著作物の法的集中管理


音楽や脚本、小説などの文芸作品など著作物の利用については、著作権保護の立場から集中管理を定めた仲介業務法に基づき、国が許可した日本音楽著作権協会(JASRAC)など4団体が、ほぼ独占的に使用料の徴収などの業務を著作権者に替わり業務を担当していました。

>> さらに詳細な情報はこちら


コンテンツ・プロバイダ
著作権
著作隣接権
SoundJam
ナビプラス
美術品の物税納入
高度通信分野の規制緩和に関する報告書
セキュア・アーカイバ
パソコン関連の著作権事件年表
アンケートのパラドックス
情報操作
IBMご利用ガイド
データベース保護法案
辞書にこだわる
情報関連10事業の1000億円のプロジェクト公募
ネットワーク上音楽利用に関する著作物使用料
MP3
日本音楽著作権協会
カラオケ・オン・デマンド
CDメディア新著作権法施行令
ネットワーク音楽著作権連絡協議会
SDMI
富山県立近代美術館裁判
MP4
a2b Music
Liqud Audio
メディア・アーティスト協会
MagicGate
OpenMG
Super MagicGate
EMMS
MS Audio
DRM
CAFE(the Consortium for Audio Free Expression)
SolidAudio
ID付きスマートメディア
デジタルメディア協会
MP3関連のURL
有線送信化権
複製権
版面権
MVP
電子書籍コンソーシアム
DSS(Digital Speech Standard)
AAP
Supreme/D.R.I.V.E.
SDMI Open Public Challenge
インターネットはクラブではない
ラナム法
ネット文化
DSL(Design Science License)
Creative Commons
有料コンテンツ
2001年9月11日以降の世界のデータ規制
Peer-to-Peer Piracy Prevention Act
CTEA(Copyright Term Extension Act)
CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)
誤解を招く、単語の並べ方
自由利用マーク
EYEマーク
CATaC(Cultural Attitudes towards Technology and Communications)
潰れる雑誌、残る雑誌
Digital Cultural Institutions Project
INDICARE
SVP(Secure Video Processor)
フリー・ペーパー
Respect Our Musicモバイル