スポーツ・コンテンツ/2007年


可愛い女性が裸でサッカーの試合に乱入して、凄いゴールをした映像を「www.dreamfc.tv」として、公開した。もの凄いゴールだけど---夢(フェイク?)のチームといえる。詳細情報はURL(http://popuplace.com/index.php?ind=media&op=file_view&iden=1448)で知ることができる。
2007年2月4日に始まる第41回スーパーボウル(Super Bowl XLI.)に向け、アクセスが急増中しているドルフィン・スタジアム(Dolphin Stadium)公式サイトに、JavaScriptファイルの悪質コードがInternet Explorerの脆弱性「MS06-014」と、VMLの脆弱性「MS07-004」を付いて埋め込まれていたことが見つかったと、セキュリティ企業のWebsenseが2007年2月2日に報告した。アクセスすると、キーロガー/バックドア機能を持ち、攻撃者がコンピュータにフルアクセスできるようになってしまうトロイの木馬「NsPack-packed」をダウンロードする。詳細情報はURL(http://www.websense.com/securitylabs/alerts/alert.php?AlertID=733)で知ることができる。セキュリティ企業のF-Secureは、スーパーボウルとは無関係のサイトでも、過去数日で同様のハッキング被害に遭って悪質スクリプトが挿入されていたことが判明したと報告した。詳細情報はURL(http://www.f-secure.com/weblog/archives/archive-022007.html#00001101)で知ることができる。
Center for Media Researchは2007年2月12日に、USA Todayによる広告へのリアルタイムのチェック概要レポートを紹介し、レポートにまとめた「Ad Rankings For Your Super Bowl File」を公開した。さらに、個別にそれぞれの広告を見るためにリンクがあり、広告主は30場所にUS$260万が支払われたと報告している。USA Todayはバージニア州で、ヒューストンとマクリーンで238人の大人のボランティアを組織して、スーパーボウルの間、電子広告への反応を図にした。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=070212)または、URL(http://usatodayadmeter.feedroom.com/ifr_main.jsp?nsid=c5b4a0f1b:1109e270367:4d45&st=1170954385592&mp=FLV&cpf=false&fvn=9&fr=020807_120631_5b4a0f1bx1109e270367x4d46&rdm=653918.9622988547)で知ることができる。
毎年、スーパーボール(Super Bowl)は米国中で話題になり、そして同時に大きな問題も起こる!AdAgeは2007年3月8日に、今年のスーパーボールでFCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)によって登録された苦情は150件であり、その中のいくつかを調査し始めたと報告した。何しろ2004年にジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)がしでかしたおっぱいぽろり事件は、2007年になっても尾を引いている。今回問題視されているのは、やはりジャネット・ジャクソンの時と同じ、ハーフタイムショーとスニッカーズ(Snickers)のコマーシャルで、ハーフタイムショーはプリンス(Prince)がカーテンの後ろでギターを弾いているシルエットが現れ、それが「男根」を思い出させたと苦情が来ている。AdAgeが紹介したThe Smoking Gunのレポートを原文のまま書くと、あまりにも卑猥な表現で、ここで書けば問題になるので書かないが---遠回しに書いても、視聴者は子供4人と一緒にスーパーボールを楽しんでいたとき、同性愛者が別の男性の男根を見つけ、非常に容認できない映像になっていたと、かなり憤慨している。また、別のクレームでは、ギターからの巨大な影が「陰茎」のようで恥さらしであったとも書いてきている。ただし、何を見てもセックスシンボルに感じてしまう人もいれば、そうでない人もいる。例えば、流体画像を「男根」と見る人もいることだろう。詳細情報はURL(http://adage.com/outofsite/article?article_id=115451)または、URL(http://www.thesmokinggun.com/archive/years/2007/0305072fcc1.html)で知ることができる。
Paid Contentは2007年3月29日に、NBCUが2006年11月に次の北京オリンピックでオンライン・ストリーミングを提供するために1,000時間のライブストリーミングを計画していると言っていたが、現在は新しい段階に入ったと報告した。NBC Sports委員長ディック・エベソール(Dick Ebersol)は、「かなりの大部分が以前一度も見られたことがない(テレビで)ものになるでしょう」と言っている。さらに「あらゆるスポーツが利用可能になる。それは最終的な商取引まで達し、メイン、または完全に、無料になるでしょう。」といい。ディック・エベソールがかなりの大部分がオリンピックの視聴者に何かを支払わせると予想するべきでないと言う。オリンピックの時間はNBCが数年間した米国集中で苦しんだころより、ロンドンに本部を据え、BBCのテレビとオンラインで見ることができるようにすることを計画していた。と報告している。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/beijing-olympics-nbc-will-stream-up-to-1000-hours-live/)または、URL(http://www.paidcontent.org/entry/419-beijing-olympics-online-streaming-by-nbcu-mostly-ad-supported/)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年7月12日に、全米大学体育協会スポーツのチームと関係者の最近の傾向レポート「Intercollegiate Athletics: Recent Trends in Teams and Participants in National Collegiate Athletic Association Sports. GAO-07-535」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-535)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-744SP)で知ることができる。
Keralanext.comは2007年7月26日に、スイスの最大日刊紙Tages-Anzeigerの編集者がツール・ド・フランス(Tour de France)のレース情報の掲載を止め、ツール・ド・フランス関連で掲載するのはドーピング問題だけにすると言ったと報告した。最大日刊紙Tages-Anzeigerの編集者Andres BuechiはAPに、「ドーピング問題がすべてを曇らせ、1日のステージ・レポートを書く意味があるとは思えない」と言った。ただし、Tages-Anzeigerは、ツール・ド・フランスの後に続く、サイクリング・レース計画は支持している。ドイツの公共テレビ放送局ARDとZDFも、ドーピング・テスト中のTモバイルのレーサーPatrik Sinkewitzを撮影することを中止したと報告している。詳細情報はURL(http://www.keralanext.com/news/?id=1058991)で知ることができる。
Keralanext.comは2007年7月26日に、スイスの最大日刊紙Tages-Anzeigerの編集者がツール・ド・フランス(Tour de France)のレース情報の掲載を止め、ツール・ド・フランス関連で掲載するのはドーピング問題だけにすると言ったと報告した。Tages-Anzeigerの編集者Andres BuechiはAPに、「ドーピング問題がすべてを曇らせ、1日のステージ・レポートを書く意味があるとは思えない」と言った。Tages-Anzeigerは、ツール・ド・フランスの後に続く、サイクリング・レース計画は支持している。ドイツの公共テレビ放送局ARDとZDFも、ドーピング・テスト中のTモバイルのレーサーPatrik Sinkewitzを撮影することを中止したと報告している。詳細情報はURL(http://www.keralanext.com/news/?id=1058991)で知ることができる。
ヨーロッパで吹き荒れている自転車競技選手のドーピング疑惑は、多くのテレビ局が放送を中止しているが、Expatica Germanyは2007年8月1日にオーガナイザーが増加するドーピングテストに対応し、即刻罰則を与えなければ、ドイツの公共TV放送はテレビ放送をしないと報告した。ドイツの公共TV放送ARDチャンネルは、ドイツの選手Patrik Sinkewitzが2007年7月のテストテスロン検査で陽性と出た後、7月18日にツール・ド・フランス(Tour de France)の放送を中止した。また、ドイツの公共TV放送ZDFも放送を中止した。ARDは水曜日に、自転車競技選手がツール・ド・フランスにより、かなり多くのテストに直面するという保証を受け取った後に、生中継を放送を開始すると言った。ただし、ARDはいつからという具体的な日にちや時間を指定していない。ドーピング検査には、ドイツの国営アンチドーピング検査機関が担当する。放送局は、ドイツのツアー(Deutschland Tourr 2007)は2007年8月1日に、2007年8月10日に始まって、8月18日に終わるが、Webサイトでオーガナイザーも「即刻、適切にあらゆる違反を罰する」と言ったと報告し、「そうでなければ、ARDはすぐに放送を終わらせるという協定がある」と報告している。詳細情報はURL(http://www.expatica.com/actual/article.asp?subchannel_id=26&story_id=42471)または、URL(http://tour.ard.de/tdf/aktuell/kw31/ard-deutschland-tour-20070801.htm)で知ることができる。
日本のテレビ局も、内容の矛盾を無くすべきと言える。2007年8月2日にフジテレビでキャスターが深刻は顔をして地球温暖化問題の深刻さをニュースで報道し、そのすぐ後のスポーツ番組で、ガソリンを撒いて走る地球温暖化問題の現行犯「F1」の選手を称えていた。フジテレビが「F1」を放送するときは、同時に地球温暖化問題を放送すべきと言える。また、すでに関西テレビは「あるある大事典!2」の不祥事は無かったように、27時間テレビに参加していた。さらに、人の生命にも影響する「あるある大事典!2」の不祥事メイン司会者で、放送中ももっともらしいことを言って解説していた堺正章は、「した!」にゲストで登場し、威張っていた!こんなことだから、フジテレビは信用できない!あの人達の頭脳と神経は、どうなっているのか疑いたくなる。スポンサーは、米国の食品健康問題で先頭に立っている「コカ・コーラ」であった。ドーピングは選手自身の問題で、「あるある大事典!2」の不祥事は、視聴者全員の問題である。Press Gazetteは2007年8月15日に、ロイターが2007年8月13日から経済情報と重大ニュースと共に、サッカー週間情報の配信を「reuters.co.uk/football」で開始したと報告した。「reuters.co.uk/football」では、イギリスのプレミアリーグ、Championship、Leagues One、Two、FA、およびCarling Cupsなど、詳細なな報道を提供し、このサイトでは、イギリスだけではなく、メジャーリーグからの最新のサッカー・ニュースとヨーロッパ、北米、南米、アフリカ、およびアジアのカップトーナメントまでをフォローする。同時に写真も多く掲載され、さらに、ロイターのレポーターによるサッカー・ブログでは、1週間の主要な問題と、定期的なインタラクティブ投票も実施されると報告している。これはロイターによる本格的なWebスポーツ・チャンネルに発展する可能性もあり、スポーツ・コンテンツへの本格参入で、新しい市場を開拓する気になったともいえる。問題は、ヨーロッパで大きな問題になっているドーピングに、どう対応するか、さらに、これからはモーター・スポーツと地球温暖化問題の対応といえる。詳細情報はURL(http://www.pressgazette.co.uk/story.asp?sectioncode=1&storycode=38511&c=1)または、URL(http://football.uk.reuters.com/)で知ることができる。
Journalism.co.ukは2007年9月4日に、9月7日にフランスで始まる「ラグビー世界選手権(Rugby World Cup)」について、IRB(International Rugby Board/国際ラグビー協会)が、世界のいくつかの主な通信社を代表する連合「newspapers and press associations(新聞報道協会)」に対し、拒否制限がある驚愕の声明を出したと報告した。WAN(World Association of Newspapers)は2007年9月3日に、「Dispute Threatens News Coverage of Rugby World Cup」を公開し、IRBが新聞Webサイトにおける視聴覚の素材の使用で、記者会見と非試合当日トレーニングセッションからの材料を含み「非現実的な制限」を維持していると書かれてた。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/2/articles/530526.php)または、URL(http://www.editorsweblog.org/print_newspapers//2007/09/france_press_still_in_deadlock_with_irb.php#more)または、URL(http://www.editorsweblog.org/print_newspapers//2007/09/news_organizations_still_battle_rugby_wo.php#more)または、URL(http://www.wan-press.org/article14945.html)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=7116)で知ることができる。
そう言えば、ドイツで開催されたサッカーのワールドカップでも、開催ぎりぎりまで取材でもめていた。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3421)で知ることができる。Topix Netは2007年9月7日に、国際ニュース・エージェンシーはスポーツの理事会との交渉における進歩の後にトーナメントの初戦のちょうど90分前の金曜日に、メディア制限の上でラグビー・ワールドカップ(Rugby World Cup)の報道を再開したと報告した。IRB(国際ラグビー委員会/International Rugby Board)との論争で、AP(Associated Press)、ロイター(Reuters)、AFP(Agence France-Presse)は、取材、報道をボイコットしていた。金曜日の交渉の結果として、でラグビー・ワールドカップのビデオは30秒に限定され、300カットを公開できるようになり、1試合当たり、40枚の写真と関連写真10枚が公開できることに合意し、長さなどは限定されるが、試合や試合以外のビデオ、それに写真をオンライで表示できるようになった。両組織は、月曜日にさらに適用範囲を拡大するために話あることになり、とりあえず最初の金曜日に行われたオープニングと、フランスとアルゼンチンの試合は報道できた。詳細情報はURL(http://www.topix.net/content/ap/2007/09/news-agencies-lift-rugby-event-blackout)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=7164)で知ることができる。
大相撲の横綱朝青龍を巡る報道に関連し、日本相撲協会の北の湖理事長が、東京相撲記者クラブ会友で元NHKのアナウンサーで、日本福祉大学杉山邦博(76)客員教授に取材証の返還を求めていたことが明らかになり、杉山邦博は返還に応じたが、相撲記者クラブは2007年9月11日に総会を開き、北の湖理事長に対して、「容認できない」とする抗議文を提出し、杉山邦博に対する処分の撤回を求めた。日本相撲協会では、「相撲評論家」の肩書きで何を言ってもらっても構わないが、国技館では会友と肩書を使った取材証は返納してもらう」などと説明している。相撲協会の取材証は、相撲記者クラブ所属の記者や会友に発行され、力士の支度部屋取材が可能になる。
Paid Contentは2007年10月1日に、NFL(National Football League)は自身のケーブルネットワークを持ち、次に全32チームのためにデジタル広告管理団体を創設し、完全な管理体制を保持して、最も強力な認可システムを構築していると報告した。そして、32のチームサイトでデジタル広告ネットワークを構築する体制を作っている。Sports Business Journalのレポートによれば、リーグの管理と、分散型メディアを拡充し、チームはいくつかのスロットを保持したまま、リークとして広告を販売する。広告の中には地域密着型もあるので、チームはいくつかのスロットを保持する必要がある。ただし、NFLはそれらの2つをナビゲートして、リーグとチームのスポンサー間闘争を管理する必要がある。これがうまくいくと、大きな全国レベルの広告主をチーム・サイトに追加でき、重要な収入になる。これまでは、ビデオ制作チームは広告を販売することはできなかったが、このシステムをNFLはビデオにも採用するかもしれないと言っている。日本のプロ・チームは、このような時ほとんど広告代理店に依存して、広告代理店が運営管理しているような形になっているが、独立したプロ・チームが合理的に行えば、かなり可能性があるシステムといえる。ただし、問題も起こっている。CablevisionのMadison Square Gard LPは、New York Rangersのサイト管理で、NFLが反トラスト法に違反していると主張して訴えている。プロ・チームに、このような分野に詳しい人がいれば、かなり面白いシステムにな留かもしれない。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/419-nfl-explores-creating-own-digital-ad-network-across-all-32-team-sites-t/)または、URL(http://www.sportsbusinessjournal.com/index.cfm?fuseaction=article.main&articleId=56448&requestTimeout=900)で知ることができる。
2007年10月11日に開催されたWBC(世界ボクシング評議会/World Boxing Council)フライ級タイトルマッチ12回戦で、協栄ジム所属の挑戦者の亀田大毅選手が王者の内藤大助選手(33歳)を抱え上げて投げる「レスリング行為」などの反則を繰り返し、前代未聞の減点3を取られた問題で、JBC(日本ボクシングコミッション/Japan Boxing Commission)は2007年10月15日に倫理委員会を開き、「世界戦を冒涜(ぼうとく)し、ファンの信頼を損ねた」として、亀田大毅(18歳)選手を1年間のボクサー・ライセンス停止処分とした。トレーナーであった父親の亀田史郎(42歳)は無期限のセコンド資格停止し、指導者の権限も失った。WBA(世界ボクシング協会/World Boxing Association)ライトフライ級前王者で兄の興毅選手(20歳)は厳重戒告とした。ただし、若い亀田興毅、亀田大毅などをおだて上げ、ルールを逸脱し、品のない言動を持ち上げ、調子に乗せてしまったマスコミなどにも大きな責任がある。本来なら、放送倫理・番組向上機構は、亀田興毅、亀田大毅など番組に呼び、おだて上げ、ルールを逸脱し、品のない言動を持ち上げ、調子に乗せてしまったことを調査するため、すべての放送局からビデオなどを強制的に提出させ、行きすぎた内容の番組や言動が無かったかを調べ、マスコミの関係者にも厳重注意処分をすべきと言える。WRNは2007年10月29日に、約100年前の米国では「ニューヨーク・ワールド(New York World)」というタブロイド紙が発行され、初期のワールドシリーズのスポンサーとなっていたことから、「World Series」ではなく、「World's Series」と呼ばれていた。1903年に最初のワールドシリーズがボストンとピッツバーグで戦われた。「ニューヨーク・ワールド」は、1860年に設立され、1883年にJoseph Pulitzerによって買収され、1890年にPulitzerがNew York World Buildingを建設し、米国最初のタブロイド誌として成功をおさめていた。1931年まで発行された。
International Herald Tribuneは2007年11月8日に、主な国際ニュース・エージェンシーは、2007年11月8日木曜日に取材認可の諸条件に関する論争のために、オーストラリアとスリランカの間で行われた最初のクリケット・マッチを取材しなかったと報告している。最も大きいオーストラリアのメディア会社ニューズ社()は謝罪の後に、広報部長はゲームを取材するために会社としての動機に関して、オーストラリア・クリケット協会(Cricket Australia)からの諸条件に同意したコメントをした。オーストラリア・クリケット協会(Cricket Australia)とAP通信、AFP(Agence France-Presse )、ロイターは、協議をまったく開始しなかった。オーストラリア・クリケット協会(Cricket Australia)は、ニュースの分配における制限と、オンラインニュース出版社への画像と共に、メディア会社は代価を支払うように要求していた。スポーツの理事会も、知的所有権に関する出来事であり、ジャーナリストによって制作された記事と画像への関心であると断言した。オーストラリアのいくつかのニュース企業は、クリケット・オーストラリアの国内メディアに提供された改訂された記事を受け入れ、木曜日に開催された初めての試合をカバーしたが、国際ニュース・エージェンシーとニューズ社からのジャーナリストとカメラマンは締め出された。詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/2007/11/08/technology/ozmedia.php?WT.mc_id=techalert)で知ることができる。


スポーツ・コンテンツ
スポーツ・コンテンツ/2001年
スポーツ・コンテンツ/2002年
スポーツ・コンテンツ/2003年
スポーツ・コンテンツ/2004年
スポーツ・コンテンツ/2005年
スポーツ・コンテンツ/2006年
スポーツ・コンテンツ/2008年
オリンピックとメディア
オリンピックとメディア/長野
オリンピックとメディア/シドニー
オリンピックとメディア/ソルトレイク
オリンピックとメディア/アテネ
オリンピックとメディア/トリノ
オリンピックとメディア/北京
MVPD(Multichannel Video Programming Disributors)
IPマルチキャスト
マルチキャスト通信
PIM-SMマルチキャスト
マルチキャスティング時代の放送革命
ブロードキャスト
ブロードキャスト・フラッグ
FDPC(Full Duplex Packet Casading)
スント「G6」
鳥インフルエンザ/2006年
WAN(the World Association of Newspapers)
世界・報道の自由の日
AMARC
報道の自由とプライバシー
ジャーナリストのためのURL
アラブにおける報道の自由運動100年
報道の自由の判例
世界プレス自由の日
20世紀最後の世界プレス自由の日の共同声明文-1
20世紀最後の世界プレス自由の日の共同声明文-2
新聞記事の公共性と著作権
声明・情報の自由と匿名発信を守れ
XF97/Yagnuul
アフィリエイト
Nike+iPod Sports Kit
iTunes Music Store/2006年
DVB-H(Digital Video Broadcasting-Handheld)
FIFA TSG(Technical Study Group)
スポーツの脱政治化?ワールドカップ報道が伝えないこと
Say no to racism
インターネット暴動
インターネット・ストライキ
グローバル・コンテンツ
フィルタリング・システム
2007年1月以降のサイト攻撃や詐欺事件
個人情報の流出年表2007
Annual report on American Journalism
放送倫理・番組向上機構
クリエイティブ産業
JAPAN国際コンテンツフェスティバル
ガラパゴス現象