テレビゲーム誘発発作


テレビゲームやアニメ番組の点滅する光や激しく動く幾何学模様、特定の図形パターンからくる光の刺激を受けて起こす発作のことで、1991年に米国のミシガン州で親子がテレビゲームに集中していて誘発発作を起こし、イギリスでも14歳の少年がテレビゲーム中に発作を起こすなどの報告があり、1993年にイギリス貿易産業省が調査に乗り出しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


AT&Tがテレビを開発した報道がある1927年4月7日のNew York Times
1927年4月7日のAT&Tによるテレビのデモ風景
Dr. Herbert Ivesによるテレビに対するリサーチ報告風景
テレビのデモに参加したWashingtonのHerbert Hoover
Herbert Hooverと話すNew YorkのAT&T President Walter Gifford
デモのスイッチングを担当するEdna Horner
New York Timesのテレビに関する記事の内容-1
New York Timesのテレビに関する記事の内容-2
New York Timesのテレビに関する記事の内容-3
テレビ東京で放映された「ポケモン」の画面
写真入りで公開された共同通信のホームページ
日刊スポーツ1997年12月18日に掲載されたテレビ東京で放映された「ポケモン」の画面
米国のインターネットを使う子供と、使わない子供の比較
子供達がよく使うソフト
米国における8〜12歳の子供とインターネット
米国のテレビ視聴とインターネット利用の関係
米国の市民が選択するテレビとパソコンのe-commerce比較
米国の1999年と2000年のテレビ・ゲームとインタラクティブ・メディア
Harris Interectiveのインターネットと心理学調査
MSNBCが2001年6月に調査したオンライン上で有害といわれるサイトへの反応
CAIDのインターネットマップCAIDA Skitterのサイト
CAIDのインターネットマップ・ポスター
CyberAtlasが提供している世界の人口と電子マーケット情報
経済産業省が公開した「アニメーション製作に関する標準契約書案の考え方(案)」
経済産業省が公開した「テレビ放送番組の製作及び放送に関する契約書(案)」
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1997
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1998
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2001
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2002
ITUのStrategic Plan for the Union 1995〜1999
ITUのStrategic Plan for the Union 1999〜2003
ネット・ジャンキーとそうでない人の情報入手に関するレポート
米国警察による1992-2000の犯罪報告
APAが2004年2月23日に公開した子供とテレビ・コマーシャルの調査報告書
子供とテレビ・コマーシャルの密接な関係(implications)
子供とテレビ・コマーシャルへの忠告(recommendations)
子供とテレビ・コマーシャルに関するsummary
サブリミナル的表現手法及び光感受性に関する映像手法の問題への対応
資料(参考1)光感受性に関する映像手法について
資料(参考2)サブリミナル的表現手法について
オンラインゲームに於ける「健康ガイドライン」
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載された卓上ボーリング.ゲーム器
Illustrirte Zeitung1852年11月13日に掲載された当時のエンターテイメント
Illustrirte Zeitung1854年4月29日に掲載された中国人の短剣投げ
Illustrirte Zeitung1855年5月12日に掲載されたCharlesとキング・タイガー
ISO映像の生体安全性国際ワークショップの日本開催