女性のためのネットワーキング・フェア


女性を中心にしたネットワーク関連の展示会の名称。育児やキャリアアップに生かすネットワークツールの紹介やオンラインショッピング体験談、リビングやダイニングなど、生活空間でのおしゃれなパソコンインテリア用品が展示され、女性グループ紹介なども実施された。詳細情報はURL(http://www.nikkei.co.jp/events/nwf/)で知ることができる。
米国にはDigital-Womenや働くお母さんのThe Working Momという団体もある。ただし、周囲で多くの女性がばりばり働いている現実があり、インターネットやエレクトロニクスには女性が弱いなどという考え方には違和感を感じる。ただし、女性がインターネットの中でショッピングすることが多いという統計もあり、電子商取引の先導的役割をする可能性は高い。
また、表面的な女性の購買力といった問題以上に、1995年に北京で開催された国連世界女性会議(北京会議/UN World Women's Conference/Beijing's Conference)や2000年6月に米国のニューヨークで開催される国連世界女性会議(UN World Women's Conference in New York)など、世界で起こっている女性に対する不平等問題などを検討しているグループなどの活動も実施されている。1999年3月27日には、2000年6月にニューヨークで開催される国連世界女性会議のためのニューヨーク国際女性のCSW(地位委員会/Comission on Status of Wemen)&準備会議報告が開かれた。詳細情報はURL(http://www.jca.ax.apc.org/fem/)で知ることができる。また、1999年4月1日にはアフガニスタンの女性の人権問題(human rights of women in Afghanistan, ocean pollutionand animal research)が、Feminist Majority Foundationの主催で開催された。詳細情報はアジア女性資料センターのURL(http://www.jca.ax.apc.org/ajwrc/)で知ることができる。
米国の情報関連リサーチ企業のComputer Economics社は1999年7月28日に、2000年にはインターネット起業家として注目されているのは、女性であることを発表し、同時にそれが米国を中心に発展しているのではなく、日本やスペイン、フランス、オランダ、ポルトガルなど、非英語圏で急激にのびているというMost Women Netpreneurs Will Emerge from Japan[1999 Information Systems Spending Report]を発表した。Computer Economicsのリサーチ担当副社長Michael Erbschloeは、これをインターネット革命(Internet Revolution)と表現している。その背景には、一発主義の多い男性に対し、こつこつと実績を蓄積し、その成果が時間軸とともに開花する女性の世界に向いているのかもしれない。米国のHuman Rightsグループの分布地図があるUS Map of Human Rights GroupsはURL(http://www.tolerance.org/maps/human_rights/)にある。
アムネスティ(Amnesty International)は、152カ国の人権問題の現状を取り上げた「アムネスティ2002国際レポート(Amnesty International Report 2002)」をPDFで公開した。詳細情報はURL(http://web.amnesty.org/web/ar2002.nsf)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2002年7月9日に、性的労働格差に関する調査報告書「Sexual Orientation-Based Employment Discrimination: States' Experience with Statutory Prohibitions. GAO-02-878R, July 9」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-02-878R)で知ることができる。
中国情勢242004/07/01号は中国新聞社2004年6月30日のニュースから、北京市で開催された「第1回中国IT女性年会」で、中国IT企業で働く女性を対象にした調査の結果が報告され、1日の平均勤務時間が8時間を超える女性は86.5%に達し、家庭と仕事を両立している女性はわずか16%で、IT企業に勤める女性の99%は、高学歴でパソコン操作や外国語能力などを習得し、外資系IT企業では待遇がよく、女性の大半が未婚で、他の業界と比べても独身期間が4〜7年長いという結果を報告した。米国のCommission on Professionals in Science and Technology(科学と技術専門家委員会)は2004年10月13日に、女性とコンピュータ関連の仕事に就いて調査した結果、1983年が30.5%であったのに対し、20年後の2002年には27.2%に減少していると報告した。詳細情報はURL(http://www.cpst.org/STEM/STEM2_Press.doc)で知ることができる。レポートはURL(http://www.cpst.org/STEM_Report.cfm)にある。
NSF(National Science Foundation全米科学財団)は2004年10月19日に、コロラド大学ボールダー校(University of Colorado at Boulder)とアニタ・ボルグ女性研究所(Anita Borg Institute for Women and Technology)が率いる大学、産業界、政府、非営利団体で組織されたNCWITNational Center for Women and Information Technology(全米女性情報技術センター)のコラボレーション技術を確立するためにUS$325万を与えられ、これは今まで、NSFのCISE (Computer and Information Science and Engineering/コンピュータと情報科学、エンジニアリング)によって作られた4年間で最大の教育および労働力賞となり、学究生活および産業の両分野で、情報技術の経歴で女性と男性による等しい参加を促進することが期待されている。詳細情報はURL(http://www.nsf.gov/od/lpa/newsroom/pr.cfm?ni=15100000000128)で知ることができる。
eu observer.comは2005年2月15日に、EU(欧州委員会)が実施し、2005年2月4日に公開したレポート「COMMISSION STAFF WORKING DOCUMENT---eInclusion revisited: The Local Dimension of the Information Society」を紹介し、ヨーロッパの女性はインターネット関連装置の操作や管理で男性に追いついたと報告した。老人でも操作できるインターネット環境の開発も進んでいるが、低所得者のインターネットの普及が遅れているとも報告している。詳細情報はURL(http://euobserver.com/?sid=9&aid=18409)で知ることができる。
レポート「COMMISSION STAFF WORKING DOCUMENT---eInclusion revisited: The Local Dimension of the Information Society」をPDFでダウンロードできる。詳細情報はURL(http://europa.eu.int/comm/employment_social/news/2005/feb/eincllocal_en.pdf)で知ることができる。
米国のEPF(Employment Policy Foundation)が21世紀の働く女性ガイドブックとして「Handbook on 21st Century Working Women」をPDFで公開した。詳細情報はURL(http://www.epf.org/pubs/monographs/2005/handbook/downloads.asp)で知ることができる。米国のU.S. DoL(Department of Labor/米国労働省)のBureau of Labor Statistics(労働統計局)は2005年5月に「Women in the Labor Force: A Databook」を公開した。詳細情報はURL(http://www.bls.gov/cps/wlf-databook2005.htm)または、88ページ(517K)のPDFがあるURL(http://www.bls.gov/cps/wlf-databook-2005.pdf)で知ることができる。
米国議会の女性議員1917-2005年の228人について、名前、委員会の課題、日付などの詳細を、絶えずアップデートしてPDFで公開している。詳細情報はURL(http://www.fas.org/sgp/crs/misc/RL30261.pdf)で知ることができる。
米国国勢調査局(U.S. Census)は2006年1月に職場への女性進出調査を公開し、この5年で女性オーナーが倍増したと「Just Released, Women-Owned Businesses Grew at Twice the National Average in 5 Year Period」を公開した。詳細情報はURL(http://www.census.gov/prod/ec02/sb0200cswmn.pdf)で知ることができる。
米国の労働省(U.S. Department of Labor)は2006年3月25日に「Women in the Labor Force in 2005(2005年の女性労働者人口)」を公開した。調査報告によれば、米国の16歳以上の1億1700万人の女性では、6900万(およそ60%)は労働力しているか、仕事を探している。これは総米国労働力人口の46%を包括して、2014年に女性の労働力人口が47%を占めると予測され、女性が2004年と2014年の間における総労働力人口の成長りつは51%を占めると予測されている。米国には6600万人の記録的な仕事をしている女性がいるが、その中で最も大きい割合は女性管理で38%を占めた。35%は販売員とオフィスで働いて、サービス業では20%、生産、輸送、および物理的な職業は6%、天然資源、構造、および維持職業が1%であった。人種別ではアジアの女性が44%、白人の女性が39%が管理、プロの、そして、関連する職業で働いていました。 黒人やスペイン系の女性は、販売とオフィス職業で33%であった。女男の両方の失業率は5.1%であった。しかし、女性の人種別失業率では、アジアの女性が3.9%、白人の女性が4.4%で、スペイン系の女性が6.9%、黒人の女性は9.5%大きな差が出ている。フルタイムの賃金で女性の週当たり所得はUS$585で、男性のUS$722と比較して男女格差は81%であった。ただし、16〜24歳の週当たり所得を比較するとき、若い女性は青年が得た93%のもの(それぞれUS$381とUS$409)を得ていた。詳細情報はURL(http://www.dol.gov/wb/factsheets/Qf-laborforce-05.htm)で知ることができる。
Center for Media Researchは2006年3月30日に、The EIAA Digital Women Report「a pan-European insight into women''s attitudes and interaction with the internet(インターネットに対する女性の態度と相互作用に関する汎ヨーロッパの洞察)」を紹介し、女性インターネット・ユーザーがオンラインに費やす時間が63%増加したのに対し、男性は54%の増加で、2005年までの3年間では男性より女性の方が、インターネット利用者時間の増加数値が多いことが判ったと報告した。このレポートはブログ、電子商取引、インスタントメッセージングを通してインターネットと対話しているとき女性の異なったメディアの使用がどう発展しているかを示し、今日の消費者が、より洗練されていて過酷であるので、インターネットに従事して、彼らの顧客が、より良い状態で相互作用する機会を広告主に提供し、より深い関係を築き上げる、と研究報告している。詳細情報はURL(http://www.mediapost.com/research/cfmr_briefArchive.cfm?s=41571)で知ることができる。
EIAA Digital Women Report「a pan-European insight into women''s attitudes and interaction with the internet(インターネットに対する女性の態度と相互作用に関する汎ヨーロッパの洞察)」はURL(http://www.eiaa.net/Ftp/casestudiesppt/Digital%20Women%20-%20Exec%20Summary%20-%20FINAL%2016.3.pdf)でダウンロードできる。
Center for Media Researchは2006年10月19日に、The Media Auditからの情報として年収US$7万5000か、それ以上の裕福な働く女性について調査し、、94.3%はンターネットにアクセスしていると報告した。裕福な働く女性は、2004年に54.1%がインターネット経由でモノを購入したが、2005年には56.6%まで増加した。International Demographics社のボブ・ジョーダン(Bob Jordan)はその結果を「大人達1億3700万人の中で、裕福な働く女性は2004年8.7%から2005人には9.2%へ増えた。また、彼らのメディア習慣のいくつかでかなり劇的な変更した。」と報告している。「ヘビーユーザーは、インターネットで1週間あたり少なくとも430分を過ごし、働く女性の割合は2004年の48.6%から2005年に50.8%までジャンプした。ラジオ、テレビ、新聞、およびダイレクトメールのヘビーユーザーはこのグループの中ですべて衰退しました。このグループのための集合的なインターネット変化は重要で、そして、他のメディアはその代価を払わされている。」と、報告している。すべての大人達の中で、ちょうど35.2%がUS$20万ドル以上の自宅に住んでいる。 裕福な働く女性の中では割合が、63.9%になり、31.0%は、US$40万以上の自宅に住んでいる。「これらはほとんどが大学で教育された(58.1%)、共働きファミリーの収入(69.0%)です。」と、ジョーダンは言っている。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=061019)または、URL(http://www.themediaaudit.com/)で知ることができる。
NewswireTodayは2006年10月16日に、国際婦人デー(International Women's Day)にインドで始まった女性向けソーシャル・ネットワーキング「Memsaab.com」を紹介し、現在、最も重要な情報、および伝達手段になっている「Memsaab.com」はビジョンの一部であり、すぐに5万人が参加し、2006年末までに50万人に達すると報告している。詳細情報はURL(http://www.newswiretoday.com/news/9515/)で知ることができる。
「Memsaab.com」はURL(http://memsaab.com/)にある。IJNet(Internet Journalists Network)は、エディタ、ジャーナリスト、およびメディア専門家のために、東欧国の6カ国の活字メディアにおける、女性の表現に関する最近のレポートを公開したと報告した。このレポート「Stereotyping: Representations of Women in Print Media in South East Europe」はサラエボのMediacentarがアルバニア(Albania)、ボスニア・ヘルツェゴビナ(Bosnia and Herzegovina)、ブルガリア(Bulgaria)、クロアチア(Croatia)、マケドニア(Macedonia)、およびセルビア (Serbia)で行われた調査を分析してPDFで公開した。調査結果では、メディアと政治上の自由は大いに向上したが、性に関連しする視点はいまだに残っていたと結論を下している。詳細情報はURL(http://ijnet.org/Director.aspx?P=Article&ID=305891&LID=1)で知ることができる。
調査レポートはURL(http://snipurl.com/17dnk)でダウンロードできる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年6月14日に、女性と低スキル労働者のレポート「Women and Low-Skilled Workers: Other Countries' Policies and Practices That May Help These Workers Enter and Remain in the Labor Force. GAO-07-817」とKay E. Brownによる証言「Women and Low-Skilled Workers: Efforts in Other Countries to Help These Workers Enter and Remain in the Workforce, by Kay E. Brown, Acting Director, Education, Workforce, and Income Security Issues, before the Joint Economic Committee. GAO-07-989T」を公開した。詳細情報はURL()または、URL()で知ることができる。イギリスのIT PROは2007年6月14日に、女性にとってITの仕事は最初の段階がもっとも困難で厳しいと報告した。Training Campの調査レポートによると、ITセあクターに就職しようとする女性にとって、最初のハードルは最も最初にやってくると報告し、女性のIT専門家がいったんその最初のハードルを乗り切ると、出世の階段を上げるのは男性と同じくらい難しくはないと報告している。女性のIT労働者100人の2/3は、最初を乗り切ることが出世の階段に登るより難しいと答えた。それと同時に、半分以上はキャリアパスに沿って他の産業より、IT産業ではやく上級職に昇進することができると感じていると答えている。APTソリューションのシステム管理者クレア・テイラー(Claire Taylor)は、「私が中にいったんはいると、昇進するのは、より簡単でした。」 「いったん私が手腕を立証することができて、私は簡単に昇進できました。」と答えている。詳細情報はURL(http://www.itpro.co.uk/news/115614/first-it-job-is-the-hardest-for-women-says-study.html)で知ることができる。
Arizona Republicは2007年7月6日に、アリゾナ大学(University of Arizona)が男女大学生400人近くを対象に、メール(Matthias Mehl)助教授らは、会話のすべてをデジタルに記録するレコーダーを開発し、6年間にわたり調査した結果、女性が発する単語の数は1日当たり平均1万6215語だったのに対し、男性は平均1万5669語で546語しか違いはなく「女性の方がおしゃべり」とは言えないと報告した。この調査は、テキサス大学オースチン校(University of Texas-Austin )、セントルイスのワシントン大学(Washington University in St. Louis)でも実施された。詳細情報はURL(http://www.azcentral.com/arizonarepublic/news/articles/0706talkers0706.html)または、URL(http://dingo.sbs.arizona.edu/~mehl/)で知ることができる。
Ms. Magazineのキム(L.S. Kim)がAlternetで2007年11月9日に、「Do We Still Need Feminist Media?」を公開し、これだけ女性が進出しているにもかかわらず、ニュース・ジャーナリズムのいくつかでは、今もフェミニスト・メディアは遅れ続けていると指摘した。35年前に、20世紀の米国における2番目のフェミニスト運動に乱入したとき、女性はニュース編集室、プレス・クラブ、編集局、放送するブースにもう少し閉め出さされるところであった。
日本はまだ、閉め出されっぱなしで、女性は女性向けだけのために壁で囲われたている。
女性は研究し、男性は平等を得た。 フェミニストはメディアに含まれて、変えると決心した。
彼らは主なニュースを打ち返し、修正したがっていた。
そして自身の報道を開始した。
今日では、女性があらゆる重要な新聞、ニュース雑誌、テレビ放送網、地方のテレビ、および放送局の作家、プロデューサー、アンカー、エディタ、出版社に進出している。
したがって、女性が主流派と統合したように思える時代で、私たちはまだフェミニスト・メディアを必要とするか?と問いてきた。
日本はまだ、女性専門雑誌、女性専門コラム、テレビ放送網、地方のテレビ、および放送局では、女性専門のプロデューサー、男性アンカーのアシスタントを務めている場合が多く見られる。
そうでない場合は、生意気な女性として扱われてきている。
大きな違いである。
多くのマスメディアは、弁解として凄く改善されてきているという。
しかし、改善を主張すること自体が、まだ進出を拒んでいる証拠ともいえる。
キムも、フェミニスト・メディアはニュースを見る性のレンズを提供することと同様に、内容の扇動者とフィーダーのままで残っていると指摘している。
多くの改善は、偏見の上で行われているだけで、それは、ニュースメディアにおける女性として、問題の普及率を得る際の手段になっていることが多い。
めったに女性が重大なイベント、傾向または方針の専門家として、まだコメントするように頼まれていないとも指摘している。
統計的にそのような女性のコメントは、米国でもまだ4分の1以下だと報告している。
ラジオでは、すべてのステーションの中で、女性は11%未満が番組を作っているだけである。
例えば雑誌「Radio Ink」の電話調査では、40番組の中で、4つの番組だけが女性であったと報告している。詳細情報はURL(http://www.alternet.org/stories/67388/)で知ることができる。
これも一種のメディアにおける「セクシャルハラスメント」である。
この記事の全文は、Ms. Magazineの35回目記念日で読むことができる。詳細情報はURL(http://www.msmagazine.com)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年7月17日に、不平等な性別貸し出し制限のレポート「Fair Lending: Race and Gender Data Are Limited for Nonmortgage Lending. GAO-08-698」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-698)で知ることができる。
また、金融市場の指導官Orice M. Williamsによる下院小委員会での証言「 Fair Lending: Race and Gender Data Are Limited for Nonmortgage Lending, by Orice M. Williams, director, financial markets and community investment, before the Subcommittee on Oversight and Investigations, House Committee on Financial Services. GAO-08-1023T」はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-1023T)にある。
MarketingChartsの2008年9月15日版最新レポート紹介で、The Parenting GroupとNewMediaMetricsによる「X世代とY世代のママのインターネットの使い方レポート」を紹介した。
X世代とY世代のママは、インターネットの使い方が異なっていたと報告した。
ツールを絶対に必要なもので持っているとき、X世代とY世代のママの両方が子育て情報を理解するためにインターネットを見るが、オンラインの行動と好みで重要な世代の違いがあった。
Y世代のママのためにインターネット共同体は、ブログなどのようなオンラインの他にママを接続するメディアに付けられ、ビデオ共有しているサイトに情報を得て、当てにするのを好み、彼らを助ける専門家よりむしろ同輩が親代わりとなる示した。
Y世代のメンバーであるママは、また、それら自身のコンテンツを作成するのに非常にかかわって、オンラインでテレビを見るのなど、タイム・シフト行動の優先を示した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/gen-x-and-gen-y-moms-use-internet-differently-6006/)または、URL(http://www.parenting.com/pdf/mommatters.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11001)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月8日に、Parenting Magazineによる「忙しい子育てお母さんが欲しいものレポート」を紹介し、学齢児童を持つの母は自分達が毎日直面している複雑な子育て問題に対処するのを助けるカスタム設計された子育て情報が欲しいが、69%は、子育て雑誌が彼らの子供に対応していないと言ったと報告した。
研究調査によって、母親の3分の2は、「瞬間」のときに彼女らの子供と共に生きることを好んで、現在、すぐに彼らに関連している情報と交戦するだけであったことが判った。
すべてのおかあさんが同じ基本的なプライオリティのいくつかを共有するが、大部分が各ライフ・ステージで日常生活に直面している問題に適合するようにカスタム設計されて、現実的な情報が欲しい。 また、彼らは学校関連の道具の話題など、もっと多くの必要性がある情報がであると述べた。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/print/busy-moms-say-parenting-pubs-out-of-touch-want-info-here-and-now-6330/)または、URL(http://www2.worldpub.net/images/parenting/pdf/MomMatters_Sept.pdf)または、URL(http://www.momconnection.com/)または、URL(http://www.parenting.com/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11243)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月17日に、Nielsenによる「パワー・ママ(Power Moms)・オンライン活躍レポート」を紹介し、25歳〜54歳の米国の母親が提供する子育て/家族、非食物家庭用品、および美/化粧品に関するアドバイスは、普通のWebユーザーの2倍であったと報告した。
これらの「パワーおかあさん」が頻繁にオンラインで意見を提供する他の話題は、衣服/ファッション、食物、飲料、家の叙勲/インテリア、健康、ダイエット、および運動を含んでいた。
Nielsen Onlineの調査ディレクターで、メディア分析法の調査担当重役のChuck Schillingは、「私たちは、彼女らが長い間、情報請求者と関係アーキテクチャーとして保持している役割を広げるのにメール、オンライン・フォーラム、およびソーシャル・ネットワーキングWebサイトのようなオンラインの本道を使用することで女性を見すことができます。」
「彼らは新技術を恐れていません。おかあさんは、Webがチップとサポートのために他の両親に接するのを特に当てにします。そして、このグループは平均よりブログをおよそ25%多く書きそうです。」と言っている。
昔から、「パワーおかあさん」の井戸端会議はもの凄いが、新技術を恐れていないと言うことで、さらにパワフルになっている。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/connection-seeking-power-moms-twice-as-likely-to-give-online-advice-6426/)または、URL(http://www.nielsen-netratings.com/pr/pr_081015.pdf)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月22日に、ニューヨークタイムズ(The New York Times)からの「マーケティング・マルチプリーズ(Marketing Multipliers)」と呼ばれる裕福な女性の買い物傾向レポートを紹介し、家庭用電化製品とファッションに他の裕福な女性の2倍費やして、増加する購買を追い立てるのにより多くのオンラインと、劇的にオフラインの口コミを使用していると報告した。
少なくとも年収US$100,000がある3,000人以上の女性の定性面接と調査に基づいて、大規模なソーシャル・ネットワークで、他の裕福な女性と、有力な「マーケティング・マルチプリーズ(Marketing Multipliers)」を区別する個性と特色の組み合わせを特定した。
ニューヨークタイムズ(The New York Times)による「SEX and the CITY」に登場する女性の行動レポートと言うことになる。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/affluent-women-dramatically-multiply-major-purchases-with-word-of-mouth-6484/)または、URL(http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=105317&p=irol-pressArticle&ID=1214001&highlight=)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月3日に、Allen & Gerritsen (a&g)によるホリデーの消費者動向予測「お母さんと経済レポート」を紹介し、アメリカ人のお母さんがどう現在の経済危機に対処するかに関する調査から、ほとんどのアメリカ人が持っている米国決定権の80%であるオンラインお母さんが支払能力以上の債務を負うよう奨励され、完全に、平均的なアメリカ人の58%は考えが貪欲過ぎる(too greedy)と報告した。
アメリカ人のお母さんは、家庭の経済を抑制する方法を探して、調査された3人のお母さんのうちの2人(65%)は、絶対に必要でない購買を削っているか、約半分(52%)を排除していたことが判ったと報告した。
まさに、アメリカ人のお母さんが財布の紐を確実に握っていたことが明らかにした。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/moms-scale-back-greedy-behavior-rein-in-finances-6633/)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/moms-rein-in-greed-era-of-financial-overextension-over/)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月18日に、Marketing to Moms Coalitionによる米国お母さんレポート「The State of the American Mom 2008」を紹介し、米国の母親の圧倒的多数(90%)は、ウォール街の崩壊以前から、40%が経済の弱さからストレスを感じ、33%が利益より現在の家庭生活について強調していたと報告している。
政治家や経済学者より、家庭で生活している現場の方が現実的に把握していた。
つまり、テレビのコメンテーターより家庭のお母さんの方が正確な情報を持っていた。
レポートによると、最近の財政危機が始まる前にお母さんの中で経済的圧力が加わり、米国の経済危機が激化して以来、より悪くなるだけであったと報告している。
調査結果の中では、ストレスを加えられることを認める母親の数が上昇し、特にフルタイムで、低い収入のある母親に顕著に表れ、離婚しているおかあさん(47%)にとって、ストレスも上昇中であると報告している。
政治家や経済学者より、子供を守るという母性本能の方が明確に経済状況を把握し、対策も理解していた。
これでは、G8などの会合に経済学者や政治家が頭を揃えて悩むより、お母さんに経済対策を検討させた方が無駄がないといえる。
テレビ局の屑コメンテーターは、最悪のコメントしか話せないのも当然かもしれない。
お金持ちのおぼっちゃま政治家や、大学で政府の資金援助と共に高額給料をもらっている経済学者では、何も解決できない。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/moms-more-stressed-out-worried-about-kids-6873/)または、URL(http://blog.marketingtomoms.com/2008/10/state-of-american-mom.html)または、URL(http://www.marketingtomomscoalition.org/doc/Summary_of_State_of_American_Mom_10.8_TD.pdf)で知ることができる。


Computer Economics社が発表した女性起業家のランキング
アジアのインターネット利用環境
アジアのインターネット・ジャンキー
2000年9月のアジアe-commerce環境
カナダでオンラインを利用している女性
NetValueが2000年12月15日に発表したアジアのインターネット状況
オランダの若いインターネット・ユーザーの傾向
2000年年末商戦のカテゴリー別販売実績
Price water Houseの2000年年末オンライン・ショッピング調査結果
米国女性のインターネット意識と利用目的
Roper Starch WorldwideのWomaen in Technology Leadershipレポート
Reutersが発表した2001年5月の国別の女性ネットサーファ率
オンライン・ショッピングを利用する層と販売商品ランキング
ユーザーがオンライン・ショッピングを止めた理由(Vividence社調査)
アムネスティ2002国際レポート(Amnesty International Report 2002)
米国のGAOが2002年7月9日に公開した、性的労働格差に関する調査報告書
NSTC/NSET/NSF/DOCが公開したレポート「人間の能力を成長させるための技術」
平成15年度事業:起業家育成プログラム等導入促進事業に係る選定結果
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載されたウィーンの革命で殺害されたCrasen Ballet-Latour将軍
米国空軍の女性の歴史年表
女性とコンピュータの仕事1983年2002年比較レポートについて
Core Occupations of the U.S. Information Technology Workforce
The Production of U.S. Degrees in Information Technology Disciplines
Foreign-Origin Persons in the U.S. Information Technology Workforce
Assessing the Demand for Information Technology Workers
EUが公開した「COMMISSION STAFF WORKING DOCUMENT---eInclusion revisited: The Local Dimension of the Information Society」
EPFが公開した21世紀の働く女性ガイドブック
米国の労働力人口と女性統計2005
米国議会の女性議員1917-2005年の228人
Just Released, Women-Owned Businesses Grew at Twice the National Average in 5 Year Period
米国の労働省が2006年3月25日に公開した2005年の女性労働者人口
EIAA Digital Women Report「インターネットに対する女性の態度と相互作用に関する汎ヨーロッパの洞察」
Stereotyping: Representations of Women in Print Media in South East Europe
GAOが2007年6月14日に公開した、女性と低スキル労働者のレポート
GAOが2007年6月14日に公開した、女性と低スキル労働者のKay E. Brownによる証言
GAOが2007年7月17日に公開した、不平等な性別貸し出し制限のレポート
金融市場の指導官Orice M. Williamsによる下院小委員会での証言
The Parenting GroupとNewMediaMetricsによる「X世代とY世代のママのインターネットの使い方レポート」
Nielsenによる「パワー・ママ(Power Moms)・オンライン活躍レポート」
The State of the American Mom 2008