超高速オプティカルNWソリューション


NTTPCコミュニケーションズ(NTT Com)が、WDM装置を核にした次世代キャリアネットワークとして提案している電気通信事業者向けソリューションの名称。米国のシエナ(Ciena)社の波長分割多重(WDM)技術を採用し、光ファイバー・ネットワークでの低コスト・大容量データ伝送が可能になる。NTTPCコミュニケーションズは、1999年12月8日から提供を開始した。NTTPCコミュニケーションズでは、今後WDM装置の他、米国のシスコ・システムズ(Cisco Systems)社の高速ルーターなども採用し、容量の増大が予想されているデータ通信サービスを既存の光ファイバー・ネットワーク上で展開するプラットホームを提供する計画も浮上している。詳細情報はURL(http://www.nttpc.co.jp/press/html1999/19991206.html)で知ることができる。Ciena社についてはURL(http://www.ciena.com/)で、Cisco Systems社についてはURL(http://www.cisco.com/)で知ることができる。