中華文明史インターネット版プロジェクト


古代から辛亥革命が起こった1911年までの歴史や遺跡、文字、文物資料などをインターネット上で集大成の俗称で、発起人の一人である中国文化研究会の魯軍会長は、「文字量は500億字程度となり、図表、画像、映像、音声などのデータは3500万点にのぼる」と紹介しています。

>> さらに詳細な情報はこちら