電子投票システム

Electronic Voting Systems


パソコンなどの画面を指示に従って押すだけで投票できるシステムで、集計も瞬時にできることから世界で導入が進んでいます。ただし、パソコンなどに弱い老人や体が不自由な人も利用できる「電子投票システム」の開発が優先されないと民主主義が崩壊する危険性もあります。

>> さらに詳細な情報はこちら


GeorgeWBush.com
GeorgeWBush.comのパロディGWBush.com
世界初の米国大統領選オンライン討論会のサイト
米国サイトで海外から購入する国々の比率
votepact.comのページ
米国大統領選に登場したAl Goa Unofficialサイト
2000年3月から11月までの米国大統領選キャンペーンのパーセント
1996年と2000年の米国大統領選キャンペーンとメデイアの比較
GAOが2001年10月15日に公表した、新しい選挙方式導入資料
GAOが2001年10月15日に公表した、選挙方式と個人
GAOが2001年10月15日に公表した、選挙の標準化
GAOが2001年10月15日に公表した、2000年大統領選で数えられなかった票
電子投票普及協業組合の電子投票システム
市川市長選での電子投票システムのデモンストレーション風景-1
市川市長選での電子投票システムのデモンストレーション風景-1
幕末市長選の投票結果
幕末市長選の得票グラフ
Vandoeuvre les Nancyの大統領選結果
Vandoeuvre les Nancyの電子投票e-vote解説
フランス第1回電子投票のマーク
フランス第1回電子投票の告知ポスター
フランスのVivendi Universal社が採用した電子投票システムにクラッカー侵入
日本政府が制定した新しい情報流通ルールと米国のFOIAの比較
NSTC/NSET/NSF/DOCが公開したレポート「人間の能力を成長させるための技術」
イギリスCESGのe-Voting Security Study
MITによる米国の選挙システム・レポート「Caltech Voting Technology Project」
New York Timesが報道した2002年11月の投票システム
Success and Survival in Silicon Valley
古物営業法施行規則の一部改正試案
インターネット・オークションにおける盗品等の処分状況
米国のGAOが2003年6月27日に公開したビジネス管理システムとリスクに関する報告書
米国国防総省のIT技術の導入予算に関する報告書
「Analysis of an Electronic Voting System」
GAOが2003年11月17日に公開した「大学の実態調査報告」
Illustrirte Zeitung1845年1月4日号に掲載された有機化学を体系化したJustus Liebig
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の外観
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の研究室
Media Channelのニュース番組と、米国の民主党大統領候補選挙報道分析
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたDubois Reymond物理実験
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたウサギの電気実験
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載された物理学者Christian Friedrich
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
Interim report of the Commission on Electronic Voting
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたLouis Lacombe
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたBreslau王立化学研究所
New Scientistが2004年10月13日に公開した、州によっ て違う投票技術とトラブル
GAOが2004年10月15日に公開した、過去の選挙に関連する投票の不規則を調査した米国司法省のレポート
総務省が2005年5月27日に公表した、「電子投票の手引き」