データベース保護法案

databese bill


別々の情報を、ユーザーが利用しやすいように1か所にまとめたり、1つの情報源を通じて利用できるようにする目的で収集され、組織化されたデータベースの情報に対し、データベースから情報を引き出し、それ以外の場所で利用できるようにするという行為は、データベース会社の現在または未来の事業に害を与えた場合に違法とされる法案の俗称で、ノース・カロライナ選出のハワード・コーブル(Haward Coble)共和党(Republican Party)議員がCollections of Information Antipiracy Act(情報収集侵害行為取り締まり法案)として提案した。この法案は修正条項で、教育および学問的な調査、ニュース収集などは適用されないことになっている。また、インターネット・アドレシング・システムや電話 (telecommunications)システムの背後にあるデータベースにも適用されないことになっている。この法案は1998年5月19日に米国の下院で可決された。しかし、このような法案が成立すれば、これまでのデータベース会社のデータが急騰し、膨大な利益を得ることになり、長期に渡って市場を独占する可能性があることから反対する意見も出ている。すでに、議会は、デジタル内容を保護するという新しい条項を含むように知的財産法の改訂が動いていることから、上院でも可決される可能性は高い。すでに1998年5月15日には、上院が全会一致でオンライン音楽、映画、文学、ソフトウェアの著作権保護を拡大する法案(approved legislation to expand copyright protections for online music, film, literature, and software)を承認している。この結果、著作権保護のための装置を破壊できる技術は違法となっている。 また、データベースが最も危険なものとする敵はデータ破壊であり、データベース保護法案が可決することによって、AntiVirusウイルス市場はさらに巨大化し、絶対的な市場を確保することになる。米国のペンシルベニア州立大学(Pennsylvania State University) Cyber Security Groupは2002年10月28日に、データベースの管理プログラムに向けて送られた悪意のあるコマンドを隔離し、同時にシステムが受けたあらゆる損傷を修復し、この間もデータベースはトランザクション処理を続行できるソフトを開発したと発表した。詳細情報はURL(http://ist.psu.edu/news/CurrentNewsDisplay.cfm?HeadlineID=712)または、URL(http://ist.psu.edu/s2/home.html)または、URL(http://news.com.com/2100-1001-964109.html)で知ることができる。EUは2004年12月7日に、データを保護、スパムおよびクッキーに関するレポートを公開し、25加盟国のうちの20カ国の委員会が、その内容を報告し、ベルギー、チェコ共和国、エストニア、ギリシアとルクセンブルクはまだ報告が来ていないと不満を述べ、EU加盟国全体がデータ保護に関して怠惰であったと報告した。詳細情報はURL(http://europa.eu.int/information_society/topics/ecomm/doc/all_about/implementation_enforcement/annualreports/10threport/com20040759en.pdf)または、URL(http://europa.eu.int/information_society/topics/ecomm/doc/all_about/implementation_enforcement/annualreports/10threport/sec20041535VOL1en.pdf)または、URL(http://europa.eu.int/information_society/topics/ecomm/doc/all_about/implementation_enforcement/annualreports/10threport/sec20041535VOL2en.pdf)で知ることができる。EUのデータ保護に関する29特別調査委員会(Article 29 Working Party)は2004年11月25日に、プライバシー報告のための適切な標準EUモデルを公開した。詳細情報はURL(http://europa.eu.int/comm/internal_market/privacy/docs/wpdocs/2004/wp100_en.pdf)で知ることができる。Statewatchは2005年9月15日に、TEUのTitle VIによって備えられた刑事問題への警察と司法協力のデータ保護活動に関する提案書「EU: Data protection and data retention proposals」の全文を公開した。詳細情報はURL(http://www.statewatch.org/news/2005/sep/com-data-protection-prop.pdf)で知ることができる。


データベース複製防止法案
リレーショナル・データベース
データベース白書
SQL
Archie
WAIS
Gopher
Mosaic
情報検索
ZOLAR
カード型データベース
分散型データベース
OODB
デファクト・スタンダード
OLAP
Novera EPIC
Visual JavaScript
クロスウェア
日本語Java
Oracle8
タンゴ
スキーマ
XML
リポジトリ
一太郎オフィス8
M language
DSM
データベース・パブリッシング
HDC
EXCALIBUR
全文検索ソフトウェアシステム
どっちがいいカンジ
JETDB_Access-1
The 100% Pure Java Program
モバイル・データベース
データ・マイニング
ビジネス・インテリジェンス
Lycos Site Spider
Spider
ebase
マルチメディア・データベース
An Intaractive Databese for Nonprofit Organizations
バーチャル書店
データウェアハウス
有料商用データベース・サービス
Norton AntiVirus
IDEF1X
VML
MetaDoor
ダイアプリズム
DBSENA
極大単語索引方式
AltaVista Discovery
Java Blend
CSV形式
MDB形式
データベース・マーケティング
PostgreSQL
VoxML
多次元明細データベースシステム
Oracle8i
PowerPointウイルス
Officeアプリケーション感染型ウイルス
トッパン地図データベース
the Future of the Web
メディア・アーティスト協会
手話データベース
シェアドナッシング
日本データベース協会
シノニム
Webインフラ・プロバイダ
ODS(Operating Dat Store)
P/PP(pay per print publishing)
E-keep
データベース連動型メール配信システム
DSL(Design Science License)
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
namazu project
GETA(Generic Engine for Transposable Association)
CTEA(Copyright Term Extension Act)
CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)
JOLAP
インデクシング
ビジュアル検索エンジン
Visual Net
XML
Hyperbolicブラウザ
知識鉱脈
エントロピー
情報エントロピー
ウイルス作成罪
インターネット隔離