ダイヤルアップ接続

dialing up connection


一般の電話回線やISDNなどを通じて、プロバイダ経由でインターネットなどに接続する方式の総称。最近、インターネットの利用者が急増していることから、回線容量を低く抑さえたプロバイダはダイヤルアップで接続しにくい。回線容量は、プロバイダを選ぶ重要なポイントになってきている。プロバイダを通してインターネットに接続しているユーザーは、一般回線よりISDNの方が接続確率が高い。専用線の場合は常時接続されている状態であるため、回線が混雑することがない。これまではISDNの場合も接続形態は、ユーザー側がプロバイダに発信して接続する一方通行型であったが、1996年5月からインターネットイニシアティブ(IIJ)は小規模なLANを対象に、外部からのアクセスがあった場合、ISDNによる接続サービスでIIJから受信側のユーザーに発信して接続する疑似双方向性を付加し、専用線接続並の機能を持たせた。ただし、本当の専用回線接続ではないため、混雑するときは接続できないことも起こる。また、高額であった専用回線も1996年にオープン・コンピュータ・ネットワーク(OCN)が登場し、個人でも専用回線が引ける環境が整ってきた。米国では生涯無料で接続できるプロバイダまで登場している。総務省が2002年7月31日に速報として「インターネット接続サービス利用者数等の推移」を発表し、ダイアルアップ接続が2000年1月以来はじめて2002年6月にマイナス140万と、減少に転じたことを発表した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2002/020731_6.html)で知ることができる。米国商務省(U.S. Department of Commerce)はNTIA(National Telecommunications and Information Administration)で、2001年9月から2003年10月までの国勢調査の資料を基にした、米国のインターネット接続状況レポートを公開し、インターネット接続は毎年12.6%筒増加し、その中でもブロードバンド接続が増え、ダイヤルアップ接続が減少する傾向であり、働き、学習する方法が変化していることを報告した。詳細情報はURL(http://www.ntia.doc.gov/reports/anol/index.html)で知ることができる。HTML版レポートはURL(http://www.ntia.doc.gov/reports/anol/NationOnlineBroadband04.htm)、Word版レポートはURL(http://www.ntia.doc.gov/reports/anol/NationOnlineBroadband04.doc)、PDF版レポートはURL(http://www.ntia.doc.gov/reports/anol/NationOnlineBroadband04.pdf)でダウンロードできる。