情報操作/2008年

fake information>>information operations


スロベニアのジャーナリストがは2008年1月4日金曜日にメディアで政府検閲と政治的圧力を調査するために独立委員会を創設するように政府へ要求したと、EU Businessは2008年1月4日に報告した。
東欧諸国でもメディア革命が本格化している。
daily Vecer, and SurcのジャーナリストのBlaz ZgagaとMatej Surcは、国際的専門家が「スロベニアで状況を評価して、メディア自由を改良するために貢献することがでるコミッション」に含まれるべきであると言っている。
国営TVのレポーターBlaz Zgagaは2007年に、検閲で政府を起訴した570人のジャーナリストによって陳情を開始した。
その陳情は、すべてのEU首都にも送っている。
しかし、3カ月後、EUの6カ月の大統領職を引き継いだ何日も後にも、スロベニアの苦情に対応する対策が全く実施されていなかったと言った。
ZgagaとSurcは、Ljubljanaの国営新聞Deloのディレクターと編集長を辞め、企業支配権を政府が管理しているJanez Jansa首相の投資会社centre-right government of weedingを起訴した。
The International Press Institute(国際新聞編集者協会)、the International Federation of Journalists(国際ジャーナリスト連盟)を含む報道機関は、この主張を調査するように政府に促した。詳細情報はURL(http://www.eubusiness.com/news-eu/1199471522.24)で知ることができる。
The Moscow Timesは2008年1月11日に、チェチェンの大統領Ramzan Kadyrovが2008年1月10日に民間TVを含め、イスラム教の短期集中コースを視聴者に放送しなければ、テレビ局を閉鎖すると脅したと報告した。
チェチェンの大統領Ramzan Kadyrovは、テレビ局の幹部社員、地元の管理者、およびイスラム教徒牧師とのミーティングで、テレビ局が急進的なイスラム教徒と戦うことを助けるために、イスラム教の基礎と本質について説明しなければならないと言った。
彼は、番組で「ワッハーブ主義(Wahhabism)の様々なカルトと、他の破壊的な活動の影響から若年層を遠ざけるのを助ける」と言ったと、インターファクス(Interfax)は報告している。
北コーカサス(North Caucasus)では、しばしば賊徒として動員する方法で、ワッハーブ主義と呼ばれたイスラム教がチェチェンで追随者を統一し、共和国を囲んでいる。
チェチェンの大統領Ramzan Kadyrovは、1990年代にチェチェンを巻き込んだイスラム教根本主義者と戦っている。しかし、彼はChechen法で、ギャンブルとアルコールを制限ことを含む、イスラム教の原則を採用している。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8419)または、URL(http://www.moscowtimes.ru/stories/2008/01/11/014.html)で知ることができる。
チェチェンの大統領Ramzan Kadyrovは、彼の父親で大統領であったAkhmad Kadyrovが2004年5月に爆破で暗殺された3年後の2007年2月に30歳で大統領に選出された。詳細情報はURL(http://www.indomedia.com/sripo/2004/05/10/10052004.html)で知ることができる。
しかし、チャチェンに平和はまだほど遠い。詳細情報はURL(http://www.20minutos.es/galeria/2309/0/mejores/fotos/miercoles/)で知ることができる。
Guardianは2008年1月11日に、米国国防総省の職員が2008年1月11日に報告した情報として、イランの船員が米国船を爆破させる脅威に直面したと言う事件に関して、確認ができなかったと認めた後に、日曜日にペルシャ湾の中でイランの監視船と米国の軍艦がかなりやばい状態になった報告した。
数人のニュース情報筋は、上級海軍の職員が、同じ領域の別の船か、海岸からの声で、米国軍艦を爆破しろと脅す声を聞いたことは認めていると報告している。
米国国防総省は別々に映像と音を録画、録音して、次に、それらを一緒にしたと言っている。
確実に、声の発信元をイランの監視船に同期していないことが知られるようになり、一気に大きな疑問が浮上した。
これは作為的に編集で合成された映像と音声であった。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8418)または、URL(http://www.guardian.co.uk/iran/story/0,,2239119,00.html)で知ることができる。
Transparency Internationalが毎年発行している、政府による不正に関するレポート「The Global Corruption Barometer report for 2007」を2007年12月にPDFで公開した。
そこには重要で、厄介な調査結果が多く含まれている。
この調査は60カ国で、6万4,000人に問い合わせた結果で、市民はどこで最悪の不正を発見するか、そして不正の今後についてプロフィールを作成したと報告している。
その中には賄賂を要求したり、求められているのは貧乏人であり、それが裏の税金として機能していると報告している。
Transparency InternationalのチェアーマンHuguette Labelleは、「政府は、それらの責任で単独ではありません。」と言っている。
そして、言葉巧みに正当化し、貧乏人を苦しめている。
彼らは、自分が悪人だと気が付いていなくて、当然のことと考えている。
これは、一種の精神的な病気でしょう。
厄介なのは、本人は病気とも気が付いていないので、直らない。
役得だと考えて、正当化する。詳細情報はURL(http://www.transparency.org/content/download/27256/410704/file/GCB_2007_report_en_02-%3Cbr%20/%3E12-2007.pdf)で知ることができる。
ABC Newsは2008年1月21日に、パキスタンでもっとも一般的なTVネットワークは、2月の議会選挙の前に独立しているメディアに口封じができる政府行動規範にサインした後、月曜日に放送を再開したと報告した。
2007年11月の非常事態の間に、ペルベズ・ムシャラフ大統領(President Pervez Musharraf)によって禁止されたすべての放送局は現在、再び放送を再開しているが、彼の忠実な支持者が彼の継続的なやり方に反対した党の反対運動をすると、元司令官が報道の自由を削除できる項目は残っている。
特に、元首を「中傷するか、または嘲る」デモンストレーションとプログラムの生中継を禁止できるコードは残ったままである。
さらに、アンカーとトークショー司会者がパキスタンの主権とセキュリティを脅かす意見を述べてはいけないことを示している。
RSF(Reporters Without Borders/国境なき記者団)は、GeoTVが解禁のお返しとして、2人の独立志向の解説者を番組に戻すことを止めるのに同意したと言っている。
メディア研究者のMehdi Hasan教授は、禁止令で財政上無力にされたGeoTVが、最終的に負けたと言っている。
メディア弾圧にもかかわらず、GeoTVは衛星を通してインターネットで放送したが、番組は、ケーブルテレビで利用できなかったので、ほとんどのパキスタン人は見ることができなかったと報告している。詳細情報はURL(http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=4166056)で知ることができる。
AP通信は2008年1月23日に、2つの非営利ジャーナリズム組織が調査した結果、ブッシュ大統領と一流の政府職員が2001年のテロ攻撃に続く2年間で、イラクから国家安全保障の脅威に関する何100もの誤った陳述を発行したことが判ったと報告した。
調査では、「事実上、世論を亜鉛めっきして、過程で明らかに誤った見せかけによる戦争で国を率い、調整されたキャンペーンの一部である」と結論を下した。
Fund for Independence in Journalismは、the Center for Public IntegrityのWebサイトで、その調査レポート「CPI Report Alert: Iraq - The War Card」を公開した。
研究調査で、2年間に935の誤った陳述を数え、ブッシュ大統領と政府職員がスピーチ、状況説明、インタビュー、および他の開催地で、少なくとも532回、明確にイラクにには大量破壊兵器があったと述べたか、それらを生産しようとしたか、得ようとしていた、またはアルカイダか両方に関係していたと言っていることが判った。
センターは、研究調査が2001年9月11日から2年間の情報で、25以上の政府報告書、本、記事、スピーチ、およびインタビューから作成されたデータベースに基づいたと報告している。詳細情報はURL(http://ap.google.com/article/ALeqM5ilEvmNkMwodj0jDtAWgNtOWmaRzQD8UBB2UO2)で知ることができる。調査レポート「CPI Report Alert: Iraq - The War Card」はURL(Center For Public Integrity)で登録してダウンロードできる。
日本製紙連合会会員では過去を含めて計16社が再生紙の古紙配合率の偽装が発覚したことを受け、製紙会社の業界団体である日本製紙連合会は「古紙配合率問題検討委員会」を設置し、2008年1月25日に初会合を開いた。また、日本製紙連合会は会員38社を対象にした偽装に関する調査結果を経済産業省と環境省に報告した。
RSF(国境なき記者団/Reporters Without Borders)は2008年1月30日に、イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)元首相が所有している新聞社5社に2個の弾丸を含み、殺人予告メッセージが書かれた手紙が届けられたと報告した。
最初に届いたのは2008年1月11日で、新聞「Il Giornale」の本部に残されていたと報告している。
ただし、脅迫状の最後に、「アラーは偉大」と書かれていたとも報告している。
2008年1月28日に、日刊新聞「Northern League」と「La Padania」にも拳銃用弾丸と手紙が届けられ、日刊新聞「Northern League」のメッセージにはリーダーであるウンベルト・ボッシ(Umberto Bossi)に対して脅迫文が合ったと書かれ、文章の終わりに「アラーは偉大」と書かれていた。
日刊新聞「La Repubblica」のWebサイトには2008年1月29日に、弾丸と脅迫状が届いたと新聞の編集長エツィオ・マウロ(Ezio Mauro)が報告している。
同様の手紙は新聞「Corriere della Sera」の編集長パオロ・ミエリ(Paolo Mieli)にも届いたと報告している。
ビジネス日刊新聞「Il Sole 24 Ore」も2008年1月28日に、弾丸と脅迫状が届いたと報告し、メール・ソーティング・センターで妨害されたと言っている。
まさにマフィアの国イタリアの事件ですが、犯人が本当に「アラーは偉大」と言う言葉に関係しているのかどうか?当局の捜査を見守る必要がある。
ただし、薄気味が悪い脅迫である。詳細情報はURL(http://www.rsf.org/article.php3?id_article=25278)で知ることができる。
EU Observerは2008年1月30日に、ベルギー警察がヨーロッパ人権裁判所(European Court of Human Rights)で長年に渡って表現の自由違反で争って記した裁判で、元ブリュッセルのジャーナリストに約1,000ページのドキュメントを返却し、伝説の裁判を終わらせると報告した。
ベルギーの警察本部長Philippe Charlierは2008年1月30日に、2004年に押収したドキュメントが返されることをドイツのニュース雑誌「Stern」のブリュッセル事務所に知らせてきた。
雑誌「Stern」の記者Hans-Martin Tillackが、EUの反詐欺機構「OLAF(オラフ)」のオフィスで、EU職員の贈賄について記事を発表することができるようにと示唆した後に、家と事務所が家宅捜査を受け、ドキュメントが押収された。
彼が2002年に発表した記事は、反詐欺機構「OLAF」からの漏らされたドキュメントに基づて書かれていた。
「OLAF」から情報にについて、ベルギーの警察は、数時間Hans-Martin Tillackを引き止め、彼の家と事務所を捜して、16箱のドキュメントと、2個の資料箱、2台のコンピュータ、および4つの携帯電話を差押えた。
ヨーロッパ人権裁判所は、2007年に表現の自由への彼の権利に違反していたと言ったとき、裁判に持ち込み、Hans-Martin Tillackの弁護を遅らせた。
また、法廷は、罰金3万ユーロ(1ユーロ=158円)と、「道徳的な損害賠償」として別途1万ユーロをジャーナリストに支払うように言い、ベルギー当局はそれに同意した。
これだけ長期に渡った裁判で、632万円では安すぎる!
雑誌「Stern」の記者Hans-Martin Tillackは、裁判で支援してくれたIFJ(International Federation of Journalists.国際ジャーナリスト連盟)に、1万ユーロを寄付すると言っている。詳細情報はURL(http://euobserver.com/9/25567?rss_rk=1)または、URL(http://www.cmo.nl/pe/pe28/pe-287.html)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8635)で知ることができる。
The Independentは2008年2月27日に、フランスのニコラス・サルコジ大統領(President Nicolas Sarkozy)が火曜日に、自身で間違えて週末の農芸展覧会の傍観者に侮辱を与えたことを公式に認めたと新聞「Le Parisien」のインタビュー記事で報告されたが、サルコジ大統領は謝罪した記憶が無いと言い出したと報告している。
新聞「Le Parisien」の編集者は、サルコジ大統領がそのようなことを言わなかったことを認め、大統領府(Elysee Palace)がテキストを改訂するように主張し、後で後悔の言葉を挿入したことであった。
サルコジ大統領が、土曜日のインタビュー・ビデオ・サイトでもっとも需要の多いクリップの一つで、パリのSalon de L'Agricultureへの訪問者に対し、悪い俗語で貶した。
新聞「Le Parisien」のインタビュー記事に、サルコジ大統領は。
「大統領でなかったとしても、侮辱に応じないことは難しい..もし、大統領であるから、彼らの足を拭く人々のためにそれを言ってはいけません。それでもなお、答えなかったならば、それはよりよかったといえるでしょう。(It is difficult, even when you are a President, not to respond to an insult... Just because you're President, you're not there for people to wipe their feet on. All the same, it would have been better if I hadn't replied to him.)」といっていたと書いていた。
Le Parisienの編集者Dominique de Montvalonは、後で、サルコジ大統領がその時、わずかの後悔の言葉も言い表さなかったことを明らかにした。
テキストが改訂されたとき、最終的な単語は大統領府(Elysee Palace)がによって加えられた。
政治家だけに一般的に許容した。
大統領府(Elysee Palace)は、付記された単語は大統領が言おうとした意図したことに関する「精神(in the spirit)」であると言った。詳細情報はURL(http://www.independent.co.uk/news/europe/sarkozy-sorry-for-trading-insults-or-is-he-787928.html)で知ることができる。
ニューヨークタイムズは2008年2月26日に、アラバマ州ハンツビルのテレビ局がCBS Newsの「60 Minutes」という番組で、元ブッシュ政府職員で、元民主党の知事カール・ローブ(Karl Rove)の政治信念にかかわる潜在的ぺてんに関するレポートを放送した正確な日曜日の夜の時間12分間ブラック・アウトだけを視聴者に提供したと報告した。
その放送の中断は、何人かの視聴者、特に民主党後援者のDon Siegelman、停電の後で、熱心な政治支持者の利益を損なったとして元知事に容疑を提起した。
何人かのCBS幹部社員さえ初めにその理由をいぶかった、放送局WHNT-テレビ(WHNT-TV)の総支配人Stan Pylantは、どんな他意も否定し、すぐに、日曜日と月曜日の夜のニュース放送とWebサイトで、ブラック・スクリーンのレポートを提供し、「私たちは、ライセンスが何を意味するかを知っています。」「政治的な理由が全くこれにありませんでした。」と言っているが、タイミングが良すぎるにも係わらず、理由を技術的問題だけで弁明しようとしていたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2008/02/26/business/media/26tele.html?ref=todayspaper)で知ることができる。
AlterNetのMark Weisbrotは2008年3月12日に、マスメディアは、21世紀に社会的で経済の進歩で最も重要な障害の1つになったと報告した。
アル・ゴア(Al Gore)は彼の本「The Assault on Reason」で、「自由出版物は、事実が私たちの民主主義の免疫システムとして…大過失に対して機能すると思われることが、分かった。」と言っている。
メディアのスクープがどう虚偽を繰り返したかは、大きな問題になっている。
ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が、大統領候補者バラック・オバマの政敵が流した「オバマはイスラム教徒であると」流していること報告するとき、「真実は、彼がクリスチャンである」と従う文を書く必要がある。
それを忘れると、政敵が流した情報が真実になる危険性がある。
メディアは、この種類の「免疫システム」をイラクで採用していなかった。
その結果、米国人の70%以上はサダム・フセインが2001年9月11日の同時多発テロにかかわったと確信していた。
恐らくより良いジャーナリズムと共に逸らされたかもしれない暴力で、4,000人以上の米国人と100万人以上のイラク人が殺された。
Center for Public Integrityの2008年度版「The War Card: Orchestrated Deception on the Path to War」によれば、ブッシュ大統領によるドキュメントや陳述で、935の誤った表記があった。
レポートは、「全面的な報道機関による情報の大部分はイラクに関するブッシュ政権の誤った陳述に追加して、'独立している'合法化された記事を提供した。」と言っている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9123)または、URL(http://www.alternet.org/mediaculture/79465/)で知ることができる。
Center for Public Integrityの2008年度版「The War Card: Orchestrated Deception on the Path to War」については、URL(http://www.publicintegrity.org/default.aspx)または、URL(http://www.tfij.org/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8558)で知ることができる。
最近、話題にならなくなって、忘れられたようになっている米国で起こった政府によるVNRsを使った偽ニュース問題について、再度掘り起こした本「True Enough」を出版し、その概要をSalonで執筆者のFarhad Manjoo自身が2008年3月19日に公開した。
VNRsは、マスコミに配布されるビデオ版ニュースリリースと呼ばれもので、比較的未知であったTVニュースは、油断のならない広報戦術にはまり、いとも簡単に地方TV局が騙された。
それを見破ったのが、マディソンにあったCenter for Media and Democracyのロビン・ラスカン(Robin Raskin)であった。
ロビン・ラスカンは2005年のホリデー・ショッピング・シーズンに、世界で最もポピュラーな機械装置によって引き起こされた隠された危険を心配し始めた。
ロビン・ラスカンは、短い茶髪で小癪な中年女性で、彼女は一度「インターネットのおかあさん」と呼ばれる雑誌コラムを書いたことがあった。
自分が子供がどう技術を使用するか、と専門に考え始めた。
そして、iPodで国中の地方TVニュース放送にアプローチし、彼らのやり方に噛み付居たと報告している。
つまり、ほとんどの地方TVが、政府が配布したVNRsをあたかも自分たちで取材したように放送していた。
マスコミまでが、これほど簡単に騙され、政府の洗脳ビデオを地域住民に流していた。
彼らは、ニュースリリースを疑わなかった!
マスメディアに、リテラシーもなかった。詳細情報はURL(http://machinist.salon.com/feature/2008/03/19/true_enough_excerpt_3/index.html)または、URL(http://www.amazon.com/gp/product/0470050101?ie=UTF8&tag=saloncom08-20&linkCode=as2&camp=1789&creative=9325&creativeASIN=0470050101)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9188)で知ることができる。
IHT(International Herald Tribune)は2008年3月25日に、北京オリンピックの聖火点火式で起こった反中国政府の「Catching-the-Shrimp」抗議を中国メディアは、何も起こらなかったことにしたと報告した。
中国の生放送は、存在しない!
「LIVE」と書かれた中国の国営テレビCCも生放送ではなかった。
国家管理の中国メディアは、オリンピック組織委員会のLiu Qi委員長が演説していたときに起こった、恥ずかしい抗議運動について言及しないで、北京では他の映像になったと報告した。
デモ参加者は2008年3月24日月曜日に、セキュリティを回避して、ギリシャで抗議運動が起こった。
その時登場したのは、明らかにRSF(Reporters Without Borders/国境なき記者団)が以前から掲載していたオリンピックのリングを手錠に取り替えられた黒いバナーを広げてデモ参加者が乱入に成功し、世界中の新聞、Webサイト、テレビ放送が報道した。
しかし、中国では一切登場しなかったと報告している。
抗議を無視した英語版の「中国日報」は、最近のチベットの暴動の'ひずみで時々不正直な'適用範囲で、いくつかのメディアを起訴する重要な記事を配信した。
また、テレビも抗議を無視した。
中国の国営テレビCCは、月曜日にちょうど抗議の映像を切り取って、事前に録音された場面を表示し、中国人視聴者が事件を見ることを防いだ。
中国のテレビの解説者は、一切それについて言及しなかった。
検閲官が介入することを許容して、テレビはわずかな遅れで放送された。
CNNとBBCからの国際テレビ放送が、抗議の場面を配信したとき、外国人だけはアパートやホテルで見ることが可能で、びっくりしていた。
テレビの生放送の脅威を無気力にし、中国は北京オリンピックの間、天安門広場からテレビ生中継を禁じるかもしれないと報告している。
もう、北京オリンピックの生放送は、編集されるのが常識になった。詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/ap/2008/03/25/sports/AS-SPT-OLY-Beijing-No-Coverage.php)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9215)で知ることができる。
The Localは2008年5月4日に、ロシアのキャパと言われた写真家Yevgeny Khaldeiが撮影した、ドイツ帝国議事堂にハンマーと鎌のソ連国旗を掲げるソ連軍人の写真の真実が明らかになったと報告した。
それらは2008年5月9日からベルリンのMartin Gropius Bauで展示会が開催される。
そして、新しい真実の詳細がニュース雑誌Der Spiegelの今週号で明らかにされたと報告した。
写真家Yevgeny Khaldeiが屋根の上で3人のソ連兵の軍人が各手首に1個づつ、2個の腕時計を身につけていたことが判った。
それは、明らかにソ連兵の戦利品強奪を意味し、英雄的な軍人のイメージではなかった。
そそこで彼は、2個目の腕時計を引っ掻き、赤軍が中央のベルリンに行進したすぐ後に、写真のネガがモスクワに送られ、その写真が写真画報に印刷された。
写真家Yevgeny Khaldeiは、写真により多くの煙を加え、風で満たされた大きな旗に置き換えていた。
写真家Yevgeny Khaldeiは、最も重要なソ連の戦争写真家のひとりとして尊敬され、1997年に死去した。詳細情報はURL(http://www.thelocal.de/11687/20080504/)で知ることができる。
まさに写真家Yevgeny Khaldeiは、戦場の情報操作を多用した写真の手品師であった。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9669)で知ることができる。
IHT(International Herald Tribune)はAPからの情報として2008年5月13日に、国営メディアが2008年5月13日にベトナム輸送大臣の辞職をうながした主要なギャンブルと買収疑惑スキャンダルに関して積極的に報告した2人のジャーナリストを当局が逮捕したと報告した。
2人のジャーナリストは、輸送省の役人がヨーロッパのサッカーの試合にUS$何百万を賭けたというレポートを新聞「Tuoi Tre(若者)」で報告し、それが「偽情報」として起訴され、2008年5月12日に警察に連行されたと、新聞「Tuoi Tre」が報告している。
ギャンブルはベトナムでは不法で、運輸大臣Dao Dinh Binhを含む数人の役人など、9人の名前がレポートで明らかにされた。
2005年後半に、新聞「Tuoi Tre」で33歳のNguyen Van Haiが最初に報告し、さらに新聞「Thanh Nien(若い人たち)」で56歳のNguyen Viet Chienがレポートして起訴されたと、新聞「Tuoi Tre」が報告している。このスキャンダルはBBCでも「Vietnam ministry hit by scandal」として報告している。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/2/low/asia-pacific/4874600.stm)で知ることができる。
新聞「Tuoi Tre」と新聞「Thanh Nien」は、ベトナムでもっともポピュラーで攻撃的な新聞として知られ、その2紙でスキャンダルをカバーしたが、2紙に対する罰金は2008年5月13日の時点で明らかにされていない。
新聞「Tuoi Tre」は2007年に不審尋問で何10人もの地元ジャーナリストが出頭を命じられ、2008年5月13日の時点で当局が事件の証拠をどこから得たのか不明瞭であると言っている。詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/ap/2008/05/13/asia/AS-GEN-Vietnam-Journalists-Arrested.php)または、URL(http://www.tuoitre.com.vn/Tianyon/Index.aspx)または、URL(http://www.thanhniennews.com/)で知ることができる。
誤報か?
虚報か?
それとも政府の情報操作か?
隣国のカンボジアには、国営のカジノもあり、プノンペンにはカジノが林立していると聞いている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9732)で知ることができる。
ABC Newsは2008年5月14日に、ベトナムの共産党員政府の運輸大臣Dao Dinh Binhを贈収賄、ギャンブル、および汚職事件で告発したベトナム人ジャーナリスト2人を逮捕した事件で、ベトナム共産党員政府と国が管理している新聞社の間で、非常に珍しい対立が起こっていると報告した。
一般に、国に管理されているメディアであるベトナムの新聞は、政府に丁重であったが、今回の逮捕は、ジャーナリストとブロガーから抗議の急流を解き放った。
ブロガーは、今回の逮捕という阻止が、ベトナムで最も緊急の問題の1つ不正に対する攻撃的な報告として、がっかりさせたと言った。詳細情報はURL(http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=4851242)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9752)で知ることができる。
Editor and Publisherは2008年5月14日に、米国国防総省による従軍記者(embedded journalist)プログラムに対する論争は、2003年のイラク侵略開始時期の数種間に、何かがジャーナリストを妥協させたというレポートをまとめていると報告した。
軍に取り込まれた、優遇されたジャーナリストが書いた記事。
レポートを書いているのは、社会学者のアンドリュー・M.リントナー(Andrew M. Lindner)で、米国のAmerican Sociological Associationが発行している雑誌「Context」で、イラク戦争開戦の最初の6週間に、メディア報道の実質的な内容として、これまでで唯一の社会学上の研究として記述される。
リントナーは、米軍が強調されている状態で、ジャーナリストがイラク市民のために、その結果を取材したより、しばしば軍事的な成功を埋め込んだことが判ったと言っている。
リントナーは、ペンシルバニア州立大大学(Penn State University)で彼の博士論文として完成させるため、埋め込まれたプログラムが、レポーターに民間戦争経験の恐ろしい現実ではなく、軍が面している恐ろしい現実に焦点を合わせ続けることによって、米国国防総省の勝利(Pentagon victory)であることを立証したと書いている。
リントナーは、戦争のサポートに組み込むことを望んでいた管理のためのコミュニケーションの勝利は、イラクの最初の6週間に156人の英語活字メディアの記者によって書かれた742のニュース記事を分析した結果として、証明したと報告している。詳細情報はURL(http://www.editorandpublisher.com/eandp/news/article_display.jsp?vnu_content_id=1003803787)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9753)で知ることができる。
ロイターは2008年5月21日に、フランス控訴裁判所は2008年5月21日水曜日にパレスチナ人少年Mohammed Al Duraの殺害に関するレポートで、「France 2」テレビで放送された中傷の議決を否定したと報告した。
パリ法廷は、レポートの真実性を疑ったメディア評論家Philippe Karsentyを支持したが、同時にフランスの2人のジャーナリストが専門的に行動したことを認めた。
オンライン・メディア論評サイトのヘッドPhilippe Karsentyは、テレビ局が放送した画像がイスラエルの通信員が、後でパレスチナ人過激派グループのシンボルになった画像を加工していたことが判ったことから、声明で2006年に中傷であるとして上告した。
法廷は、新しい画像が「France 2」の専門家の意見を除外することを許容しなかった判決であったと言ったが、それは国の検察官アントワーヌ・バルトリ(Antoine Bartoli)による新しい証拠が'完全ではなく、また重大でなかったというクレームを拒絶した。
「France 2」の弁護士Francis Szpinerは、決定に失望したが、判決でニュアンスを示したと言って、クライアントがフランスの最高控訴裁判所に上告すると言った。詳細情報はURL(http://www.reuters.com/article/middleeastCrisis/idUSL21033039)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9824)で知ることができる。
ニューヨークタイムズ(New York Times)は2008年6月3日に、2007年空きにテレビのトークショーでMikhail G. Delyaginという著名な政治評論家が、ウラジミール V. プーチン(Vladimir V. Putin)に関して、いくつかの厳しい単語を使って話したが、後で番組が放送されたとき、Mikhail G. Delyaginの話した部分が放送されなかった。
放送では、話した部分が消されただけではなく、彼自身をすべて抹殺するようにデジタル消去されていたと報告している。
Mikhail G. Delyaginは、しばらくクレムリンによってテレビのニュースと政治上のトークショーから禁じられたいわゆる取引停止者名簿(the so-called stop list)に記録されていたことが判った。
そのリストには、政敵、政府の他の評論家なども掲載されていた。
また、権力基盤を固めるプーチンが、ますますどうクレムリンによって制御されたTVネットワークを構築する衝撃的なしるしで、特に最近の選挙でそのリストが頻繁に使用されていたと報告している
1年か2年前に、テレビにいた相手は選挙キャンペーンの間、もう少しで消え失せるところであった。
プーチンが党のために議会で地滑りに勝って、次に、彼のプロテジェをインストールしたので、後継者としてドミトリー・A.メドベデフ(Dmitri A. Medvedev)は消されないで済んだと報告している。
プーチンは、現在、首相だが、ロシアのリーダーであるとまだ広く考えられている。
と報告している。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2008/06/03/world/europe/03russia.html?ref=todayspaper)で知ることができる。
なにしろ、1年か2年前に消されかけたメドベデフが大統領ですから、当然なのかもしれない。
恐ろしい!
放送の自由は、そこにあるはずもない。
しかし、それはロシアだけではない。
身近でも「干す」「キる」という言葉で、起こっている。
そして、不思議な人が、不思議な権力でテレビに出続けている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9991)で知ることができる。
Physics Worldは2008年6月19日に、the International Journal of Low Radiationからリリースされた論文「Abundant health from radioactive waste(放射性廃棄物からのはちきれんばかりの健康)」を紹介した。
これはもちろん、警鐘をならすために書かれた論文であったと報告している。
この論文は、ミズーリ大学(University of Missouri)の生物化学(Biochemistry)名誉教授(Emeritus Professor)のDon Luckeyが書いた。
Luckeyは「放射線ホルミシス」の提案者で、大量投与で死んでも小量放射線量が実際に良い場合があると嫌みを書いている。
その一例は、バーナード・コーエン(Bernard Cohen)による1995年の論議を呼んだ研究で、Luckeyによるとコーエンは、米国の地域に放射性ガスラドンの高いレベル地域に住んでいる人々が、放射線ホルミシスのために肺癌での、死亡例が減っていると報告している。
しかし、2003年に、ジェリー・パスキン(Jerry Puskin)は、これらの領域で喫煙する別の数値を考えることによって、死亡例が減ったことについて説明した。
Luckeyは最新の論文で、このデータを無視したように思えたと報告している。
まさに、科学的データのパラドックスを利用すれば、何でも正当化できる。
つまり、どのデータを採用し、どれを排除するかは、その科学者の裁量にかかっている。
だから、米国農務省がBSEの時に、科学的データが立証していると言う理論を否定した。
ところが、日本の馬鹿科学者と役人はそれに従って、国民を裏切った。詳細情報はURL(http://physicsworld.com/blog/2008/06/abundant_health_from_radioacti.html)または、URL(http://www.inderscience.com/search/index.php?action=record&rec_id=18820&prevQuery=&ps=10&m=or)または、URL(http://www.inderscience.com/browse/index.php?journalCODE=ijlr)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10173)で知ることができる。
農林水産省や県などの調べで2008年6月17日に、日本一のウナギの出荷量を誇る愛知県一色町の「一色うなぎ漁業協同組合」が、生産履歴のはっきりしないうなぎ70トンを、「国産」や「一色産」と表示して出荷していたことが判明した。
静岡市の食品総合商社「東海澱粉(でんぷん)」によるウナギの産地偽装事件で2008年6月19日に、鹿児島地検は法人として、産地誤認惹起(じゃっき)の不正競争防止法違反で鹿児島地裁に起訴した。
2008年6月21日に、岐阜県養老町の食肉卸売会社「丸明(まるあき)」が、ブランド和牛「飛騨牛」を偽装表示していたとされる問題が発覚した。、養老店で「飛騨牛」と銘打って販売していた牛肉について、「肉の9割以上が、飛騨牛の基準(3等級以上)に満たない格下の2等級肉だった」と複数の従業員らが証言した。
「丸明」では、牛肉の消費期限を改ざんしていた疑いも出ている。
2008年6月24日になって、育種改良した種豚「美濃ヘルシーポーク」でも2、3割が愛知県産や滋賀県産だったことが明らかになってきた。
元従業員は「社長は岐阜県産や飛騨牛など地元産にこだわっていたので、直営店では偽装が日常的に行われていたと思う」と話している。
2008年6月25日に、大阪市中央区の「魚秀」が中国産を「愛知県三河一色産」として販売し、実体のない架空会社名を表示していたことが判明した。
農林水産省は2008年6月25日に「極めて悪質」として、「魚秀」とマルハニチロホールディングスの子会社で卸売業者「神港魚類」に対して、JAS(日本農林規格)法違反で改善指示を出した。
イギリスのThe Guardianは2008年7月1日に、BBCがノルウェー最大の民放「TV2」と共同で制作したドキュメンタリーで、その素材に問題があるとして、大論争になっていると報告した。
そのドキュメンタリーは、ニジェールの飢饉に関するレポートで、「TV2」が制作したレポートが間違っているとBBCが主張し、その一連の事件をニュースで報道した。
MediaGuardian.co.ukが入手したメールでは、BBC Worldwideの販売幹部は、本質として否定的な「TV2」ドキュメンタリーのその後の表示で、アーカイブの場面を再使用するスウェーデンの放送局に、許可を与えることを拒否した。
ドキュメンタリーの中身に当惑させられているのでBBCが許可を撤回したとして、TV2幹部は起訴した。
「Famine Scam」と題する「TV2」のドキュメンタリーは、2005年に西アフリカのニジェールで国が飢饉に対する対応で失敗があったと共同で報告するために、国連とBBCを非難している。
ニジェールの首相、地元住人、その領域で働いている医師、米国の援助機構のスポークスマン、および他のジャーナリストを含んだ映像の会見相手は、どんな飢饉も存在しなかったと主張している。
ドキュメンタリーの結末は、BBCレポートの後でニジェールに押し寄せた援助が食糧不足より大きな害を引き起こしたかどうかに関する疑問を挙げた。
BBCは元々撮影されたレポートを使用する免許をニジェールからドキュメンタリーのプロデューサーに与えた。しかし番組が今年より早々ノルウェーで放映された後に、BBCは許可を引き下げた。
その拒否は、4月にスウェーデンで番組内容を短くしなければならないことを意味した。
BBCニュースクリップの省略は、また、ドキュメンタリーの劇的な影響を減少させ、主要な議論を破壊した。
元の形のままのドキュメンタリーは、2008年のモンテカルロTVフェスティバル(Monte Carlo TV festival)で、より早く「TV2」ドキュメンタリーとして、3位を与えられた。詳細情報はURL(http://www.guardian.co.uk/media/2008/jul/01/bbc.television)で知ることができる。
これは、BBCが途中で許可をしなくなった時点で、BBC側にとんでもない事情がありそうとも言える。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10260)で知ることができる。
Moscow Timesは2008年7月2日に、カスピ海に面したダゲスタン(Dagestan)共和国の捜査官が地方週刊新聞「Nastoyashoye Vremya」の創設者がジャーナリストの仕事に干渉していたという主張に対し、犯罪捜査を本格的に開始したと報告した。
検察官は、地方週刊新聞「Nastoyashoye Vremya」の創設者Rizvan Rizvanovが不法に新聞方針に影響を及ぼしたと疑い、元の捜査官は、もしRizvan Rizvanovが断罪されるなら禁固刑最大2年になると2008年7月1日火曜日に言ったと報告している。
報道の自由をモニターする国の主な組織のひとりは、放送局の所有者がしばしば編集方針を妨げていると報告されるが、結局調査されないと言った。
共和国の首都マハチカラ(Makhachkala)のKirovsky地区の捜査幹部は、「2007年10月から2008年3月まで、Rizvan Rizvanovは、彼が好んだ情報をジャーナリストに発表させ、彼を不快にさせた情報を公表記事から取り外すように強制した。」と言っている。
1つの具体的な例では2007年10月にRizvan Rizvanovは、彼を不快にさせた情報を書いたジャーナリストのリストを渡したと、Nastoyashoye Vremyaの元編集者Sergei Rasulovは言っている。
捜査官のAligalbatsevは、最終的にジャーナリストが2008年4月前半に地方の捜査官に起訴状を渡し、Rizvan Rizvanovに対する犯罪捜査は2008年6月16日に公開されたと言っている。
Extreme Situationsのジャーナリズム・センター指導官オレーグ・パンフィーロフ(Oleg Panfilov)は、Rizvanovの犯罪が「ユニークである」と言っている。
彼は、干渉に関してエディタの方針を崩壊すると「ジャーナリストはしばしば不平を訴えるが、何も立証できない。」と言っている。
パンフィーロフは、地方の管理がしばしば管理される他のロシアの領域と対照的に、ダゲスタンのメディアはニュースの代替の見解を提示する多くの強力な民族よって管理されていると言った。詳細情報はURL(http://www.moscowtimes.ru/article/1010/42/368676.htm)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10259)で知ることができる。
中国情報局が2008年7月4日に、中国サイト「日本は変態報道」NHK「放送してない!」を公開し、中国のポータルサイト「21CN」が、「日本のテレビ局の台風のニュースは、極めて変態」と題するページを掲載していることが分かったと報告した。
早速、中国のポータルサイト「21CN」を調べたところ、URL(http://et.21cn.com/picture/shishi/2008/06/27/4889471.shtml)が見つかり、そこには日本のテレビ報道のシーンとして、明らかにニュース番組ではない画像も多く掲載されている。
中国情報局は、21CNで合成された画像を使用した可能性があると分析している。詳細情報はURL(http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0704&f=national_0704_028.shtml)で知ることができる。
かなり、悪質な冗談といえる。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10275)で知ることができる。
Africa en Ligneは2008年7月26日に、エジプトの報道機関はこの1週間、エジプトの暗殺されたアンワル・サダト・エジプト大統領(Egyptian President Anwar Sadat)の殺人者を描いたイランの映画と、カイロとテヘランの関係について激しく報道をしていると報告した。
エジプトの独立系として、リーダーの新聞「Al Masry Al Youm」は、エジプト政府が論議を呼んだ映画からイランとの外交接触を減少させていると報告した。
「Al Masry Al Youm」の記事は、「エジプトは、7月29-30日にテヘランでの外務大臣非同盟運動予備会談で表現を抑えると決めた。」と書いている。
和平協定をイスラエルと結ぶために積極的であったサダトの暗殺者を描くイランの全国テレビ放送で示されたドキュメンタリーの単語を封じ込め、エジプトでは、殺害したリーダーを「反逆者」と吹き替えている。詳細情報はURL(http://www.afriquenligne.fr/egyptian-press-focuses-on-iranian-film-controversy,-reaction-200807269609.html)または、「New Iranian film on Sadat stirs controversy in Egypt」のURL(http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1215330886983&pagename=JPost/JPArticle/ShowFull)または、「Spat over Iranian film on Sadat」のURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7523967.stm)または、「Egypt summons Iranian diplomat over Sadat film」のURL(http://www.iranfocus.com/en/iran-general-/egypt-summons-iranian-diplomat-over-sadat-film.html)で知ることができる。
1977年11月19日に、1947年にイスラエル建国以来初めて、アラブ首脳としてエジプトのサダト( Muhammad Anwar al-Sadat/1918 - 1981)大統領がイスラエルを訪問した。
1981年10月6日に、エジプトのサダト( Muhammad Anwar al-Sadat/1918 - 1981)大統領が第四次中東戦争開戦日を記念しその勝利を祝う戦勝記念日のパレードを観閲中に、兵士ハリド・イスランブリ(Khalid Ahmed Showky El-Islambouli)中尉により暗殺された。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10517)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2945)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4540)で知ることができる。
BBC Newsは2008年7月30日に、視聴者参加番組の誤魔化しがあったいんちきとして、マスコミ監視組織Ofcomによって、BBCが罰金40万£を請求されたと自ら報告した。
テレビ番組「The Comic Relief」「Children in Need」「Sport Relief TV」ショー、Music and Jo WhileyのRadio 1noショーのリズ・カーショー(Liz Kershaw)と共に6つのスキャンダルで引っかかっていた。
この番組では、視聴者が電話で参加するように放送されたが、そのときはすでに勝者が決まっていた。
つまり、すでに勝者が決まっていたので、生放送で参加した人は誰も勝者になれなかった。
Ofcomは、何人かの番組制作者が、競争で聴衆に勝ち目を全くなかったが、とにかくそれらを放送することを知っていたと言った。
声明でBBCは、この問題についてずっと以前から、された謝罪と「空前の行動計画」で、その件を高く取扱うことが、「非常に真剣に」検討されていたと言いました。
これらのプランは1万9000人以上スタッフのためのトレーニング、競争を実施するときに番組制作者に実施する新しい指導、および、より厳しい行動規範を含んでいた、と言い足しましたと報告している。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/7497168.stm)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10547)で知ることができる。
BBC Newsは2008年7月30日に、視聴者参加番組の誤魔化しがあったいんちきとして、マスコミ監視組織Ofcomによって、BBCが罰金40万£を請求されたと自ら報告した。
テレビ番組「The Comic Relief」「Children in Need」「Sport Relief TV」ショー、Music and Jo WhileyのRadio 1noショーのリズ・カーショー(Liz Kershaw)と共に6つのスキャンダルで引っかかっていた。
この番組では、視聴者が電話で参加するように放送されたが、そのときはすでに勝者が決まっていた。
つまり、すでに勝者が決まっていたので、生放送で参加した人は誰も勝者になれなかった。
Ofcomは、何人かの番組制作者が、競争で聴衆に勝ち目を全くなかったが、とにかくそれらを放送することを知っていたと言った。
声明でBBCは、この問題についてずっと以前から、された謝罪と「空前の行動計画」で、その件を高く取扱うことが、「非常に真剣に」検討されていたと言いました。
これらのプランは1万9000人以上スタッフのためのトレーニング、競争を実施するときに番組制作者に実施する新しい指導、および、より厳しい行動規範を含んでいた、と言い足しましたと報告している。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/7497168.stm)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10547)で知ることができる。
イギリスのUK Press Gazetteは2008年8月15日に、国家安全保障のための査問からレポーターと公衆を禁止する計画を断念するようイギリスのにゴードン・ブラウン(Gordon Brown)首相を説得するキャンペーンが拡大していると報告した。
問題になっている法案は「The Counter-Terrorism Bill」といい、28日間までテロ容疑者を引き止めるという提案によって、よりよく知られているが、司法長官が査問から陪審を取り除いて、政府に「特別任命検死官(specially appointed coroner)」の任命権のパワーを与えようともしている。
この請求は、軍隊に関する不遍で、とくOxfordshireにあるBrize Norton RAFベースの束縛のないニュース源であるに軍事の査問に影響する。
議会休止の後の上院で請求が討論されるように設定され、もしこの法案が通過すると、公共の査問を保持する昔からの権利をひそかに害すると警告した。
Society of EditorsのディレクターBob Satchwellは、
「ポイントは査問が重要な公の席であるということです。」
「考えは公共の関心とこれからどこで行動を取るべきであるかに関して、公衆の注意を喚起することです。」と言い、来月、Newspaper Societyと共に高官に会うことになっている。
「私たちは、いつも公益がある報告を隠す必要が時にはあると認めました。」
「しかし、簡単なポイントはこれらの強国が非常に控えめに使用されるべきであるということです。」
この法案が通過すると、結局政府と軍隊の「恥ずかしい」話の報告を止める査問から、レポーターを排除する強国を「いろいろな場合に使用することができる」と言った。
政府と軍隊にとってまずいことは、報道の自由を剥奪し、報道できなくしようとしている。
ゴシップ主義で、ときには捜査の途中で報道され、弊害が出ていると言う事実も認めている。
しかし、だからといって簡単に報道規制をすることも大いに問題である。
「テロ問題」は、非常に複雑になってきている。詳細情報はURL(http://www.pressgazette.co.uk/story.asp?sectioncode=1&storycode=41914&c=1)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10696)で知ることができる。
イギリスのGuardianは2008年8月26日に、極秘内務省文書から、イギリスのホワイトホール(Whitehall)テロリズム対策部隊がアルカイダ(al-Qaida)ブランド汚すように設計された新しいグローバル・プロパガンダの一部として、BBCや他の報道機関を狙っていると報告した。
アルカイダは、火気武器と同時に麻薬の武器を使ってくるから、イギリスは情報を武器にしようとしていると言うことでしょうが、BBCや他の報道機関を予算や補助金で釣り上げようと言うのだろう。
また文書は、ホワイトホール・テロ対策の専門家がキャンペーンの一部とした提案で、インターネットフォーラムのボランティアを通したチャンネル・メッセージとして、ニューメディアWebサイトとアウトレットを利用するつもりであることも示してあると報告した。
米国には、Strategic Air CommandやAir Force Cyber Commandがあり、政府に雇われたブロガーも登場したが、再度、イギリスでも政府に雇われたブロガーやFacebook Friendが登場する。
この戦略研究は、RICU(Research, Information and Communication Unit/情報、およびコミュニケーション・ユニット)による行為で、2007年当時の政府秘書ジョン・リード(John Reid)によって、政府における海外での反撃アルカイダ・プロパガンダとしてセットアップされた。
それはすでに、職員によっていくつかの政府の各省から配置されている。詳細情報はURL(http://www.dailymail.co.uk/news/article-1049258/Counter-terrorism-unit-launches-global-propaganda-campaign-taint-Al-Qaeda-brand.html)または、URL(http://www.thisislondon.co.uk/news/article-23544673-details/Counter-terrorism+unit+launches+global+propaganda+campaign+to+'taint+the+Al+Qaeda+brand'/article.do)で知ることができる。
レポートは、コミュニケーションを通した乱暴な過激派イデオロギーへの挑戦に率いられて、「私たちはイギリスのメディア・チャンネルに圧力を加え、例えば、AQリーダーシップと支持者の間の緊張を露出するBBCラジオ計画です。」
「そして、制限されたワーキンググループは、メディアと非メディアで適所にメッセージを伝えるでしょう」と言っている。
BBCと他のメディアを使用して促進するホワイトホールテロリズム対策プロパガンダ操作の公開は非常に敏感な領域で、公式のニュース管理に関する新たな心配を高めることになったと報告している。詳細情報はURL(http://www.guardian.co.uk/world/2008/aug/26/alqaida.uksecurity)または、URL(http://members5.boardhost.com/medialens/msg/1219732483.html)または、URL(http://www.andhranews.net/Intl/2008/August/26/Britain-turns-60752.asp)または、URL(http://www.dnaindia.com/report.asp?newsid=1186013)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10800)で知ることができる。
Washington PostはAP通信からの情報として2008年9月30日に、ベトナム高官の汚職事件について誤報を報告したとして2人のベトナム人ジャーナリストを告発し、裁判になるとベトナム国営メディアが書いていると報告した。
正式に、民主主義の自由を乱用したとしてレポーターNguyen Van HaiとNguyen Viet Chienを告発した。
有罪になると最大7年の刑に処される。
2人は、最も大きくて最も尊敬された日刊誌の不正として攻撃的な報告になっていると報告している。
また、労働党新聞「the Nguoi Lao Dong」は、情報をジャーナリストに提供した2人の警察官も、故意に、国家機密を明らかにしたとして告発され、裁かれることになると報告している。
裁判は2週間以内にハノイのハノイ人民裁判所(Hanoi People's Court)で始まるとも報告している。
警察は、2005年に大噴出したベトナム輸送省で主要なスキャンダルとして報告され、不特定の誤報を引用したとして2008年5月12日に2人のジャーナリストを投獄した。
この事件は不法にヨーロッパ・ワールド・カップ・サッカーの試合で、主要な道路と橋梁工事プロジェクトを管理していた輸送省の部隊からお金を横領していて、US$何百万も賭けとして起訴された9人のの汚職につながった。
この建設プロジェクトは、世界銀行と日本政府から支援金であった。
この事件は2008年3月に不起訴とされたが、輸送大臣が辞職し、副大臣の逮捕につながった。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/09/30/AR2008093000426.html)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11168)で知ることができる。
ロサンゼルス・タイムズ(LA Times/Los Angeles Times)は2008年10月23日に、Journalism.orgのPew Research Center's Project for Excellenceの調査結果を報告し、大統領選挙戦のメディア報道はいつもバラック・オバマ(Barack Obama)に照り映えるというわけではなかったが、ジョン・マッケイン(John McCain)には、新聞、インターネット、およびテレビニュースの調査に従って、政治集会以来それは明確に否定的であったと報告した。
これは大変なことが明らかになった。
今回の大統領選挙戦の結果は、新聞、インターネット、およびテレビニュースが演出していた。
オバマに関する記事のわずかに3分の1未満は否定的で、3分の1以上が積極的であり、ほぼ同じくらいの数は、中立でまたは混入した記事であった。
マッケインに関する記事の半数以上は否定的な光の中に彼を割り当て、10における2未満は陽であったと報告した。
メディア監視団体は、重要な9月前半から6週間最終的な大統領候補討論でキャンペーン適用範囲で43のニュースアウトレットからの857の記事を調べてトーンを評価した。
レポートの作者は、何人かの観察者が主要メディアには親オバマに偏見があると主張するのに調査結果を使用すると認めたが、それらは、データが最後的回答を提供しなかったと言った。
彼らは、これの共和党員と民主党員と、他の最近の大統領選の適用範囲がそれらの成功を処理するために、党派関係以上を持っているように思えたことに注意した。
ワシントンを拠点とするグループによって、調査結果が「政治で勝つことが、勝利適用範囲を生み出したという強い提案」を提示することが判った。
「オバマの適用範囲は、彼が投票をちょっと立ち寄らせていたとき、トーンで否定的であり、彼が上昇し始めて、それが全く、なり始めたとき、マッケインのために積極的になった。」と報告している。詳細情報はURL(http://www.latimes.com/news/printedition/asection/la-na-media23-2008oct23,0,2992953.story)または、URL(http://www.journalism.org/node/13307)で知ることができる。
IHT(International Herald Tribune)は2008年11月6日に、北朝鮮の国営メディア「KCTV」は国の隱遁したリーダー金正日(キムジョンイル/Kim Jong Il)の近況として公共に外観レポートを突然リリースし、「Yonhap News agency」が写真を公開し、彼の親族と外の世界に示すための努力として、拡大している病気の噂をかき消すように、しっかりコントロール中であること堅持しようとしていた。
ワシントンとソウルの職員、8月頃にたぶん脳卒中を患って、脳外科手術を受けたかもしれないという噂が急拡大し、2008年11月2日以来、66歳の金正日について3つの別々の外観について説明していた。
これらのレポートに伴った金正日の写真が北朝鮮のウォッチャーによって政府とメディアで熱心に研究された。
彼らは、神経外科医と他の専門家によって支援され、金正日の状態を測るために、表情からバックグラウンド風景まであらゆる詳細を精査した。
しかし、写真は答えと少なくとも同じくらい多くの疑問を引き起こした。
平壌の国営メディアは、アナリストをさらに困惑させ、写真がいつ撮られたかを決して明らかにしなかったと報告している。
多くの評論家と言われる人たちは、古い昔の写真だと決めつけている。
あの不思議な神経質そうに話す、根拠のないニュース解説者とは異なり、こんなすっとぼけニュースもある。詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/2008/11/06/asia/north.php?WT.mc_id=newsalert)で知ることができる。


情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2002年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
情報操作/2005年-1
情報操作/2006年
情報操作/2007年
情報操作/2008年
情報操作に関連するURL
虚報
虚報/2004年
虚報/2005年
虚報/2006年
虚報/2007年
Conspiracy Theory
Censorship
ビデオジャーナリスト
フォトジャーナリスト
国境なき記者団
ASEM(Asia Europe Meeting)
言論の自由
報道の自由の判例
世界・報道の自由の日
報道の自由とプライバシー
World Press Freedom Day
WAN(the World Association of Newspapers)
戦場ジャーナリスト
20人のビデオジャーナリスト
ジャーナリストのためのURL
国際ジャーナリストの仕事と技術
ビデオジャーナリスト
フォトジャーナリスト
事件現場から週刊誌ジャーナリストが消えた!
IFEX(International Freedom of Expression eXchange)
EOHR(Egyptian Organization for Human Rights)
Pilot Project in Egypt
telecenter project in Egypt
宗教とメディアとコンピュータとインターネット
ONI(OpenNet Initiative)
paranoia
key revocation
ブロガーを保護する委員会
ブロガーとサイバー反体制者のためのHandbook
ブログ
ブログ2004年
ブログ2005年
ブログ2006年
ブログ2007年
ブログ関連のURL
誤報
虚報
虚報/2004年
虚報/2005年
虚報/2006年
虚報/2007年
スピン・コントロール
Ofcom
マッケインのメディア報道は、ほとんど否定的!