女性が衣類を購入するときの動機


オンラインで女性向けアイテムを販売するとき、女性向け製品を開発するときなど、人口統計の類似性にもかかわらず、異なった値と個性が彼らの習慣に影響を及ぼしている。消費者はユニークな個人です。個人的なレベルの消費者に接するために、マーケターがこれらのグループと彼らの動機を理解することが重要であることから調査され始めている。
Vertis Communications Customer Focus Fashionでは、これらのユニークな特性を定義するために、4種類の購買習慣に分類し、調査を実施している。IJNet(Internet Journalists Network)は、エディタ、ジャーナリスト、およびメディア専門家のために、東欧国の6カ国の活字メディアにおける、女性の表現に関する最近のレポートを公開したと報告した。
このレポート「Stereotyping: Representations of Women in Print Media in South East Europe」はサラエボのMediacentarがアルバニア(Albania)、ボスニア・ヘルツェゴビナ(Bosnia and Herzegovina)、ブルガリア(Bulgaria)、クロアチア(Croatia)、マケドニア(Macedonia)、およびセルビア (Serbia)で行われた調査を分析してPDFで公開した。調査結果では、メディアと政治上の自由は大いに向上したが、性に関連しする視点はいまだに残っていたと結論を下している。詳細情報はURL(http://ijnet.org/Director.aspx?P=Article&ID=305891&LID=1)で知ることができる。調査レポートはURL(http://snipurl.com/17dnk)でダウンロードできる。

女性を、「鋭く動き、活動的な人(Movers and Shapers)」「向こう見ず(Daredevils)」「なりたがり屋(Wannabes)」「保守的な人(Guardians)」に分類し、彼女たちの行動パターンを分析し、Center for Media Researchは2006年10月18日に、Vertis Communications Customer Focus Fashionが公開した調査レポートによると、大人達がどこで衣料品を購入するかを決定するときに、51%が折り込み広告を利用すると報告した。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=061018)または、URLhttp://www.vertisinc.com/PressReleaseDetail.asp?prid=92&pid=601)で知ることができる。

「鋭く動き、活動的な人(Movers and Shapers)」の37%は、US$3万未満の家族所得があり、「向こう見ず(Daredevils)」の38%がUS$5万の家族所得があり、34%がUS$3万未満の家族所得がある。つまり、忙しい女性より、向こう見ずの女性の方がお金持ち!

また、女性の18-34歳の8%、50歳以上の女性の30%は「向こう見ず(Daredevils)」で、50歳以上の女性の37%と65以上の女性の20%は「保守的な人(Guardians)」として分類された。

「鋭く動き、活動的な人(Movers and Shapers)」は新しいものの一定の衣服からキャリアまでの追求で偏見のない個人として記述されている。 それらは制御されるか、または制限されるのが好きではなく、高エネルギーグループといえる。

「向こう見ず(Daredevils)」は認識の競争力がある自然と一定の必要性に関して他のものから知られています。 これらの個人は、状態を評価して、選択を購入する。(その状態は、彼らの物理的な外観でしばしば反映される)

「なりたがり屋(Wannabes)」は自分達が欲しいものを持っている他のグループに似ていて、人生を楽しむ方法を知るのを切望します。 これら、大人達しばしばユニークで異なったものに引き付けられる。

「保守的な人(Guardians)」は予期されない状況を避け、もっとも計画的であるとは限らない。個人的な関係がこのグループでは重要です。(それは、伝統とルーチンを評価する)。

また、Vertis Communications Fashion研究は以下を明らかにした。
---店で見て回って購買するる人は、「向こう見ず(Daredevils)」が58%、「保守的な人(Guardians)」が50%
---オンラインで購買するる人は、「鋭く動き、活動的な人(Movers and Shapers)」が21%
---オンラインで探し、店を見て購買するる人は、「向こう見ず(Daredevils)」が13%、「なりたがり屋(Wannabes)」と「鋭く動き、活動的な人(Movers and Shapers)」が10%
--まず店を見て、つぎにオンラインで購入する人、「保守的な人(Guardians)」と「なりたがり屋(Wannabes)」が8%

「鋭く動き、活動的な人(Movers and Shapers)」は、
---40%が、たいていそれらのファッション項目のためにディスカウントストアで調査した。その行動を起こした「なりたがり屋(Wannabes)」は18%であった。
---忙しい個人で、18%は家族全員に商品を届けることができる店を選んだ。
---37%は、US$3万未満の家族所得がある。

「向こう見ず(Daredevils)」は、
---32%が、「最も良い値」はどこで買い物をするかを選択することが最も重要な要素で、29%が店でそれらに合う衣服で買い物する。
---最新の流行の店に最も興味が少なく、応答者の6%だけが、どこで買い物をするかを選択するとき、流行を気にしていた。
---38%がUS$5万の家族所得がある。34%がUS$3万未満の家族所得がある。
---女性の18-34歳のの8%、50歳以上の女性の30%は「向こう見ず(Daredevils)」に分類された。

「保守的な人(Guardians)」のファッションと、デパートの必要性
---27%はデパートで必要な彼らのファッションを購入する。
---カタログを使用することで最も買い物をした。
---どこでファッションの買い物をするかを選択するとき、33%は、最も良い値が動機づけになる要素であった。
---50歳以上の女性の37%と65以上の女性の20%は「保守的な人(Guardians)」として分類された。
MarketingChartsは2008年10月17日に、Nielsenによる「パワー・ママ(Power Moms)・オンライン活躍レポート」を紹介し、25歳〜54歳の米国の母親が提供する子育て/家族、非食物家庭用品、および美/化粧品に関するアドバイスは、普通のWebユーザーの2倍であったと報告した。
これらの「パワーおかあさん」が頻繁にオンラインで意見を提供する他の話題は、衣服/ファッション、食物、飲料、家の叙勲/インテリア、健康、ダイエット、および運動を含んでいた。
Nielsen Onlineの調査ディレクターで、メディア分析法の調査担当重役のChuck Schillingは、「私たちは、彼女らが長い間、情報請求者と関係アーキテクチャーとして保持している役割を広げるのにメール、オンライン・フォーラム、およびソーシャル・ネットワーキングWebサイトのようなオンラインの本道を使用することで女性を見すことができます。」
「彼らは新技術を恐れていません。おかあさんは、Webがチップとサポートのために他の両親に接するのを特に当てにします。そして、このグループは平均よりブログをおよそ25%多く書きそうです。」と言っている。
昔から、「パワーおかあさん」の井戸端会議はもの凄いが、新技術を恐れていないと言うことで、さらにパワフルになっている。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/connection-seeking-power-moms-twice-as-likely-to-give-online-advice-6426/)または、URL(http://www.nielsen-netratings.com/pr/pr_081015.pdf)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月22日に、ニューヨークタイムズ(The New York Times)からの「マーケティング・マルチプリーズ(Marketing Multipliers)」と呼ばれる裕福な女性の買い物傾向レポートを紹介し、家庭用電化製品とファッションに他の裕福な女性の2倍費やして、増加する購買を追い立てるのにより多くのオンラインと、劇的にオフラインの口コミを使用していると報告した。
少なくとも年収US$100,000がある3,000人以上の女性の定性面接と調査に基づいて、大規模なソーシャル・ネットワークで、他の裕福な女性と、有力な「マーケティング・マルチプリーズ(Marketing Multipliers)」を区別する個性と特色の組み合わせを特定した。
ニューヨークタイムズ(The New York Times)による「SEX and the CITY」に登場する女性の行動レポートと言うことになる。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/affluent-women-dramatically-multiply-major-purchases-with-word-of-mouth-6484/)または、URL(http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=105317&p=irol-pressArticle&ID=1214001&highlight=)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月3日に、Allen & Gerritsen (a&g)によるホリデーの消費者動向予測「お母さんと経済レポート」を紹介し、アメリカ人のお母さんがどう現在の経済危機に対処するかに関する調査から、ほとんどのアメリカ人が持っている米国決定権の80%であるオンラインお母さんが支払能力以上の債務を負うよう奨励され、完全に、平均的なアメリカ人の58%は考えが貪欲過ぎる(too greedy)と報告した。
アメリカ人のお母さんは、家庭の経済を抑制する方法を探して、調査された3人のお母さんのうちの2人(65%)は、絶対に必要でない購買を削っているか、約半分(52%)を排除していたことが判ったと報告した。
まさに、アメリカ人のお母さんが財布の紐を確実に握っていたことが明らかにした。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/moms-scale-back-greedy-behavior-rein-in-finances-6633/)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/moms-rein-in-greed-era-of-financial-overextension-over/)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月18日に、Marketing to Moms Coalitionによる米国お母さんレポート「The State of the American Mom 2008」を紹介し、米国の母親の圧倒的多数(90%)は、ウォール街の崩壊以前から、40%が経済の弱さからストレスを感じ、33%が利益より現在の家庭生活について強調していたと報告している。
政治家や経済学者より、家庭で生活している現場の方が現実的に把握していた。
つまり、テレビのコメンテーターより家庭のお母さんの方が正確な情報を持っていた。
レポートによると、最近の財政危機が始まる前にお母さんの中で経済的圧力が加わり、米国の経済危機が激化して以来、より悪くなるだけであったと報告している。
調査結果の中では、ストレスを加えられることを認める母親の数が上昇し、特にフルタイムで、低い収入のある母親に顕著に表れ、離婚しているおかあさん(47%)にとって、ストレスも上昇中であると報告している。
政治家や経済学者より、子供を守るという母性本能の方が明確に経済状況を把握し、対策も理解していた。
これでは、G8などの会合に経済学者や政治家が頭を揃えて悩むより、お母さんに経済対策を検討させた方が無駄がないといえる。
テレビ局の屑コメンテーターは、最悪のコメントしか話せないのも当然かもしれない。
お金持ちのおぼっちゃま政治家や、大学で政府の資金援助と共に高額給料をもらっている経済学者では、何も解決できない。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/moms-more-stressed-out-worried-about-kids-6873/)または、URL(http://blog.marketingtomoms.com/2008/10/state-of-american-mom.html)または、URL(http://www.marketingtomomscoalition.org/doc/Summary_of_State_of_American_Mom_10.8_TD.pdf)で知ることができる。