中国の携帯電話2008


cellular-newsは2008年1月9日に、the Mobile Worldが2007年9月に発表した情報として、中国は2007年第3四半期にの2,172万人の新規ユーザーを加え、初めて5億の壁を越え、5億566万になったと報告した。
そのうち、CDMAは4,046万人で、GSMは4億6520万人のユーザーを獲得し、シェアの大半を占めたと報告した。
GSMは、四半期ではじめて新規ユーザーが2,000万に以上増え、2066万の増加であった。
それに対して、CDMAは、106万の増加で、総ユーザー数の8.0%の増加で、2006年の第3四半期の8.4%増加から、増加率を下げ続けている。
比例ベースでは、第2四半期より第3四半期では4.5%の成長率で、年間総ユーザー数では18.8%の増加で、2006年第3四半期のた18.2%より増えたと報告している。
すべての数字が驚異的で、中国の2大携帯電話事業者China MobileとChina Unicomはばく進中で、彼らがすべてインターネットに接続した場合、火気ではない脅威の武器にもなる。
また、中国が動くと、どのような市場でも逆転する可能性含んでいて、完全に世界の携帯電話市場を実質的に動かしているとも言える。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/28508.php?source=newsletter)で知ることができる。
cellular-newsは2008年1月24日に、世界の携帯電話利用者数トップ20が公開され、これまでトップ10の常連であったイギリスは、パキスタンにに抜かれ、トップ10から陥落したと報告した。
もちろん普及率良いうことでは、イギリスの方が上位であるが、イギリスの6,930万を抜いて、パキスタンが7,000万人を記録した。
このランキングはアクティブで、イタリアも8位から9位に転落し、インドネシアがイギリスを2007年第1四半期に抜き、イタリアも抜き去った。
フランス、スペインに至っては、タイ、フィリピン、ウクライナに抜かれ、トップ20からも脱落する可能性が出てきている。
さらに韓国は、次回は確実にトップ20から陥落する。
なぜなら、南アフリカがすでに3ヶ月間大きく伸び、今回は残念ながらポーランドに追いついた時限で締め切られたが、次回は確実にトップ20に入ってくると報告している。
もうすぐ、インドが米国を抜くことも注目されているが、中国の5億600万人は、これまでの5億バリアをすんなり塗り替えた。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/28838.php?source=newsletter)で知ることができる。
ロイターは2008年2月6日に、UNCTAD(United Nations Conference on Trade and Development/国連貿易開発会議)が2008年2月6日水曜日に、携帯電話とインターネット使用が、より利用可能になり、豊かな国と貧しい国の間のデジタル格差は狭くなっているが、開発途上地域はまだ遅れていると書いていたレポート「Information Economy Report(情報経済報告) 2007-2008」を公開したと報告した。
携帯電話加入者はここ5年間で、発展途上国はほとんど3倍になって、世界中に携帯電話の契約者の約58%になっていると報告した。
レポートには携帯電話がコストを下げて、発展途上国における中小企業で取引の速度を上げ、主なコミュニケーション機器になっていると書かれている。
インターネット使用の浸透が、世界中で増加し続けているが、まだインターネット・ユーザーの大部分を先進国が占め、最高の浸透率である。
UNCTADは、より貧しい国が成長における機会を獲得するのを確実にするために、さらに開発途上地域に広まって、情報と通信技術における革命をしなければならないと言っている。
推薦の中で、国家はサイバー法の人的資本、インフラストラクチャ、および、より良い規則により多く投資するように述べている。
また、先進国の携帯電話普及率が2008年に1人1台を超えるとの予測した。
詳細情報はURL(http://uk.reuters.com/article/technologyNews/idUKL0669876920080206?sp=true)で知ることができる。「Information Economy Report(情報経済報告) 2007-2008」はURL(http://www.unctad.org/Templates/webflyer.asp?docid=9479&intItemID=2068&lang=1)でダウンロードできる。
Cellular newsは2008年3月11日に、Reportlinkerからの最新情報として、中国の携帯電話生産量は2007年に5億9440万ユニットに達したと報告した。
2007年の中国国内だけの携帯電話販売では1億8070万ユニットに達し、これは世界携帯電話市場の16%に達している。
世界の携帯電話生産量は11億4100万ユニットに達し、中国本土だけの携帯電話生産量で52%に達した。
これは初めて50%を超えたことになった。
ただし、公式の携帯電話制作会社からの合法的な製携帯電話生産は5億4800万ユニットで、4640万ユニットは不法な製品であったと報告した。
1割弱は、違法生産された携帯電話というのも凄い!
さすが中国!
どのような工場で作っているのか???
中国のPHS「小霊通」のときに、使えない電話機がもの凄く売られていたという、とんでもない情報も有ったが---
2007年の前半に、中国本土での携帯電話生産量が合計で2億6680万ユニットになり、1610億8000万元の総売上高で、29.6%の上昇であった。
総生産量におけるCDMAモードは3280万で、GSMモードは2億3400万であった。
国内販売は8300万ユニットに達し、輸出は1億8380万ユニットに達した。
2007年の後半に、携帯電話生産量は3億2760万ユニットに達し、国内販売は9740万ユニットに達し、輸出は2億3020万ユニットに達した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/29825.php?source=newsletter)または、URL(http://www.reportlinker.com/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9055)で知ることができる。
cellular-newsは2008年4月24日に、Mobile World Briefingの第99号が発表され、アジア太平洋携帯電話事業者トップ20でこれまで中国の携帯電話事業者の次として3位であったNTTドコモが、インドのGains Groundに追いつかれ、追い抜かれたと報告した。
cellular-newsは2007年9月に、世界の携帯電話事業者トップ20のうちトップ8社が3,000万人以上になったと報告していたが、その中で、1位、2位、8位、10位、12位、13位、20位がアジア市場にあり、さらに世界の携帯電話市場で、アジア太平洋地域は強く重みを増し続けていると報告している。
3ヶ月後には、世界の携帯電話事業者でトップ23が、3,000万人以上に携帯電話を提供しているが、そのうち9社がアジア太平洋地域にある。
アジア太平洋地域にある9社の中に、4社がインドにあると報告している。
現在、5000万人以上に携帯電話サービスを提供しているのは、アジア太平洋地域で中国の2強と、インドのGains Ground、NTTドコモの4社である。
アジア太平洋地域にある9社だけで、8億3100万人に携帯電話サービスを提供している。
これは世界市場の25%になる。
とくに注目されるのはインドで、インドのGains Groundは世界で6位であるが、ロシアのMTSに追いついて5位になるのも時間の問題と予測している。
cellular-newsは、NTTドコモが日本市場で、NTTドコモが低成長率を報告し続け、アジア太平洋地域で10位のKDDIと、18位のソフトバンクの追い上げで苦戦していることを報告している。
NTTドコモの4位は、安定していない。
インドネシアのTelkomselが2008年の終わりまでに追いつきそうであると報告している。
その次にはインドのReliance India、さらにVodafone India、さらにBSNL Indaia、パキスタンのPakistan Mobaileも猛追してきている。
日本のソフトバンクは18位にいるが、それは2007年第4四半期に新規顧客40万を獲得したことが影響していると報告している。
しかし、ソフトバンクが攻撃的でなくなると、19位のバングラディッシュのGrameen Bangladesh、パキスタンのPakistan Telecomに飲み込まれると言っている。
それは同時に、日本のソフトバンクがアジア太平洋地域トップ20からの陥落である。
恐ろしい!
まさに、アジアには今も生き続けるディノザウルスのような戦いが展開され、まるでモバイル恐竜時代の様相である。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/30761.php?source=newsletter)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9551)で知ることができる。
chinapressは北京市地下鉄運営会社が2008年4月29日に、7か月の施工期間を経て、北京五輪を控え、重要なプロジェクトのひとつ北京地下鉄1、2号線における民用通信設備システムの設置作業が完了し、6月に地下鉄1、2号線の携帯電波網構築の完成により、北京市の地下鉄8路線構内での携帯電話通話が可能になると発表したと報告した。詳細情報はURL(http://www.chinapress.jp/communication/10865/)で知ることができる。
2008年になって、中国では、手書き入力端末で入力するときの「ペン」として、中国大陸では手写筆(Shou Xie Bi)、台湾では触控筆(Chu Kong Bi)が、携帯電話で多く採用されている。
ただし、手書き入力機能を搭載した携帯電話は一般に高く、スマートフォン(中国語で智能手機)で多く採用されている。
日本のミヤビックス「ストラップスタイラス(JAN コード:4525443012589/商品型番:HATOSST)」は2007年9月に、「最美麗的触控筆! 鳩型触控筆問世(最もきれいな!鳩型ペンを世に問う)」と紹介された。詳細情報はURL(http://www.miyavix.co.jp/Product/miyavix/stylus_hato/)または、URL(http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/worldstrend/39940.html)で知ることができる。
cellular-newsは2008年7月7日に、香港(Hong Kong)と中国の深川(Shenzhen)の警察からの情報として、香港と四川の間ににある深川川(Shenzhen River)を横断する600mの地下トンネルを作って、中国本土に携帯電話を密輸していたと報告した。
警察は密輸団のボスを含め、12人を逮捕し、840万香港$の商品を押収した。
深川公安省の国境警備隊は2008年7月4日に、導管として疑わしい国境地帯を捜査していてこのトンネルを発見したと報告している。
最初に5人の男が逮捕され、約120万香港$の多量の携帯電話、携帯電話LCD表示、およびコンピュータRAMチップを押収した。
次に、関税検査官は、香港で仕切っていると考えられた新興地で国境近くにある蓮麻抗路(Lin Ma Hang Road, Ta Kwu Ling)にあったシンジケートの倉庫Ping CheとKwun Tongを捜査し、携帯電話と携帯電話のマザーボード、および液晶ディスプレー、コンピュータ・ハードディスクを含め、720万香港$の商品を差し押さえ、香港男性で香港と中国を自由に行き来できる両用許可証所有者2人と首謀者を含め、5人の男性と2人の女性を逮捕したと報告している。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/32229.php?source=newsletter)で知ることができる。
まだまだ、似た地下トンネル、鳩、自動車などあらゆる方法を使ったは携帯電話密輸団が居ることだろう。
アンロックiPhoneなどは、このような場所から中国に入った。
もちろん、密輸されるのは携帯電話だけではない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10308)で知ることができる。香港国境警備隊の携帯電話密輸情報はURL(http://www.customs.gov.hk/eng/new_release_20070912_mobile_phone_parts_e.html)にある。
cellular-newsは2008年7月21日に、中国のCCID Consultingからの情報として、中国の携帯電話は輸出と内需で2007年には25.4%の成長率で、5億5400万に達したと報告した。
輸出量は3億2200万セットで、国内では、58.2%を製造している。
現在、中国のグローバルな携帯電話製造基盤はかなり安定していると報告している。
ノキア(Nokia)社、モトローラ(Motorola)社、三星(Samsung)社、およびソニーエリクソン(Sony Ericsson)社は製造能力を中国に移した。
このために、中国の携帯電話の輸出量は26.2%増加した。
その間、中国の国内の携帯電話企業特にZTE社、Huawei社、K-Touch社の能力アップは、明白になってきている。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/32548.php?source=newsletter)または、URL(http://en.ccidconsulting.com/)で知ることができる。
携帯電話市場のアプリケーション構造に関しては、ベースバンド・プロセッサ・モジュールで、最も大きいシェアがあり、26.5%を占めている。
より洗練されるようになるマルチメディア機能を適用したマルチメディア・チップのシェアは21.6%を占めている。
ストレージ価格の低下とMCPアプリケーションの増加で影響を受けて、携帯電話のストレージは増加したが、ストレージのシェアは低下傾向を反映した。
それは、2006年の24.2%から2007年に19.4%まで減少した。
近年になって、シングルチップのアプリケーションは急速に成長した。
この影響を受けて、パワーマネージメント・チップとRFモジュールのシェアは減少した。
携帯電話のベースバンド・チップが、携帯電話のハードウェアのコアであるコンポーネントの統合により、直接携帯電話プラットホームの構造の変化に影響した。
DBB+ABBがより大きいシェアを獲得し、携帯電話のベースバンドチップ市場を主要なユーザーはQualcomm、NXP、Agere、Broadcom、Freescale、Infineon、およびMTKを入れた7つのタイプに分割した。
その次に、TIとSTによって採用されたDBB/ABB+PMであった。
低価格携帯電話の増加によると、ABB+ABB+RF+PMU市場は急速に発展し、市場で共有されるたのは、10.4%であった。
近年のベースバンド・チップ統合の市場開発に関して、シングル・チップ・ソリューションDBB+ABB+RF+PMUと統合アプリケーション・プロセッサDBB+APPのシェアは増加している。
また、高度自動機能電話を除いて、携帯電話のためにより洗練されたチップのために、より高い必要生産能力につながった。
この傾向に続くように、携帯電話チップには、2つの開発傾向がある。
携帯電話ベースバンド・チップは、数種類のコミュニケーション規格をサポートするだけではなく、マルチメディア機能を提供もするために統合を改良して、 MTKの6226ソリューションなどのように、マルチメディア・ディスプレイ、イメージセンサ、およびオーディオ・デバイスのインタフェースで適用された。
もう一方はコプロセッサの統合開発で、MP3とイメージ・プロセッシングで適用され、より多くのマルチメディア機能がを提供する。 その間、携帯電話の主文モジュールのシングルチップは発展を加速することになる。
ブランド構造に関しては、携帯電話プラットホームのチップメーカーには、TI、Qualcomm、Infineon、NXP、MTKなどが高い地位を確保している。
また、そのうえ、STやRFMDなどの豊富な製品ラインをもっているSamsung、Intel、Spansionなどのストレージ・メーカーは市場に重要な位置を確保している。
開発能力に関しては、3Gチップ・メーカーとアプリケーション・プロセッサ・メーカーに強い能力が求められている。
「中国の国内の携帯電話チップはエンタープライズ」シェアが低い。
中国の携帯電話チップ・デザインは遅く始めたことで、携帯電話マルチメディアの製品焦点はMP3デコーダ・チップ、画像処理プロセッサチップ、和音チップなどで欠け、国内の携帯電話生産企業では、ノキア社やモトローラ社などの国際携帯電話メーカーの供給方式を導入することが難しい。
しかし、国内携帯電話の生産増加、マルチメディア携帯電話、3Gビジネスの発展によって、国内の携帯電話チップ・メーカーには、この数年間にわたって素晴らしい潜在能力が生まれ始めている。
3G、マルチメディアの応用、および高度自動機能電話は、携帯電話チップ市場の起動力だけではなく、国内のチップメーカーの開発の機会でもある。
今後は、中国の携帯電話チップ市場は、中国の携帯電話生産に続いて起こって、安定成長に入ると予測している。
中国の携帯電話チップ市場は、2009年に1000億元を突破して、2012年に1461億3000万元に達すると予測されている。
2G/2.5G時代携帯電話は、大半が音声であるとみなされ、コアチップはベースバンドであった。
しかし、3G時代で、マルチメディアとビジネス・アプリケーションは、ますます適用されるようになる。
したがって、3Gの拡大に従って、携帯電話の生産能力、マルチメディア応用チップ、ストレージ、および無線接続チップ市場は急速に発展すると予測している。
ますます、携帯電話ばどの生産は中国に集中する。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10453)で知ることができる。
cellular-newsは2008年7月24日に、2008年6月末に中国の携帯電話契約者数が5億8,396万人になり、第3四半期の終わりまでに6億人を越えると予測した。
2008年6月だけで、864万人が新規登録した。
これは2008年に入って毎月800万人ずつ新規登録が行われたと報告している。
2008年の前半だけで5,352万人が新規登録し、それはフランスの総顧客数より多いことになった。
中国モバイルは、2008年6月の終わりに4億1,319万人の顧客で国内最大事業者で、シェア70.8%を確保している。
文句なしに、世界一である。
一方、中国ユニカムは1億7,077万人の顧客がいて、シェア29.2%で、シェアが衰退している。
1億7077万人の顧客がいても---?
中国モバイルはGSM技術だけで、ユニカムの顧客で4分の1以上がCDMAを使用している。
しかし、CDMAは25.3%まで下がった。
2008年6月の終わりに、合計で 5億4,079万人のGSMと比べて、4,317万人のCDMA顧客がいた。
中国全土では、昨年6月の8.2%から、7.4%まで落ちた。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/32638.php?source=newsletter)で知ることができる。
まさに、世界の携帯電話市場を動かすだけの力が中国にはあり、中国のこの結果が世界中の携帯電話市場に波及している。
中国市場が、世界でCDMAを殺そうとしている。
残るは、インドへの期待だけである。
もし、インドがCDMAを捨てたら、世界市場からCDMAが抹殺される。
CDMAは、米国で開発されたが、ここでは米国の権威が無視されている。
以前から言っているが、武器に頼る時代は終わった。
消費社会が、世界の経済を動かしている。
それは、WiMAX、LTEなどにも大きく影響することだろう。
米国の思惑通りに行くのか?
それとも----詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10472)で知ることができる。
cellular-newsは2008年11月27日に、the mobile Worldからの情報として歴上初めて、中国の携帯電話市場が顧客数で2008年10月に、減少したと報告した。
ただし、これはグローバルな経済崩壊の最新の兆候ではなく、むしろ中国ユニカムのCDMAネットワークに関する中国テレコムの獲得の結果であったと言っている。
獲得のポイントで中国テレコムは2,908万と報告したが、中国ユニカムはCDMA加入者を4,173万と報告した、この食い違いは数え方の方法論が異なるという現象の結果であり、中国テレコムは最新の料金を支払っていなかったか、また将来支払うと確信していなかった顧客を無視した。
2008年9月の終わりの総CDMA顧客ベース前払いの顧客は6.8%だけがであったので、かなり大多数の料金を支払っていなかった顧客が契約した。
中国テレコムは2008年10月末の合計で、2,840万の新規契約を獲得し、68万人のCDMA顧客逝去を報告した。
中国ユニカムによって2008年9月に報告された図と比べて、これは31.9%の衰退を表した。
世界中でCDMAが減少し、GSM規格に移行している。
CDMA系が米国で、GSM系がヨーロッパ系である。
日本で言えば、CDMA系がKDDIのauで、GSM系がソフトバンク・モバイルで、NTTドコモは独自系からGSM系にすり寄っている。
KDDIのauもGSM系への移行を開始しているが、次世代にはGSM系のUMA(Unlicensed Mobile Access)ではなく、CDMA系のWiMAXを進めている。
Googleなどは、WiMAXに期待しているが、WiMAXの限界説は根深い。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/34861.php?source=newsletter)で知ることができる。