ソフトウェア著作権と特許


著作権は、著作者が明確であれば主張できるが、特許は特許庁が承認した場合に認められ、特許庁のソフトウェアに関する審査基準は、装置の発明の一部分を構成するものであれば特許対象とするという基本的な態度で、米国の場合は、プログラムからビジネスモデルまでが特許として認められるようになっていることから、Amazon.com社がパーミッション・マーケティングを中心とした1-Click Technologyのビジネスモデルを特許として申請し、認められています。

>> さらに詳細な情報はこちら


(c)のマーク
1999年12月5日のE-Commerceランキング
2000年2月と3月の電子商取引分野別比較
2000年2月と3月の電子商取引総合比較
2000年から2003年に変化する米国とその他の地域の電子商取引
テネシー大学のDonald Bruce助教授の1979〜2003年個人税収計算
E-Commerceによる価格と税収の変化
E-Commerceの発達による税収の変化
E-Commerceの形態と経験年数の比較
シャーロック・ホームズ・シリーズの「バスカービルの犬」を盗作と報じたThe Sunday Times
特許庁が2000年10月に発表した日本のソフトウェア特許の流れ
ヨーロッパのモバイル・バンキング予測と地域別利用パーセント
IDCのWAPを利用した2000年〜2004年のモバイル・バンキング予測
e-Learningとして利用されているツールや状況
2001年の年末商戦とパーミッション・メール
HarrisInteractiveが公開した2001年年末商戦の動向
J-フォンが2001年12月20日に発表したSIMカード型の新しいロゴ
J-フォンを名乗るイタズラ・メールの警告
情報通信新時代のビジネスモデルと競争環境整備の在り方に関する研究会中間報告
The Silicon Valley Cultures Projectが公開したこれまでの著作権とデジタル著作権
SCIENTISTS' AUTHORSHIP RIGHTS IN THE DIGITAL AGE最終レポート全文
SCIENTISTS' AUTHORSHIP RIGHTS IN THE DIGITAL AGE実施要項
U.S. Copyright Law
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
ドイツ特許商標庁の著作権料前払い制導入リリース
Ja zu privaten Kopie
GSM for Rural and Regional Mobile Operators white paper
Final draft report by Arlene McCarthy
ビジネスプロセスやソフトウェアの特許取得を合法化する指示書案
指示書についての警告文と資料
NSFのThe Digital Dilemma: Intellectual Property in the Information Age
J. Bessen and R. M. Huntの「An Empirical Look at Software Patents,」
Non-Obviousness And Other Patentability Criteria, 30 October 2002
R. Jordan Greenhall, Chief Executive Officer, Divx Networks, 27 February 2002
uropean Parliament Hearing on Software Patentability, 7 November 2002
JURI report A5-0238/2003, 18 June 2003
FTCのTim Muris委員長が2003年10月30日に提言した特許への異議申し立て
To Promote Innovation:The Proper Balance of Competition and Patent Law and Policy
第21回三極特許庁会合について
第21回三極特許庁会合参考資料
AT&Tが2003年11月20日に公開したリリース
US.patent No.5329589
NISOが公開した「特許とオープン・スタンダード白書」
カナダの著作権委員会CBCが2003年12月12日に公開した決裁書
カナダの著作権委員会CBCが2003年12月12日に公開した料金システム
2003年12月3日に了承した文化審議会著作権分科会法制問題小委員会報告書(案)
戦略的な国際標準化の推進に関する提言(概要)
戦略的な国際標準化の推進に関する提言
特許審査の迅速化等のための特許法等の一部を改正する法律案
JASRACが2004年4月6日に公開した「JASRACの依頼と偽った架空請求について」
IFPIが2004年3月30日に公開したリリース
EDRiが2004年3月31日に公開したリリース
CCCのボイコット・リリース
音楽産業界の帝国は構築できるのかを考察したKoleman Strumpfの調査コラム
EUで審議されるソフトウェア特許について民主主義に反すると批判する共同声明のリリース
EUで審議されるソフトウェア特許について民主主義に反すると批判する共同声明
Acacia Research社が2004年12月16日に公開したAcacia Technologies Plans
2004年米国の特許トップ10
米国特許庁の2004年レポート
Parks Associatesが2005年2月24日に公開したコピー防止CDと一般CDの比較
Michel Rocard working document on the patentability of computer-generated inventions (13.04.2005)
FFII comments on rapporteur Rocard's software patents report (28.04.2005)
FFII report about the JURI debate (21.04.2005)
Statement European Commission concerning Article 2 of Directive 2004/48/EC13.04.2005)
Overview earlier articles in EDRI-gram about software patents
ECのCopyright and Neighbouring Rights
経済産業省が2005年10月11日に公開した「ソフトウェアの法的保護とイノベーションの促進に関する研究会」中間論点整理
ジャストシステムが2005年9月30日に公開したリリース
経済産業省が2005年12月26日に公開した、「インターネットによる登録実用新案公報」
レポート「2006 Special 301 Report on Global Copyright Protection and Enforcement」
Azul Systems社が2006年3月15日に公開したリリース
burst.com社が2006年4月17日に公開したApple社を訴えたと報告したリリース
InterDigital Communications社が2006年4月27日に公開したリリース
地方裁判所(Federal Circuit)が2003年に下した判決
控訴裁判所(The US Court of Appeals)は2005年3月に下した判決
QUALCOMM社が2006年6月12日に公開したリリース
Morrison & Foerster社が2006年6月15日に公開したリリース
IBMが2006年10月23日に公開したAmazon社提訴報告リリース
GAOが2006年12月8日に公開した、著作権侵害を組織的に調査するSTOPの長期戦略に関するレポート
Broadcom社が2007年6月7日に公開したリリース
SCO Groupが2007年9月14日に公開した米国連邦破産法第11条申請リリース
CCIAが2007年9月12日に発表した「Fair Use Economy Represents On 」

知的財産高等裁判所
著作権
著作権/2000年〜
著作権/2004年〜
著作権/2005年〜
著作権/2006年〜
著作権/2007年〜
著作権関連のURL
パソコン関連の著作権事件年表
特許庁のホームページ
発明関連のURL
パーミッション・マーケティング
電子ビジネスモデルの特許権
1-Click Technology
アフィリエイト
e-branding
CompuServe GIF
GIF特許料徴収に対する抗議運動の呼びかけ
パテント・インキュベーション・キャピタル
教育と著作権
著作権経済学
CYBER-COMMUNISM-7/著作権の消滅
1999年5月発表の著作権法の一部改正法律案の概要
著作権関連のURL
WAP Forum
サブマリン特許
CYBER-COMMUNISM-7/著作権の消滅
くそ食らえ著作権
アンチ著作権パラダイス
ESM
ワイヤレス・バレー
PEP(Promotional Entertainment Platform)
GEML(Gene Expression Markup Language)
ハードディスク内蔵家電
WAPの地獄
サーチ・エンジン
ラナム法
e-learning
ワレザー
DSL(Design Science License)
J-CIS(Japan Copyright Information Service)
フルIP時代
IP電話番号管理の研究会
7回の愚かな調査の失敗
頒布権
Creative Commons
Multi-University Research Laboratory
著作権等管理事業法
電子出版の科学的な標準開発の実行
明確に証明される科学的な電子出版
CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)
CTEA(Copyright Term Extension Act)
パラサイトウェア
Digital Choice and Freedom Act of 2002
コピーマート
自由利用マーク
EYEマーク
ジェファーソンの著作権、特許権導入の悩み
ウェブの予言者
少額オンライン決済システム
e-democracy
GIF特許料徴収に対する抗議運動の呼びかけ
Richard Stallmanのソフト特許条約に関する手紙
コンピュータ・ソフトウェアの特許
特許庁のホームページ
民主主義と特許
携帯電話ビデオ配信
KW Map
Micropayments Conference
記録メディア税
iPod
カナダの「MP3プレーヤー税」
公正取引委員会
音楽CDなどの海外専用版逆輸入
Creative Commons
PUBPAT(Public Patent Foundation)
RIAA
エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク
テクハラ
マルチメ ディア探索エンジン
SEMPO Japan
Inducing Infringement of Copyrights Act
InterVideo Mobile Copy
Podcasting
PHP(Hypertext Preprocessor)
PHP(Personal Home Page)
MySQL
Linux
Linux/2002-2003
Linux/2004
Linux/2005
Linux/2006
Linux/2007
Linux/2008
テレビ番組違法コピー・ダウンロード
著作権の孤児
CII(Computer-Implemented Inventions)
浪花節と著作権
インターネットによる登録実用新案公報
公的使用
Buy it Now
「Winny」を通じた個人情報漏洩者=著作権侵害者
MINIX
KODAK Preservation
Mobile Video Summit
コンテンツ王国の倒壊
CRI(Customer Respect Index)
ロケーションフリー
著作権や知的所有権にこだわりすぎて大損をする人たち
著作権の非親告罪化
雑誌共有サイト「Mygazines」、閉鎖!
the Creative Commons 3.0ライセンス