接続の文化

culture of connectivity


いつも、携帯電話かPDAなどでネットワークに接続していないと、情報から、友人からなどで阻害されたと感じてしまう文化の俗称。
InfoWorldは2008年5月13日に、Nortelによって支援されたIDC調査が2008年5月13日に公開され、「接続の文化(culture of connectivity)」に直面したと報告した。
この調査は全世界17カ国で約2,400人を対象に実施され、少なくとも7台のデバイスと9つのアプリケーションを使いこなす「超接続ユーザー(hyperconnected users)」がいて、その数が増えていると報告した。
今回の調査で、「超接続ユーザー(hyperconnected users)」は16%を占めたと報告している。
彼らは、電話からラップトップ、PDA、車のシステムにも装置を使用していた。
これらのデバイスで使用されるアプリケーションはTwitter、Second Life、およびwikisを含んだWeb 2.0のアプリケーションで、際立つのは、テキスト・メッセージング、インスタントメッセージング、およびウェブ会議のようにアプリケーションなどを使っていた。
4台のデバイスで、最大6つのアプリケーションを使用している「increasingly connected users(ますます接続ユーザー)」は36%になっていたと報告している。詳細情報はURL(http://www.infoworld.com/article/08/05/13/Study-says-hyperconnected-users-growing_1.html)で知ることができる。
ロイターは、今回のIDC調査に登場する彼らのことを、「Mobile phones more important than wallets: survey(財布より大切な携帯電話:調査)」と表現している。
もし彼らが、24時間外に出ることになって、「財布」「キー」「ラップトップ」「デジタル音楽プレーヤー」「携帯電話」の中で1つだけを持って行けるとしたら何を持って行くかと聞かれ、即座に「携帯電話」と答えたと報告している。
まさに、この16%の「超接続ユーザー(hyperconnected users)」は中毒といえるが、その数は拡大している。
その予備軍が、36%になっていたと報告している。詳細情報はURL(http://www.reuters.com/article/technologyNews/idUSN1336793620080513)で知ることができる。
以前、Web2.0は中毒を作って成長すると書いたが、今ではマシンと環境でも中毒患者が増え始めてる。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9774)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月28日に、Accentureによる「ハイエンド・モバイルと消費者レポート」を紹介し、米国で急速に洗練され、特徴でいっぱいに満たされたモバイル機器の使用と需要は増強されているが、メール、インターネット・アクセス、ビデオやゲームなどを提供するより、消費者ではハイエンド能力が広大に利用不足のままで残っていると報告してる。
研究調査によって、米国の消費者88%がビデオを見るのに携帯電話か他のモバイル機器を決して使用しないのが判った。
84%はメールを送るのに決して使用しなかった。
そして、79%は絶えず活動していた状態でゲームをするのにそれらを決して使用しなかったと報告している。
以前から言われていることだが、携帯電話の高機能化が進む中、高機能の利用率は伸びていなかったことが証明された。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/television/consumers-slow-to-adopt-high-end-mobile-features-stick-to-tried-true-6584/)または、URL(http://newsroom.accenture.com/article_display.cfm?article_id=4760)で知ることができる。