通信・放送機構

Telecommunications Advancement Organization of Japan/TAO


情報通信分野の研究開発や通信・放送の高度化に関する事業支援などを業務とする郵政省(当時)の認可法人で、公募による研究開発の委託を1996年から開始し、通信・放送機構は1997年8月4日に、電子マネーの伝送技術、電子透かし技術、次世代放送方式技術、マルチメディア・バーチャル・ラボの構築技術の4つの研究開発テーマについて、公募による研究開発の委託先を決定したと発表しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


通信白書フォーキッズのページ
フランスの郵便料金の歴史
イギリスの郵便料金の歴史
米国の郵便料金の歴史
米国のCATVと携帯電話の伸び比較
1997年の世界の電話産業比較
米国の電報と電話の伸びの歴史
米国の電報の地域価格差の歴史
TeleGeography社の世界の情報通信マップ案内ページ
NASAが実施している火星と地球のTelecommunication
米国のGAOが2001年11月8日に公開したオリンピック計画
Better Coordination and Enhanced Accountability Needed to Improve Spectrum Management
総務省がとりまとめた電気通信サービスに関する苦情・相談等
通信利用状況(平成14年度)1 はじめに
通信利用状況(平成14年度)2 平成14年度のポイント
通信利用状況(平成14年度)3 契約数の推移
通信利用状況(平成14年度)4 国内通信の通信回数
通信利用状況(平成14年度)5 国内通信の通信時間
通信利用状況(平成14年度)6 主なインターネット接続サービスの利用状況
通信利用状況(平成14年度)7 国際通信のトラヒック
通信利用状況(平成14年度)8 事業者別のトラヒックシェア
Ofcomが2004年10月1日に公開したリリース
Ofcomが2004年10月1日に公開したレポート
総務省が2007年6月20日に公開した、「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会中間取りまとめ」報道資料
通信・放送の総合的な法体系に関する研究会 中間取りまとめ
通信・放送の総合的な法体系 中間取りまとめのポイント (報道資料の別紙1)