テレターミナル

teleterminal


日本シティメディアが、1987年に無線端末を使って実用化した双方向の携帯型デジタル通信システムで、電波は800MHz帯を使用し、出力は基地局が20W、端末が5W、データ通信には首都圏の国道16号線内に基地局を配備し、パケット交換方式で毎秒9.6Kビットの伝送速度を実現していました。

>> さらに詳細な情報はこちら