テクノ・アート

techno-art


技術(technique)と芸術(art)を合わせた造語で、技術もartと訳すことができることから、現代と言う時代に最もマッチしたartともいわれています。マルチメディア時代において最新技術を駆使し、芸術活動をする人を「テクノ・アーティスト(techno-artist)」といいます。

>> さらに詳細な情報はこちら


Ars Electronica
インターネット・アート
テルミン
ビデオ・アート
パフォーマンス
フルクサス
streaming video
Ars Electronica
Images du Futur
MuuMedia
machines d'architecture
フォトグラフィック・ビエンナーレ・ロッテルダム
IPC1996
連画
マルチメディア・アート・メッセ
ザ・キッチン
the Art Institute of Chicago
Low Res Film and Video Festival
VideoFest Berlin
le Deleuze
CHEZ MOI/CHEZ L'AUTRE
L'ARTE DELL'ASCOLTO
ウイグル
シテ・デ・ザール
Walker Art Center
ヨーロッパのマルチメディア・アートの歴史的背景-1
ヨーロッパのマルチメディア・アートの歴史的背景-2
Technorealism
Anatolia 2000 project
Leonardo/ISAST
ANAT
Arts Education Week in New York
NetRezonator
アート・オン・ザ・ネット
The12-hour ISBN JPEG Project
Crash Media
The Channel project
Splitski filmski festival
The World Print(Graphic Art) Festival
VITORIA-GASTEIZ VIDEO FESTIVAL
London Electronic Arts
Sensorium
the second
Nuzzle Afar
boop!
Cut'n'Mix
AiR
東京ビデオフェスティバル
この2000年で最も大事な発明はなにか?
ConceptLAB
EMAF
RGB Gallery
Metasystemik Ink
the Future of the Web
Digital Be-In
Visualmuzic.com
International Mobius Award
Da-Da-Net
A.T.E.プロジェクト
FCMM
onedotzero
ASCI(Art & Science Collaborations, Inc.)
the Boston Cyberarts Festival
X-99
Art Futura
アートポート99
CRAC
Stunned
artmargins
United Art Space
Cartier fundation for contemporary art
メディエーター
RESFEST
EUROGRAPHICS 2000
EGUK
WSCG
VRST
MEDI@TERRA
パーミッション・マーケティング
米国映画芸術科学アカデミーの新規約
QuickTime TV
Machinima
No/e.html
ネット・アートのゴールドラッシュ
JPEG-2000
WWVF(World Wide Video Festival)
ユーロ表記文字のどたばた劇
ネット・アート作品と関連展示会のURL
YUV
Photosynth