中国の電信法

審査稿

現行の「電信条例」では基礎事業と付加価値サービス事業の2つにそれぞれライセンスを発行する方式で通信産業の管理が行なわれているが、通信産業における技術革新が早く、新事業が立て続けに生まれ、2つの事業の境界線があいまいになってきていることから改正され、2005年に施行される法案です。

>> さらに詳細な情報はこちら