女性からのプレゼント・レポート


VoiceQuiltが調査した、「 Trends in Gift Giving」レポートから、女性がプレゼントしたその動機や内容、心理状態を2006年9月4日が米国の勤労感謝の日(Labor Day)だからか?Center for Media Researchが2006年9月5日に、紹介した。詳細情報はURL(http://www.voicequilt.com/)または、URL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060905)で知ることができる。IJNet(Internet Journalists Network)は、エディタ、ジャーナリスト、およびメディア専門家のために、東欧国の6カ国の活字メディアにおける、女性の表現に関する最近のレポートを公開したと報告した。このレポート「Stereotyping: Representations of Women in Print Media in South East Europe」はサラエボのMediacentarがアルバニア(Albania)、ボスニア・ヘルツェゴビナ(Bosnia and Herzegovina)、ブルガリア(Bulgaria)、クロアチア(Croatia)、マケドニア(Macedonia)、およびセルビア (Serbia)で行われた調査を分析してPDFで公開した。調査結果では、メディアと政治上の自由は大いに向上したが、性に関連しする視点はいまだに残っていたと結論を下している。詳細情報はURL(http://ijnet.org/Director.aspx?P=Article&ID=305891&LID=1)で知ることができる。調査レポートはURL(http://snipurl.com/17dnk)でダウンロードできる。Arizona Republicは2007年7月6日に、アリゾナ大学(University of Arizona)が男女大学生400人近くを対象に、メール(Matthias Mehl)助教授らは、会話のすべてをデジタルに記録するレコーダーを開発し、6年間にわたり調査した結果、女性が発する単語の数は1日当たり平均1万6215語だったのに対し、男性は平均1万5669語で546語しか違いはなく「女性の方がおしゃべり」とは言えないと報告した。この調査は、テキサス大学オースチン校(University of Texas-Austin )、セントルイスのワシントン大学(Washington University in St. Louis)でも実施された。詳細情報はURL(http://www.azcentral.com/arizonarepublic/news/articles/0706talkers0706.html)または、URL(http://dingo.sbs.arizona.edu/~mehl/)で知ることができる。
実に面白い調査結果です。
すべての米国の女性の47%は年間10回以上プレゼントの贈り物を買っている。25%以上の女性は年間15回以上、19%以上の女性は年間20回以上プレゼントの贈り物を買っている。
日本の女性はプレゼントを貰うことが好きで、プレゼントをあげることが下手ですね!
男性は、プレゼントに弱いのに---
VoiceQuilt社のHope Flammerは、「この情報は、とても魅惑的な掘り出し物です。女性はプレセントをするのが本当は大好きなのです。」と述べている。
例えば、
95%の女性は誕生日にプレゼントを買っています。
88%の女性はクリスマスにプレゼントを買っています。
74%の女性は母の日にプレゼントを買っています。
70%の女性はバレンタインデーにプレゼントを買っています。
66%の女性は父の日にプレゼントを買っています。
65%の女性は過去1年間にプレゼントを渡したことがあり、その中の88%は1〜5回であったと答えています。
女性の92%はプレゼントをすることで、かなり感傷的になっているそうです。
例えば、90%の女性は、贈り物が受け取る人が求めているものだとと答え、
88%の女性は、機能性を重視したと答え、
83%の女性は。オリジナル性を重視したと答え、
79%の女性は、「まさしく」これというものを選んだと答えています。
では動機はと言えば、
62%の女性は、愛しているから
58%の女性は、贈るべきときだったから
52%の女性は、驚かせたかったから
48%の女性は、相手が欲しがったから
43%の女性は。感謝の気持ちから
37%の女性は、それが正しいと思ったから
14%の女性は、お返し
5%の女性は、謝罪の気持ちから
4%の女性は、圧力を加えられたから
1%の女性は、機嫌を突ため
日本のプレゼントは、ほとんど機嫌を取るためでは?
ではどこで購入したか?
69%の女性は、ここ12ヶ月以内にオンラインで購入した。
50%の女性は、ここ1年間で1〜5個のプレゼントをオンラインで購入した。
13%の女性は、ここ1年間で6〜10個のプレゼントをオンラインで購入した。
3%の女性は、ここ1年間で11〜19個のプレゼントをオンラインで購入した。
4%の女性は、ここ1年間で20個以上のプレゼントをオンラインで購入した。
また、ほとんどの女性が、プレゼントはUS$50以下であったと答えています。
あなたは最近女性から、何をプレゼントされましたか?
私は、実用的なものばかりです。
MarketingChartsは2008年10月22日に、ニューヨークタイムズ(The New York Times)からの「マーケティング・マルチプリーズ(Marketing Multipliers)」と呼ばれる裕福な女性の買い物傾向レポートを紹介し、家庭用電化製品とファッションに他の裕福な女性の2倍費やして、増加する購買を追い立てるのにより多くのオンラインと、劇的にオフラインの口コミを使用していると報告した。
少なくとも年収US$100,000がある3,000人以上の女性の定性面接と調査に基づいて、大規模なソーシャル・ネットワークで、他の裕福な女性と、有力な「マーケティング・マルチプリーズ(Marketing Multipliers)」を区別する個性と特色の組み合わせを特定した。
ニューヨークタイムズ(The New York Times)による「SEX and the CITY」に登場する女性の行動レポートと言うことになる。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/affluent-women-dramatically-multiply-major-purchases-with-word-of-mouth-6484/)または、URL(http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=105317&p=irol-pressArticle&ID=1214001&highlight=)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月3日に、Allen & Gerritsen (a&g)によるホリデーの消費者動向予測「お母さんと経済レポート」を紹介し、アメリカ人のお母さんがどう現在の経済危機に対処するかに関する調査から、ほとんどのアメリカ人が持っている米国決定権の80%であるオンラインお母さんが支払能力以上の債務を負うよう奨励され、完全に、平均的なアメリカ人の58%は考えが貪欲過ぎる(too greedy)と報告した。
アメリカ人のお母さんは、家庭の経済を抑制する方法を探して、調査された3人のお母さんのうちの2人(65%)は、絶対に必要でない購買を削っているか、約半分(52%)を排除していたことが判ったと報告した。
まさに、アメリカ人のお母さんが財布の紐を確実に握っていたことが明らかにした。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/moms-scale-back-greedy-behavior-rein-in-finances-6633/)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/moms-rein-in-greed-era-of-financial-overextension-over/)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月18日に、Marketing to Moms Coalitionによる米国お母さんレポート「The State of the American Mom 2008」を紹介し、米国の母親の圧倒的多数(90%)は、ウォール街の崩壊以前から、40%が経済の弱さからストレスを感じ、33%が利益より現在の家庭生活について強調していたと報告している。
政治家や経済学者より、家庭で生活している現場の方が現実的に把握していた。
つまり、テレビのコメンテーターより家庭のお母さんの方が正確な情報を持っていた。
レポートによると、最近の財政危機が始まる前にお母さんの中で経済的圧力が加わり、米国の経済危機が激化して以来、より悪くなるだけであったと報告している。
調査結果の中では、ストレスを加えられることを認める母親の数が上昇し、特にフルタイムで、低い収入のある母親に顕著に表れ、離婚しているおかあさん(47%)にとって、ストレスも上昇中であると報告している。
政治家や経済学者より、子供を守るという母性本能の方が明確に経済状況を把握し、対策も理解していた。
これでは、G8などの会合に経済学者や政治家が頭を揃えて悩むより、お母さんに経済対策を検討させた方が無駄がないといえる。
テレビ局の屑コメンテーターは、最悪のコメントしか話せないのも当然かもしれない。
お金持ちのおぼっちゃま政治家や、大学で政府の資金援助と共に高額給料をもらっている経済学者では、何も解決できない。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/moms-more-stressed-out-worried-about-kids-6873/)または、URL(http://blog.marketingtomoms.com/2008/10/state-of-american-mom.html)または、URL(http://www.marketingtomomscoalition.org/doc/Summary_of_State_of_American_Mom_10.8_TD.pdf)で知ることができる。