地熱発電


地球内部の熱を発電に利用する方式ので、すでに発電に利用されている地下約2kmまでの深さに貯留する高温の蒸気または熱水を孔井を利用して蒸気を取り出し、タービンを回し、発電に利用する浅部地熱発電を指すことが一般的です。

>> さらに詳細な情報はこちら