん]
●When the Bough Breaks: Mothers in PrisonのURL(http://www.itvs.org/whentheboughbreaks/mothers.html)
●Criminalizing Youth &Women From AlterNet.orgのURL(http://www.alternet.org/issues/index.html?IssueAreaID=42)
●The above paragraphs are continuedのURL(http://www.alternet.org/story.html?StoryID=14085#three)
●Additional content foundのURL(http://www.alternet.org/issues/index.html?IssueAreaID=42)
●Reconnecting Incarcerated African American Mothers with Their Families and CommunitiesのURL(http://www.grad.umn.edu/oeo/pdf/ALCReport.pdf)
●The Crisis of the Young African American Male and the Criminal Justice SystemのURL(http://www.sentencingproject.org/pubs/civilrights.pdf)
●Schiraldi, Vincent, et al. Young African Americans and the Criminal Justice System in California: Five Years Later. Report from the Center on Juvenile and Criminal Justice; Feb 1996.のURL(http://www.drugpolicy.org/library/schiraldi2.cfm)
●Bibliography of Women in PrisonのURL(http://www.twu.edu/as/wcrim/pdf/prison.pdf)
●Incarcerated Women in the United States:Facts and FiguresのURL(http://curry.edschool.virginia.edu/prisonstudy/subpages/facts/facts.html)
●Women Coping in Prison: A Joint Project of the University of Virginia and the Fluvanna Corrrectional Center for WomenのURL(http://curry.edschool.virginia.edu/prisonstudy/)
●Reference List for Books, Journals and ReportsのURL(http://curry.edschool.virginia.edu/prisonstudy/subpages/references/references.html)
●Hotlinks: Visit Other Related SitesのURL(http://curry.edschool.virginia.edu/prisonstudy/subpages/links/links.html)
●Gangstyle: Educate Elevate EmpowerのURL(http://www.gangstyle.com/pages/gs_links.htm)
●Chapter 1: Female Juvenile Delingquents Why Are Girls' Needs Different?のURL(http://ojjdp.ncjrs.org/pubs/principles/ch1_4.html)
●Poverty & Race Research Action Council Criminal Justice Resources May/June 2000のURL(http://www.prrac.org/topics/resources/crimjustresources.htm)
●Amnesty International USA Sexual Abuse & Women in Prison: Powerlessness and HumiliationのURL(http://www.amnestyusa.org/rightsforall/women/factsheets/assault.html)
●Welcome to Hell: The Patterns of the Web of Destruction: Cia and Drugs by Charla Greene and Marcia BunneyのURL(http://www.sonomacountyfreepress.com/welcome/cia.html)
●1971年に創設された女性調査研究所「Barnard Center for Research on Women」のURL(http://www.barnard.edu/bcrw/)


エミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)-1
エミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)-2
エミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)-3
ポスターを貼るエミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)
捕まったエミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)-1
捕まったエミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)-2
捕まったエミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)-3
勝利パレードをするエミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)
ウォール・ストリートで演説をするエミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)
93歳になった元気なエミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)
エミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)のレター-1
エミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)のレター-2
エミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)のレター-3
エミリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst/1858 - 1928)の切手
2000年9月のアジアe-commerce環境
オンラインでの健康、美容、エイズ、薬情報販売の予測
カナダでオンラインを利用している女性
2000年年末商戦のカテゴリー別販売実績
Price water Houseの2000年年末オンライン・ショッピング調査結果
B2Bと医療及び健康産業の予測
リクルート汚職事件の時間の流れ
米国女性のインターネット意識と利用目的
FCCの米国電話線環境調査報告
Roper Starch WorldwideのWomaen in Technology Leadershipレポート
Reutersが発表した2001年5月の国別の女性ネットサーファ率
オンライン・ショッピングを利用する層と販売商品ランキング
米国のB2Bユーザーが利用している雑誌とWebの利用比較
ユーザーがオンライン・ショッピングを止めた理由(Vividence社調査)
1999年11月16日に射殺されたアフガニスタンの女性
GAOが2001年11月30日に公開したLeading Commercial Practices for Outsourcing of Services
Yankee Groupの自宅パソコン・ユーザーがインターネットを止めた理由調査
ガールスカウトのGirls and the Internet
Jupiter MMXIが2002年3月21日に公開したヨーロッパの女性とWeb調査報告
ニューヨークで開催されたWomen's Rights Convention at Seneca Fallsのポスター
サイバー刑事法研究会報告書の概要
欧州評議会サイバー犯罪条約
GAOが2002年4月16日に公開したInformation Security
GAOが公開した男女雇用のレポート
GAOが2002年5月2日に公開したInformation Securityに関するレポートと宣言書
Robert F. DaceyのFederal Information Security Management Act of 2002コメント
アフリカの情報会議 Bamako 2002 Conferenceの内容
米国、ドイツ、フランス、日本で実施されたオンライン医療の現状
お金に振り回された女性のドイツコミック
Annie E. Casey Foundationの収入、人種、地域子供の対テク環境比較レポート
米国のGAOが2002年7月9日に公開した、性的労働格差に関する調査報告書
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1997
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1998
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2001
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2002
ホワイトハウスが2002年9月18日に公開したcyberstrategy-draft
ホワイトハウスの2002年9月18日cyberstrategy-draftニュースリリース
GAOによる薬の広告規制に関するレポート
GAOが公開した、米国における虐待に関するアニュアル・レポー ト
刑務所に収監された女性の資料
IT業界における女性とマイノリティに関する調査報告書
GAOが2003年5月23日に公開したヒューマニティとしての女性保護調査資料
アラビア文字で書かれた「知識」
アラビア文字「知識」の書き方
「条約第43条2」と「条約第20条1」の改正受諾書と寄託
FDICによる情報セキュリティとリスクに関するレポート
Robert F. Daceyが訴えた法で定めた情報セキュリティ手段の必要性報告書
2000年の米国国勢調査資料から調べた英語能力調査結果
小澤大使の安全保障理事会決議1325「女性、平和、安全」ステートメント
GAOが2003年11月20日に公開した、男女雇用と労働の差レポート
米国の国勢調査局によるThe Arab Population: 2000
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載されたウィーンの革命で殺害されたCrasen Ballet-Latour将軍
戦争に女性を駆り立てた1918年のポスター「Stage Women's War Relife」
戦争に女性を駆り立てた1918年のポスター「Will you have a part in Victory」
Women's Rights and Democracy in the Arab World
BLSがPDFで公開した女性労働力データブック
米国空軍の女性の歴史年表
GAOが2004年9月23日にを公開した、低所得者とマイノリティの施設や教育に関する援助のレポート
女性とコンピュータの仕事1983年2002年比較レポートについて
Core Occupations of the U.S. Information Technology Workforce
The Production of U.S. Degrees in Information Technology Disciplines
Foreign-Origin Persons in the U.S. Information Technology Workforce
Assessing the Demand for Information Technology Workers
EPFが公開した21世紀の働く女性ガイドブック
米国の労働力人口と女性統計2005
米国議会の女性議員1917-2005年の228人
The White House Projectの「Who''s Talking Now」
Just Released, Women-Owned Businesses Grew at Twice the National Average in 5 Year Period
米国の労働省が2006年3月25日に公開した2005年の女性労働者人口
EIAA Digital Women Report「インターネットに対する女性の態度と相互作用に関する汎ヨーロッパの洞察」
ECが2006年10月18日に公開した「Women and Science---New Report, She Figures: Statistics and Indicators」
Stereotyping: Representations of Women in Print Media in South East Europe
GAOが2007年6月14日に公開した、女性と低スキル労働者のレポート
GAOが2007年6月14日に公開した、女性と低スキル労働者のKay E. Brownによる証言
MediaRightsのJulia Barry
Julia Barryのビデオ
Sheryl Sandberg
GAOが2007年7月17日に公開した、不平等な性別貸し出し制限のレポート
金融市場の指導官Orice M. Williamsによる下院小委員会での証言
The Parenting GroupとNewMediaMetricsによる「X世代とY世代のママのインターネットの使い方レポート」
Nielsenによる「パワー・ママ(Power Moms)・オンライン活躍レポート」
The State of the American Mom 2008