地球環境映像祭

EARTH VISION


1992年のアース・イヤーにアジアで初めての国際環境映像祭としてスタートした、環境をテーマとした映像、写真を通して、地球環境について考えることを目的に、毎年開催されている映画祭の名称。詳細情報はURL(http://www.webfront.ne.jp/~earth-vision/)で知ることができる。世界銀行環境局(World Bank's Environment Department)は2003年11月に、地球環境保護プログラム(Global Environment Facility Program)の一環とした「気候の変化(Climate Change)」について、Science, Technology, and Public Policy Program Belfer Center for Science and International Affairs John F. Kennedy School of Government Harvard UniversityのDebyani GhoshとAmbuj Sagar、Biomass Energy Technology Applications TERI(The Energy and Resources Institute) and TERI School for Advanced StudiesのV. V. N. Kishoreが調査した「Scaling UP Biomass Gasifier use: Applications, Barriers and Interventions」をPDFで情報を公開した。詳細情報はURL(http://lnweb18.worldbank.org/ESSD/envext.nsf/46ByDocName/ClimateChange)で知ることができる。外務省は2005年11月9日に、ロンドンで2005年10月31日及び11月1日に開催された「気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する対話」について結果概要を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/kc_0511.html)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2005年11月15日に、Environmental Defenceが国を越えて平均的なカナダ人で化学製品の幅広い範囲を見つけるため検査としてカナダで初て実施された、カナダ人の血液中に含まれる有毒な化学製品を見つけるための検査結果として、環境汚染状況レポート「Toxic Nation: A Report on Pollution in Canadians」を公開した。この検査で海外からの移住者はたった11人の血液だけで、他は全てカナダ国内に住み、海外に行っていなかったが、あらゆる人の血は着色駆除剤、炎遅らせるもの、水銀と鉛、DDTとPCBなど60の汚染物質の広範囲にわたる化学製品の陽性反応を示したと報告した。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/nov2005/2005-11-15-05.asp)または、URL(http://www.environmentaldefence.ca/toxicnation/landing.htm)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年1月23日に、国連によって任命された世界の19の国からの約1,360人の科学者と専門家により、4年以上の研究成果として、「Millennium Ecosystem Assessment(ミレニアム生態系査定)」の「Living Beyond Our Means」が公開され、世界の生態系の最初の主要なグローバル査定は、人間がどう地球の人生を可能にする生態系を誤用するかに関する厳格な警告の中に人類の楽観的な見解を提供したと報告した。ウィスコンシン大学(University of Wisconsin)の湖沼学(limnology)の教授で研究者、「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」巻頭コメントの著者Steve Carpenterは、「安定したグローバルな衰退に似ているものにもかかわらず、これは希望の話です。私たちには、必要とするツールがあり、政治意志があるなら、私たちには、世界的規模でそれらを実行する能力がある。(Despite what looks like steady global decline, this is a story of hope, We have the tools we need. If we have the political will, we have the ability to implement them on a global scale.)」と解説している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jan2006/2006-01-23-10.asp)で知ることができる。「Millennium Ecosystem Assessment」はURL(http://www.millenniumassessment.org/en/index.aspx)にある。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年1月26日に、北米の子供の健康と環境に関する初のNAFTA(North American Free Trade Agreement) Commissionが実施し、CEC(Commission for Environmental Cooperation)からレポート「children''s health and environment indicators in North America」(6MB-PDF)が2006年1月26日に公開され、小児喘息について調査された結果では、子供の血液中における水がおよぼす病気による死で、北アメリカの1億2300万人の子供が生活する環境は危険のままであるのが明確になったと報告した。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jan2006/2006-01-26-01.asp)で知ることができる。レポート「children''s health and environment indicators in North America」についてはURL(http://www.cec.org/pubs_docs/documents/index.cfm?varlan=english&ID=1917)または、URL(http://www.cec.org/files/PDF/POLLUTANTS/CEH-Indicators-fin_en.pdf)または、URL(http://www.cec.org/programs_projects/pollutants_health/project/index.cfm?projectID=28&varlan=english)または、URL(http://www.cec.org/files/PDF/POLLUTANTS/CHEIndicators-background_en.pdf)で知ることができる。コーネル大学図書館(Cornell University Library)のKaren Calhounは2006年3月17日に、地球環境変化に関する図書館のカタログ化と発見ツールの構築に向けた未来のカタログのあり方に関する最終レポート「The Changing Nature of the Catalog and its Integration with Other Discovery Tools」をPDFで公開した。詳細情報はURL(http://www.loc.gov/catdir/calhoun-report-final.pdf)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年11月30日に、The Center for American Progressとthe Center for Progressive Reformが公開した大気汚染レポート「Paper Tigers and Killer Air: How Weak Enforcement Leaves Communities Vulnerable to Smog.(張り子の虎と殺人者:弱い実施はどう共同体をスモッグに傷つきやすい状態にしているか)」を紹介し、あまりに多くの大気汚染者、あまりにわずかな検査官について報告し、米国の大気汚染ワースト・トップ10の州を発表した。ニュージャージー州では、あらゆる地域がオゾン汚染の連邦規格、スモッグの主要な成分を満たしていない。カリフォルニア州では、94%の地域で規格を満たしていない。ペンシルバニア州では、居住者の8%がオゾン汚染の連邦規格を満たさない地域で生活している。ニューヨーカー州では、85%が危険なレベルのスモッグを吸い込んでいる。the Center for Progressive Reformのメンバーで、メリーランド大学の法学部教授(a law professor at the University of Maryland)Rena Steinzorは、「オゾン汚染のことになると、巡査は逃げ出す。励行されない法は尊敬されません。」といっている。大気汚染ワースト・トップ10(In 10 of America's most populous states)
California(カリフォルニア州)
Georgia(ジョージア州)
Illinois(イリノイ州)
Michigan(ミシガン州)
New Jersey(ニュージャージー州)
New York(ニューヨーク州)
North Carolina(ノースカロライナ州)
Ohio(オハイオ州)
Pennsylvania(ペンシルバニア州)
Texas(テキサス州)
オゾン汚染を放つ場所が15万8000以上あるのに、検査官は1,100人未満で、一人で平均は145の認可工場を点検するのに責任がある。テキサス州では、検査官一人あたり352の認可工場を点検する責任があり、カリフォルニアでは、検査官一人あたり166の認可工場を点検する責任がある。にもかかわらず、ブッシュ大統領(President Bush)は2007の予算US$1億7270万の中にある当座予算からUS$1560万の削減をを求めている。大気汚染は、呼吸困難、心臓病、肺病、癌の悪化、および死に直結することが明らかになっている。これは、米国民に対するブッシュ大統領の殺人テロ行為といえる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/nov2006/2006-11-30-04.asp)または、URL(http://www.americanprogress.org/issues/2006/11/paper_tigers.html)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2007年1月5日に、世界でもっとも大きな公的企業エクソン・モービル(ExxonMobil)社が、水曜日にthe Union of Concerned Scientistsが発表した新しいレポート「 the scientific understanding of climate change and delay action」に対し、エクソン・モービル社の対応の遅れを弁解するため、木曜日にたばこ業界の故意の誤報戦術を採用して「深く不快で間違っている (deeply offensive and wrong.)」と言ったと報告した。さらに、「重大な問い合せ、分析、情報の透明性の共有を奨励することによって、エクソン・モービルは公共の政策協議に従事しています。 (ExxonMobil engages in public policy discussions by encouraging serious inquiry, analysis, the sharing of information and transparency,)」と、会社は声明で言っている。レポートによると、1998年から2005エクソン・モービル社は「地球温暖化科学で公衆を混乱させるため、US$1600万を提供し、ほとんど全部である43の支持組織のネットワークを指示した(directed nearly $16 million to a network of 43 advocacy organizations that seek to confuse the public on global warming science.)。マサチューセッツ州ケンブリッジにある20万の会員で組織されたthe Union of Concerned ScientistsのディレクターAlden Meyerは、「ちょうどタバコ会社がそれらの製品で引き起こされた肺癌を否定したようにエクソン・モービルは地球温暖化の人間の原因に関して不確実性で製造し、穏やかな、しかし、有効な投資で、巨大石油会社はちょうどタバコ会社が40年間以上も巨大企業として政府の行動を遅らせるために地球温暖化に関する疑問をあおった。気候科学で学ぶためにには、今日明確なことは地球温暖化ガス放出が気候変動に貢献する要素の1つであり、石化燃料の使用がこれらの放出の主要な源であるということです。(ExxonMobil has manufactured uncertainty about the human causes of global warming just as tobacco companies denied their product caused lung cancer,A modest but effective investment has allowed the oil giant to fuel doubt about global warming to delay government action just as Big Tobacco did for over 40 years, While there is more to learn on climate science,what is clear today is that greenhouse gas emissions are one of the factors that contribute to climate change, and that the use of fossil fuels is a major source of these emissions.)」といった。エクソン・モービルは、応答で石化燃料の燃焼からの放出が気候変動にリンクされると認めた。つまりは、たばこ産業が政治圧力で40年間も生きのこり続けたため、肺ガン患者はこんなにも肥大化したように、エクソン・モービル社は地球温暖化の原因をうやむやにして生き残ろうとして、企業利益のため地球温暖化を容認させようとしていると指摘しています。会社は、公立の組織への資金援助が「重要な国内外の政策問題について研究し、ダイレクトで適切な問題についての議論を会社に促進する組織のかなり広いアレイに達する。これらのグループの中はブルッキングス研究所(Brookings Institution)からアメリカン・エンタープライズ研究所(American Enterprise Institute)まで、さらに外交評議会(he Council on Foreign Relations)から戦略国際研究センター(the Center for Strategic and International Studies)にまで及びます。」と応答している。巨大企業が研究所や政府機関までを金で操って、間違いを正当化しているということになる。これはエクソン・モービル(ExxonMobil)社を攻撃する、もっとも明確なターゲットを絞ったとも言える。日本の企業も同じようなことをやっていますが、誰も指摘しない。指摘しても、非科学的か、さらに表現手段がガキっぽくて相手にされていないのが現状かもしれない。プレゼンテーションが下手で、何を言っているのか一般に理解されない反対運動では、無駄が多すぎ、さらに仲間意識が高すぎて、内にこもって外に反発するだけの運動では何も解決できないということで、馬鹿なボスが、自分を否定したから、本当は大きな力になるのに拒否している。これこそがガキ運動家の活動ともいえる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jan2007/2007-01-05-02.asp)で知ることができる。the Union of Concerned Scientistsが発表した新しいレポート「Smoke, Mirrors & Hot Air---How ExxonMobil Uses Big Tobacco's Tactics to Manufacture Uncertainty on Climate Science」はURL(http://www.ucsusa.org/news/press_release/ExxonMobil-GlobalWarming-tobacco.html)にある。ENS(Environment News Service) World Newsは2007年4月26日に、「Nanotechnology: How Green Can It Be?」を公開し、ナノテクノロジーを使用して汚染を抑え、資源を節約する活動レポート「Green Nanotechnology: It's Easier Than You Think」を紹介した。新しいレポートは、「あなたが思うより簡単です。」と書いているが、自然保護派はナノテクノロジーを利用したグリーン化作戦には反対している。すべてのnanoparticlesが人間の健康と環境に有害であるというわけではないが、何かが有害であるということは確かで、ナノテク評論家は、政府見落としがなければ、産業が有害な粒子を空気と水に放出するかもしれないと恐れている。今回のレポートはナノテクノロジーと、緑色の化学と工学の潜在的に有益な関係を探っている。とくに工学は過程と製品における資源保護と無駄の排除で環境影響を最小にすることを目指している。レポートは、2006年に開かれたa national American Chemical Societyシンポジウムと4つのワークショップに議事をまとめ、Woodrow Wilson International Center for Scholars and The Pew Charitable Trustsが実施しているthe Project on Emerging Nanotechnologiesのために科学ライターのカレン・シュミット(Karen Schmidt)が書いた。シュミットは、ナノテクノロジーと原則の「強い絆」、緑色の化学と環境技術の習慣が「21世紀に環境面で持続可能な社会を建てるのに、鍵を握る」と書いている。Project on Emerging NanotechnologiesのディレクターDavid Rejeskiは、「米国は緑化ナノテクにおけるグローバルなリーダーであることが妥当であると思います。」「政府の研究開発ポートフォリオはこの目標に向けられるべきです。」「環境を保護することを助けるだけではなく、緑化ナノテクノロジーが将来、米国の仕事と企業利潤の源でもあるかもしれないと信じています。」と言っている。化学者のヴィッキー・コルビン(Vicki Colvin)と、ライス大学(Rice University)の彼女の同僚は、例えば、有害廃棄物サイトを掃除するのにナノテクノロジーを利用できると言い、オクラホマ州立大学 (Oklahoma State University)の彼らの対応者が10億あたりの部品レベルで汚染物質を検出することができるnanoscaleセンサーを設計したが、磁気 nanoparticlesが砒素の99%以上を取り除くことができることを発見した。また、オレゴン大学の化学者ジェームス・ハチソンはシリコンチップに関するナノサイズ・ビル・パターンの過程でDNA分子を使用し、ナノテクノロジーは安価な太陽電池を作って、性能を向上させて、未来の車とトラックのために燃料費、エネルギー源を下げる新しい道を切り開いた。他の研究者は、エレクトロニクス製造で鉛と他の有毒物質を取り替えるためにナノサイズ・アプローチを調査している。遠くの事例を紹介している。問題は、現状維持をいかに続けるかという発想であり、時代は急速に進化し、開発が終わるまでに環境は飽和状態になり、開発が完成したときには手遅れであることがこれまでにも多く、研究は進めるが、それが否合理的であった場合は廃棄し、同時に未来の車とトラックのために燃料費を考える前に、現在の車とトラックを削減することを考えるべきともいえる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/apr2007/2007-04-26-01.asp)で知ることができる。「Green Nanotechnology: It's Easier Than You Think」はURL(http://www.nanotechproject.org/116/4262007-green-nanotechnology-its-easier-than-you-think)でダウンロードできる。ENS(Environment News Service) World Newsは2007年5月4日に、IPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change)がタイのバンコックで開催された国連気候変動委員会で、過度の経済原価なしで悲劇的な地球温暖化を避けるために世界はすぐに行動し始めなければならないと訴え、「Climate Change 2007: Mitigation of Climate Change, Summary for Policymakers」を公開したと報告した。国際社会は、次の数10年間で費用対効果に優れた方針と、現在の技術を利用することによって、地球温暖化ガスのグローバルな放出を遅くして、さらに減少させることができると言った。IPCC作業部会の共同議長で、オランダのBert Metzと共にthe Netherlands Environmental Assessment Agencyのレポートを作成したSierra LeoneのOgunlade Davidsonは、「私たちが現在していることを継続するなら、大きな問題になる場所にいます。」「このレポートは気候変動の解決策に関するものです。」と言った。最新の放出モデル、経済学、方針、および技術で同輩によって見直された資料に基づいて、増加している収入と人口レベルに従って、政府、産業、および一般が一緒にできるレポートは世界経済のエネルギーと炭素強度を減少させる。世界気象機関と共にIPCCを設立したUN Environment ProgrammeのAchim Steinerは、「メインで、無活動のコストと比べると、明確に低いコストで放出の減少を達成できる。」「本当に、2020年までに放出を30%減少させるなど、実際にGDPで貢献できます。」「メカニズムと経済で財政的で技術的な市場の巧みさと創造性を解き放つ誘因を紹介することは、現在、社会的で環境の利得から政府次第です。」と言った。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/may2007/2007-05-04-01.asp)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2007年6月19日に、オランダのNetherlands Environmental Assessment Agencyがこれまで世界一であった米国を抜いて、二酸化炭素排出量でも中国が世界一になって、第2位に米国が後退したと報告した。中国は携帯電話ユーザーでも世界一になり、インターネット・ユーザーももうすぐ世界一になるが、最悪の二酸化炭素排出量でも世界一になってしまった。2005年には中国の二酸化炭素排出量は米国より2%低かったが、2006年には米国より8%も多かった!セメント硬質煉瓦生産は中国の二酸化炭素排出の主要な源で、この数字は、BP(British Petroleum)セメント生産データと同様に、BPからの最近発行されたエネルギーデータを使用することでNetherlands Environmental Assessment Agencyが算出した。グローバルなセメント生産シェアで中国は、2006年に44%に達した。全国的な中国の二酸化炭素排出セメント産業シェアは約9%で、CO2の合計は約6200メガtから550メガになる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jun2007/2007-06-19-04.asp)または、URL(http://www.mnp.nl/en/service/pressreleases/2007/20070619Chinanowno1inCO2emissionsUSAinsecondposition.html)または、URL(http://www.iea.org/w/bookshop/b.aspx?Subject=CO2%20Emissions)で知ることができる。
New Scientistは2008年5月1日に、多くの気候学者がIPCC(Intergovernmental Policy for Climate Change/気候変動に関する政府間パネル)が発表した気象変化を予測の既存気候モデル能力を疑い始めていると報告した。
来週、世界中からの気候モデル作成者は、気候がどう局所的に、そしてグローバルに影響を受けるかを予測することを許容する測定を含んで、予測能力を改良するために会議を開くと報告した。
ティム・パーマー(Tim Palmer)は、「政治家は、科学が完全な取引になっている。」「IPCCが極秘に誤魔化したとは思いませんが、特に地方の気候変動予測は、非常に不確実です。」と言っている。
ティム・パーマー(Tim Palmer)は、イギリスのthe European Centre for Medium-Range Weather Forecasts in Readingの主な気候モデル作成者で、彼は、IPCCが全地球的気候変化の問題で、世界に警告を喚起しながら良い仕事をしたことに疑問は持っていない。
しかし、彼と彼の仲間気象学者は、グローバルな変化がどう局地気候に影響するかに関するIPCCの予測が、ただの当て推量であることを鋭く意識している。
彼らはまた同時に、IPCCの予測が間違っていると判明した場合、信用における危機を引き起こし、全体の気候変動討論がひそかに害されること恐れていると報告している。詳細情報はURL(http://environment.newscientist.com/channel/earth/mg19826543.700?DCMP=NLC-nletter&nsref=mg19826543.700)で知ることができる。
科学的調査の問題点が、ここでも明らかになる可能性が高い。
つまり、まず目標があり、その目標に合わせるように科学的調査を実施した結果が公表されることが多くなっているが、そこで別の目標を設定した科学的調査と、多くの点で誤差が出てくる。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9609)で知ることができる。
IPCCについてはURL(http://www.ipcc.ch/)で知ることができる。
これまで企業中心に、気候変動を軽視してきた米国連邦政府のブッシュ政権であったが、米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2008年6月9日に、気候変動に対する経済学として専門家意見を紹介し、政策選択を提示したレポート「Climate Change: Expert Opinion on the Economics of Policy Options to Address Climate Change. GAO-08-605」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-605)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年8月21日版最新レポート紹介で、Hansa|GCRによる米国の環境意識レポート「Green TECHpulse '08」を紹介し、女性は環境面でより意識していた状態で、ビジネス技術購入者の2/3(64%)、裕福な消費者(64%)は、「Green」と知覚されるブランド・イメージが購入課程で意識され、環境整備が第一の関心であると報告している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/tech-purchasers-committed-to-green-women-more-environmentally-conscious-5686/)または、URL(http://http//www.gcrinsight.com/green_techpulse_08.asp)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10746)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年9月16日版最新レポート紹介で、GfK Roper Consultingによる「米国のビジネスと産業の環境保護意識レポート」を紹介し、およそ70%の米国人は、ビジネスと産業が環境を保護する責任を実現させていると考えていないと報告した。
さらに、69%の米国人は、ビジネスが、それらのイメージを促進する環境に優しい行動に従事すると考えないで、29%だけが、環境の利益のため、そのような行動に従事していると言ったと報告した。
インフレーションと高い価格は世界人口(41%)の中で関心のリストを上回り、環境汚染上の心配は世界中で上昇し、2007年の22%からの2008年に25%へと増えた。
日本は汚染がナンバーワンの関心で、気候変動がそれに続いた。
対照的に米国の関心のリストでは、汚染がNo.11で、気候変動がNo.15であった。
これは、まったく意識が違うと言うことで、このような国と友好関係が継続できるのか心配になる。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/asia-pacific/skeptical-americans-think-environmental-efforts-all-for-show-6019/)または、URL(http://www.gfkamerica.com/newsroom/press_releases/single_sites/003001/index.en.html)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11013)で知ることができる。
WWFは2008年10月29日に、「Living Planet Report(惑星の健康の主な評価)」の最新版を発行し、世界が地球が支えることができるように要求している。
世界のおよそ1/3の自然資本で生態の貸し渋りに向かっている。
レポートは、世界の人々の四分の三以上が現在、生態の債務者である国で生活していることを示した。そこでは、国家の消費が、彼らの国の生物学的容量を追い越したということである。
ただし、朗報はもし意志があるなら、私たちが私たちの幸福と生態系を保証している間、私たちの惑星の収入の中で暮らすことができるということを証明していることになる。詳細情報はURL(http://www.panda.org/news_facts/publications/living_planet_report/lpr_2008/index.cfm)また、レポート「Living Planet Report(惑星の健康の主な評価)」の最新版はURL(http://assets.panda.org/downloads/living_planet_report_2008.pdf)で知ることができる。

●NASA(National Aeronautics and Space Administration/米国航空宇宙局/ナサ)の地球大気変化の情報があるURL(http://www.giss.nasa.gov/research/intro/hansen.05/)
●NASAの地球大気汚染情報があるURL(http://earthobservatory.nasa.gov/Study/Pollution/)
●人文科学の分野から自然科学まで、科学者が答えるコーネル大学(Cornell University)のCenters for Materials Researchが1998年9月17日に構築を開始した「Ask a Scientist!」のURL(http://www.ccmr.cornell.edu/education/ask/)


世界と日本の年平均地上気温の変化(1880〜1998年)
1850年からの大気の変化
米国東海岸の公害状況
アジアのインターネット利用環境
アジアのインターネット・ジャンキー
2000年9月のアジアe-commerce環境
NetValueが2000年12月15日に発表したアジアのインターネット状況
WWFの地球環境地図Global 200 Ecoregions
GAOが2001年11月27日に公開したNASAのアーカイブ構築プラン
NASAが公開した2001年9月11日のフロリダ沖のトルネイド
世界銀行環境局が公開した気象変化調査レポート
気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する対話」について結果概要
カナダ人の環境汚染状況レポート「Toxic Nation: A Report on Pollution in Canadians」
「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」
レポート「children's health and environment indicators in North America」
CHEIndicators background
TS CHE brochure
The Changing Nature of the Catalog and its Integration with Other Discovery Tools
Paper Tigers and Killer Air
Smoke, Mirrors & Hot Air---How ExxonMobil Uses Big Tobacco's Tactics to Manufacture Uncertainty on Climate Science
Green Nanotechnology: It's Easier Than You Think
Climate Change 2007: Mitigation of Climate Change, Summary for Policymakers
オランダのNetherlands Environmental Assessment Agencyが公開した世界のCO2
オランダのNetherlands Environmental Assessment Agencyが公開した世界のガス
レポート「Climate Change: Expert Opinion on the Economics of Policy Options to Address Climate Change」
2008年度版レポート「Living Planet Report(惑星の健康の主な評価)」