電気通信サービスにおける情報流通ルールに関する研究会

ネットルール研究会

郵政省(当時)がインターネットやパソコン通信上でワイセツ情報や他人を中傷する情報が流されていることに対応するために、外国での情報流通ルールと動向の調査分析や日本のプロバイダの責任のあり方、その他の情報流通ルールのあり方など、責任や法的規制の可能性などを検討するために1997年10月2日に設立した研究会です。

>> さらに詳細な情報はこちら


ニフティサーブ
情報通信サミット
マーストリヒト条約
コンサート
Global One
ワールド・パートナーズ
アトラス
情報インフラ
企業向け国際電話
電子サミット
GROUP OF SEVEN STATEMENT ON ECONOMIC
デンヴァー・サミット7ヵ国声明
Global Information Network Minister Conference Bonn
「ボン宣言」の概要の日本語訳
インターネット国際電話
「ボン宣言」の目次
リンク 猥褻物陳列罪 プロバイダの責任
インターネット上の情報流通ルール
情報流通ルール-1/はじめに
情報流通ルール-2/必要性
情報流通ルール-3/議論の状況
情報流通ルール-4/イギリス
情報流通ルール-5/ドイツ
情報流通ルール-6/フランス
情報流通ルール-7/オーストラリア
情報流通ルール-8/シンガポール
情報流通ルール-9/EU
情報流通ルール-10/OECD
情報流通ルール-11/APEC
情報流通ルール-12/自己責任の原則
情報流通ルール-13/情報発信への対応
情報流通ルール-14/プロバイダーの責任
情報流通ルール-15/発信者情報の開示
情報流通ルール-16/受信者の選択を可能とする技術的手段
情報流通ルール-17/事後的措置
情報流通ルール-18/脚注1〜25
情報流通ルール-19/まとめ
情報流通ルールに関する意見募集(終了)
インターネットに関する研究会
ニフティサーブのドメイン名の変更
弁護士広告規定
IBMご利用ガイド
プライバシー保護研究会
電気通信技術審議会
郵政省の電気通信サービスのご案内
電気通信利用環境整備室
電気通信フロンティア
電気通信フロンティア研究国際フォーラム
電気通信における利用環境整備に関する研究会
電気通信審議会
プライバシー保護研究会
Online Privacy Alliance
TalkWay
電気系6学会の情報化社会の発展に向けた提言
米国の法律関連のURL
オーストラリア1999年放送サービス修正法案
NAAL 2002
Norton Internet Security 2000
偽銀行サイト警報
民主党の有害情報から子どもを守るプロジェクト
音声ドメイン
プロバイダ責任法
電子の舌
ISMS(Information Security Management System)
BCP(Business Continuity Plan)
CTEA(Copyright Term Extension Act)
CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)
アカウンタビリティ
電気通信消費者相談センター
FOIA
フレーマー
Pharming